SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2〜5日以降)

医療・ヘルスケア産業への規制改革の影響とその先の未来

No.
S21064
会 場
紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート1F
開催日
2021年 2月18日(木) 13:00~15:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,330円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLを
   お送り致しますので、開催日時にZoomにご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より2〜5日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
よくあるご質問

2月18日(木)

医療・ヘルスケア産業への規制改革の影響

早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)客員教授
鶴谷 武親(つるたに たけちか) 氏

13:00~15:00

コロナ禍の中、新政権が発足し、社会保障については「自助・共助・公助」に基づく全世代型社会保障を目指し、デジタル化の推進、温室効果ガス実質ゼロなどを掲げています。規制改革についても省庁の縦割りを超えることをテーマに、一層本格化する可能性を見せています。政府や企業のDXが遅々として進まないと言われていた中、それを強力に推し進めたのは皮肉なことに新型コロナウイルス感染症でした。リモート勤務を導入・実施する企業が大幅に増え、業務プロセスの多くがオンライン化され、社会における様々なユーザー体験が変わってきています。この先にあるさらなる変化とその影響について、医療・ヘルスケア産業を中心に考えていきます。

1.想定される規制改革の概要
  -背景と主要テーマとは
2.技術が変える生活者の意識と行動
  -なぜ変わるのか、どう変わるのか
3.他国のケース
4.他業界のケース
5.医療・ヘルスケア関連の規制改革
  -医療の現場・広義のヘルスケア業界で変わることは何か
6.医療・ヘルスケア産業への影響
  -どんな機会とリスクがあるのか
7.質疑応答/名刺交換

鶴谷 武親(つるたに たけちか) 氏
多摩美術大学講師を経て、2005年より早稲田大学大学院で教鞭をとる。セコムにてグループ事業戦略などを担当後、デジタルハリウッド、アイ・エム・ジェイ、デジタルスケープをはじめ、数多くのスタートアップの創業に携わる。また、総合電機メーカー、総合商社、通信キャリアなど、企業の事業アドバイザー・社外取締役を務めるほか、医療法人社団理事、政府委員会委員、非営利団体理事などを歴任。
早稲田大学では社会人教育をはじめ、博士人材の育成、起業家育成等を担当。早稲田大学EDGEプログラムアドバイザーを務め、大学発ベンチャーの育成にも力を入れる。
医療制度に関する著書に『医療・健康ビジネスの未来2019-2028』『グローバル・メガトレンド 医療・健康の未来』『テクノロジー・ロードマップ2019-2028医療・健康・食農編』など。
申込フォーム