SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

会場受講/ライブ配信/アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

令和6年度 消防防災関連の重点施策

No.
S24146
会 場
紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート1F
開催日
2024年 3月15日(金) 13:00~16:50
詳しく見る
受講料
1名につき 27,500円(税込)
地方公共団体ご所属の方は、1名につき5,500円(税込)
備 考
※地方公共団体ご所属の方はお申し込みの際、
 備考欄に「地方公共団体ご所属」の旨をご記載ください。

事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますので
お申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。


■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は配信日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※会場又はライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「
アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。
主 催
公益財団法人 原総合知的通信システム基金

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

3月15日(金)

Ⅰ.令和6年度消防庁予算案等について

総務省 消防庁 総務課 理事官
小林 亮介(こばやし りょうすけ) 氏

13:00~13:30

近年激甚化・頻発化する大規模自然災害等への対応や、消防防災分野のDXの推進など、消防防災体制の充実強化に取り組むための令和5年度補正予算及び消防庁令和6年度予算案に計上した主要事業について説明する。

1.令和6年度消防庁予算案等
2.質疑応答/名刺交換

Ⅱ.消防防災分野における研究開発の推進について

総務省 消防庁 予防課 消防技術専門官
千葉 周平(ちば しゅうへい) 氏

13:40~14:10

消防庁では、消防防災分野における課題解決や重要施策推進に資するため消防防災科学技術研究推進制度により研究開発を推進している。本講演では、消防防災分野の研究開発施策等について説明する。

1.消防防災分野の研究開発施策
2.革新的技術に係る消防防災分野のニーズ
3.採択課題の紹介
4.質疑応答/名刺交換

Ⅲ.救急業務関係におけるICT化の取組について

総務省 消防庁 救急企画室 課長補佐
安藤 陽(あんどう よう) 氏

14:20~14:50

救急業務におけるICT化の取組として、傷病者のマイナンバーカードを活用し、薬剤情報や診療情報を確認することが、搬送先医療機関の選定にどのように役立つか、消防本部の協力のもとで実施した実証実験の効果や課題を紹介する。

1.マイナンバーカードを活用した救急業務の円滑化に向けた取組
2.質疑応答/名刺交換

Ⅳ.防災情報通信施策の現状や今後の展望について

総務省 消防庁 防災情報室 課長補佐
金子 洋(かねこ ひろし) 氏

15:00~15:30

昨今のICTの進展や近年の大規模災害を踏まえ、防災機関においては、高度で強靱な情報通信体制の構築や災害時の確実かつ迅速な住民への情報伝達がより一層求められているところである。本講演では、防災情報通信施策の現状や今後の展望について説明する。

1.消防防災通信ネットワークの現状と課題について
2.災害時の住民への情報伝達について
3.質疑応答/名刺交換

Ⅴ.総務省消防庁における防災行政の動向について

総務省 消防庁 防災課 災害対策官
太田 雅人(おおた まさと) 氏

15:40~16:10

近年、風水害をはじめとした災害が頻発化・激甚化する中にあって、国民の生命と財産を守る防災行政もこれまでの対応や課題を糧としてアップデートを図っていく必要がある。防災行政に係る知見を一層深めていただくため、近年の災害を踏まえた防災関係法制度の体系とともに、それらを踏まえた防災関係施策の状況を説明する。

1.災害対策関係法制について
2.防災関係施策の動向について
3.質疑応答/名刺交換

Ⅵ.消防団を中核とした地域防災力の充実強化について

総務省 消防庁 地域防災室 課長補佐
塗師木 太一(ぬしき たいち) 氏

16:20~16:50

消防団は地域防災力の中核としての重要な役割を担っている。平成25年に制定された「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」を踏まえ、消防団への入団促進や装備の充実等を進め、地域防災力の充実強化を図っているものの、消防団員数は2年連続で前年度比2万人以上減少し、危機的な状況となっている。こうした消防団の現状・課題や、女性や若者をはじめとする幅広い住民の入団促進策などの消防庁の取組について説明する。

1.消防団の現状・課題
2.消防団の充実強化に係る消防庁の取組
3.質疑応答/名刺交換

小林 亮介(こばやし りょうすけ) 氏
2007年 総務省入省。和歌山市財政局長、内閣官房行政改革推進本部事務局参事官補佐、消防庁総務課課長補佐などを経て、2022年より現職。
千葉 周平(ちば しゅうへい) 氏
2004年 総務省消防庁入庁。総務省消防庁国民保護運用・テロ対策係長、同総務課技術政策室課長補佐、同予防課設備専門官などを経て、2023年より現職。
安藤 陽(あんどう よう) 氏
2003年 総務省入省。兵庫県、総務省公務員部公務員第一係長、宜野湾市企画部長などを経て、2023年より現職。
金子 洋(かねこ ひろし) 氏
2009年 総務省消防庁入庁。総務省消防庁予防課、危険物保安室、千葉市消防局指導課長、国土交通省住宅局建築指導課課長補佐を経て、2022年より現職。
太田 雅人(おおた まさと) 氏
2015年 総務省入省。総務省総合通信基盤局電波部環境課監視管理室監視係長、国際戦略局宇宙通信政策課課長補佐などを経て、2023年より現職。
塗師木 太一(ぬしき たいち) 氏
2010年 総務省入省。総務省地域政策課地域の元気創造推進係長、鳥取県食のみやこ推進課長、同財政課長、内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局参事官補佐などを経て、2023年より現職。
申込フォーム