SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
小倉記念病院の実績ノウハウ直伝!!集患に繋がる広報

ブランド力を高める病医院マーケティング戦略

〜一番大切なのは「コミュニケーション」〜

No.
S22193
会 場
会場受講はございません

開催日
2022年 4月21日(木) 14:00~16:00 終了済
詳しく見る
受講料
1名につき 33,300円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
事前に、セミナー講師へのご期待、ご要望、ご質問をお受けしております。
可能な限り講義に盛り込んでいただきますので
お申込フォームの質問欄を是非ご活用ください。


■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを
   開催前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※ライブ配信受講者様で、アーカイブ配信もご希望の場合は
 追加料金11,000円(税込)で承ります。
 ご希望の場合は備考欄に「
アーカイブ配信追加受講希望」と記入ください。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

4月21日(木) 終了済

ブランド力を高める病医院マーケティング戦略

一般財団法人平成紫川会小倉記念病院
医療支援総合サービスセンター 医療連携課
病院マーケティングサミットJAPAN 理事
松本 卓(まつもと すぐる) 氏

14:00~16:00

病院という組織は得てして主観的な視点をとりがちです。「私たちは地域の健康を守る素晴らしい仕事をしているのだから、生活者はきちんと見ているはずだ」と思っていませんか。実際はほとんど見向きもされていません。人は目に見えないものは評価しないのです。また目に見える形で発信したとしても、現代は超がつくほどの情報過剰供給社会であり、地場産業の小さな組織が発信する情報が手元に届かない。もしくは届いたとしても見過ごされてしまうのです。
本セミナーでは、小倉記念病院で行っている具体的なコミュニケーションを紹介します。

 1.病院のマーケティングとは
 2.ホームページの役割を理解する
 3.捨てられない広報誌を作る
 4.健康講座で生活者の心を掴む
 5.企業との連携で「地域の仲間」を増やす
 6.地方病院でもメディア露出はできる
 7.SNSの活用法
 8.診療所の広報・マーケティング
 9.V字回復で過去最高収益を上げた小倉記念病院
10.質疑応答

松本 卓(まつもと すぐる) 氏
1984年 長崎県五島列島生まれ。
2006年より小倉記念病院に在籍。医事・人事・管理業務を経て、企画広報課にてマーケティング業務に従事。2021年より医療連携課に異動し、医療機関向けのマーケティング業務にも携わる。web、SNS、メディアリレーション、イベント、動画マーケティング、クリエイティブなどコミュニケーションデザインを統括。100周年イヤーでは地元老舗醤油屋とコラボ商品を開発し、広告換算費5,300万円のメディア露出を達成。
2017年、PRプランナー取得。
2018年、病院マーケティングサミットJAPAN Executive Director就任。

2006年 小倉記念病院 医事部 医事課
2007年 小倉記念病院 総務部 人事課
2012年 小倉記念病院 庶務部 管理課
2014年 小倉記念病院 経営企画部 企画広報課
2018年 病院マーケティングサミットJAPAN 理事兼任
2021年 小倉記念病院 医療支援総合サービスセンター 医療連携課
【書籍】
「小倉記念病院のV字回復に学ぶ 最高収益を生み出す 病医院マーケティング」(日経BP 2021年)