SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
【困難を極めるデータ活用の新しいあり方】

パーソナルデータ活用のパラダイムシフト

〜規制強化・情報銀行・Web3・Trusted Web〜

No.
S22411
会 場
会場受講はございません

開催日
2022年 7月27日(水) 13:00~15:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,100円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますので
お申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。


■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※ライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「
アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

7月27日(水)

パーソナルデータ活用のパラダイムシフト

株式会社DataSign 代表取締役社長
太田 祐一(おおた ゆういち) 氏

13:00~15:00

パーソナルデータを活用することで、個人の生活が便利になり、企業の利益の源泉として今後ますますその重要性が増していくということはいうまでもありません。しかし、個人の生活を豊かにするために使われるはずのパーソナルデータが、企業の利益だけを追及したり、個人の意図しないデータの収集や利用のされ方をするといった事案が近年多発しています。そのため、個人の権利を強化するために世界各国で法律が改正され、いままでのような企業が中心となるデータ活用は困難になってきています。
本講義では個人を中心とした新たなデータ活用の考え方に対し、どのような仕組みが構築されようとしているのか、解説します。

1.なぜパラダイムシフトが起ころうとしているのか
2.日本・アメリカの法改正概要
3.情報銀行はどうなったのか
4.Web3は課題を解決できるのか
5.Trusted Webとは何か
6.質疑応答

太田 祐一(おおた ゆういち) 氏
DMPやMAツールなど企業主体でパーソナルデータを活用するシステムを開発してきたが、個人がコントロールできない不透明な状態でのデータ収集・活用に限界を感じ、データ活用の透明性確保と個人を中心とした公正なデータ流通を実現するため、DataSignを設立。
・一般社団法人MyDataJapan常務理事
・内閣官房 デジタル市場競争本部 Trusted Web推進協議会 委員
・総務省・経産省 情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会 委員
・総務省 プラットフォームサービスに係る利用者情報の取扱いに関するワーキンググループ 構成員
・デジタル庁 プラットフォームにおけるデータ取扱いルールの実装に関するサブワーキンググループ構成員
申込フォーム