SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

無線ボディエリアネットワークの最新動向

〜医療・ヘルスケアへの活用とウェアラブルデバイスを活用した新たな分野への展開〜

No.
S22091
会 場
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2
ザイマックス西新橋ビル4F
開催日
2022年 3月11日(金) 15:00~17:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,100円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※会場又はライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「
アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

3月11日(金)

無線ボディエリアネットワークの最新動向

国立研究開発法人 情報通信研究機構ネットワーク研究所 
レジリエントICT研究センター サステナブルICTシステム
研究室 室長
滝沢 賢一(たきざわ けんいち) 氏

15:00~17:00

無線ボディエリアネットワークは、人体内を含む人体周辺で利用可能な無線通信技術である。医療・ヘルスケアの分野を対象とした研究開発・標準化がこれまで進められてきたが、xRのように新たなウェアラブルデバイスを活用した新たな分野への展開を見せている。
本セミナーでは、人体内を含む人体周辺での利用を想定した無線通信(無線ボディエリアネットワーク)標準仕様IEEE802.15.6について、対象とした応用と仕様の概要について説明を行う。また、無線ボディエリアネットワークに関する通信技術とその応用について、最新動向についても述べる。

1.無線通信
2.電波
3.無線ボディエリアネットワーク
4.IEEE802.15.6
5.体内外無線
6.質疑応答/名刺交換

滝沢 賢一(たきざわ けんいち) 氏
2003年 新潟大学大学院博士後期課程修了 博士(工学)、2003年 国立研究開発法人情報通信研究機構(当時、通信総合研究所) 研究員。以降、無線ボディエリアネットワーク、体内外無線に関する研究開発に従事。IEEE802.15.6(無線ボディエリアネットワーク)標準化活動に貢献。2021年 国立研究開発法人情報通信研究機構 研究室長。
申込フォーム