SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 
東京電力エナジーパートナー/電力中央研究所

VPPを事業化するには

No.
S21295
会 場
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2
ザイマックス西新橋ビル4F
開催日
2021年 8月23日(月) 14:00~17:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,440円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致しますので、
   開催日時にZoomにご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5日以降に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

8月23日(月)

Ⅰ.東京電力エナジーパートナーのVPP展開

東京電力エナジーパートナー株式会社 販売本部 副部長
佐々木 正信(ささき まさのぶ) 氏

14:00~15:25

電力事業の大きな環境変化および制度変化により、バーチャルパワープラント(VPP)への期待が高まっている。本講演では、それらについて解説し、東京電力エナジーパートナーによるデマンドリスポンス・VPP等への取り組みを紹介する。

1.電力事業の環境変化
2.VPP
3.東京電力エナジーパートナーの取り組み
4.質疑応答/名刺交換

Ⅱ.VPPを取り巻く制度概要と課題

一般財団法人電力中央研究所 エネルギーイノベーション創発センター 主任研究員
山田 智之(やまだ ともゆき) 氏

15:35~17:00

バーチャルパワープラント(VPP)には大きな期待が寄せられる一方で、課題も顕在化しつつある。VPPは、需要家側エネルギーリソースや発電設備を、保有者もしくは第三者が統合的に制御するため、従来の電力事業とは異なる枠組みが求められる。本講演では、VPPを取り巻く制度の概要と、近年浮かび上がってきた計量等の課題およびその解決策について紹介する。

1.VPPを取り巻く制度概要
2.VPPを運用するための技術的プロセス
3.VPPの計量にまつわる制度的な課題と解決策
4.質疑応答/名刺交換

佐々木 正信(ささき まさのぶ) 氏
1996.3  東京都立大学大学院機械工学専攻修士課程修了
1996.4  東京電力株式会社入社、法人顧客の省エネルギー診断、ソリューション提案、
         省エネ機器関連の研究開発などを担当
2009.7  一般財団法人 ヒートポンプ・蓄熱センター派遣
2013.7  東京電力株式会社 沼津支店 営業部 法人第二営業GM
2014.7  同 カスタマーサービス・カンパニー 事業戦略室 副部長
2015.7  同 カスタマーサービス・カンパニー 経営企画室 経営調査GM
2016.4  東京電力エナジーパートナー株式会社 経営企画室 経営調査GM
2017.7  同 経営企画室 部長/2019.4  同 経営戦略本部 経営企画室 部長
2019.7  同 販売本部 法人営業部 副部長
2020.10 同 販売本部 副部長
工学博士、エネルギー管理士、早稲田大学理工学術院 非常勤講師、慶應義塾大学理工学部 非常勤講師、
経産省エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネス検討会委員(第1回〜第9回)
日本機械学会 フェロー、環境工学部門 部門長、日本冷凍空調学会 理事、温暖化問題等対策検討委員会、
日本建築学会 省エネルギー計画評価ツール開発小委員会、
空気調和・衛生工学会 ZEB価値評価手法検討小委員会、建物の管理・運用におけるAI活用小委員会、
International Institute of Refrigeration(国際冷凍協会)委員
山田 智之(やまだ ともゆき) 氏
2012.3 東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻修士課程修了
2012.4 株式会社三菱総合研究所 入社
2015.9 マッキンゼー・アンド・カンパニー 入社
2018.7 一般財団法人電力中央研究所 入所
申込フォーム