SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■会場受講■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可) 
〜2022年4月1日に施行が迫る〜

改正個人情報保護法のポイント解説

No.
S22052
会 場
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2
ザイマックス西新橋ビル4F
開催日
2022年 1月24日(月) 14:00~17:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,200円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加下さい。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※会場又はライブ配信受講者様は、追加料金11,000円(税込)で
 アーカイブ配信を承ります。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

1月24日(月)

改正個人情報保護法のポイント解説

長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士
殿村 桂司(とのむら けいじ) 氏

14:00~17:00

2022年4月1日の施行日が迫った令和2年改正個人情報保護法について、プライバシーポリシーの改定が必要な事項など実務への影響が大きなポイントに焦点を当てて、2021年8月に公表された改正後のガイドラインやパブコメ回答など最新の情報に基づいて解説します。また、実務上重要である個人情報の取扱いの「委託」についても、最新のQ&Aの内容を踏まえて解説します。
さらに、令和2年改正法と同じタイミングで施行されることが予定されている令和3年改正個人情報保護法についても、事業者の実務への影響が大きなポイントについて解説します。

1.個人情報保護法改正の背景・経緯等
2.改正内容の概観
3.令和2年改正法の内容・実務上の対応ポイント
 (1)個人情報の利用に関する改正
 (2)個人データ等の第三者提供に関する改正
 (3)保有個人データに関する本人の請求等に関する改正
 (4)漏えい等が発生した場合の事業者の義務に関する改正
 (5)その他
4.令和3年改正法の内容・実務上の対応ポイント
 (1)医療分野・学術分野における規制の統一
 (2)学術研究に係る適用除外規定の見直し(精緻化)
5.まとめ(チェックポイント)
 (1)プライバシーポリシーの改定・見直し
 (2)社内体制の見直し
 (3)個人情報の利用・第三者提供の見直し
6.質疑応答/名刺交換

殿村 桂司(とのむら けいじ) 氏
長島・大野・常松法律事務所パートナー弁護士。M&A・企業組織再編、ライセンス・共同開発その他の知財関連取引、ベンチャー投資・スタートアップ法務、テクノロジー関連法務、デジタルメディア・エンタテインメント、ゲーム、テレコム・宇宙、個人情報・データプロテクションを中心に、企業法務全般に関するアドバイスを提供している。TMT(technology, media and telecoms)業界の案件にも幅広い経験を有しており、TMT業界における買収、合弁その他の戦略的提携のほか、AI、データ・IoT、Fintech、シェアリング・エコノミーなどテクノロジーの発展が生み出す新しい事業分野の案件も数多く取り扱っている。経済産業省「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」検討会作業部会構成員。著書に『日米欧個人情報保護・データプロテクションの国際実務』(共著)(2017年・商事法務)等。Legal 500 Asia Pacific の部門別評価のTMT分野・Fintech分野の両分野においてNext Generation Partnersに選出(2021)。Best LawyersによるThe Best Lawyers in JapanのFintech Practice分野において選出(2021-2022)。
申込フォーム