SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

中国EV市場2022

〜急拡大する市場はカーボンニュートラルという「新たな文脈」に乗る〜

No.
S21507
会 場
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2
ザイマックス西新橋ビル4F
開催日
2021年12月14日(火) 14:00~16:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,700円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加下さい。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

※会場又はライブ配信受講者様は、追加料金11,000円(税込)で
 アーカイブ配信を承ります。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

12月14日(火)

中国EV市場2022

株式会社日本総合研究所 創発戦略センター
シニアマネジャー
程塚 正史(ほどつか まさし) 氏

14:00~16:00

中国のEV市場は、同国での産業振興政策のもと2010年代に急速に拡大した。近年では一部の中国製車両が日米欧のプレミアムブランドを上回る価格で販売されていたり、東南アジアをはじめ海外への輸出が始まっていたりする。2021年の中国EV市場は、前年比倍増する見込みだ。この背景には、2020年代に始まる新たな動き、カーボンニュートラルがある。産業振興で始まったEV市場拡大が、環境対策など「新たな文脈」に乗る兆しについて考えたい。

1.まだまだ拡大する中国のEV市場
2.中国でのCASEの状況
3.脱炭素政策への「文脈転換」
4.車載電池に関する動向
5.スマートシティとの協調
6.IT企業と自動車産業の連携
7.2020年代の潮流
8.質疑応答/名刺交換

程塚 正史(ほどつか まさし) 氏
2005年、東京大学法学部卒業。同年、中国・上海にて流通事業ベンチャー設立・運営。
2008年、東京大学新領域創成科学研究科修士課程(国際関係論)修了。
衆議院議員事務所、経営コンサルティング会社を経て、2014年、日本総合研究所入社。自動車・モビリティ、エネルギー領域にて新規事業の立上げやコンソーシアム活動を推進。
現在、創発戦略センター所属。
申込フォーム