SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)
【非静止衛星通信が拓く新たな衛星通信の可能性】

KDDIの衛星通信の展開・最新動向

〜これまでと未来に向けて〜

No.
S22018
会 場
紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート1F
開催日
2022年 1月27日(木) 15:00~17:00
詳しく見る
受講料
1名につき 33,800円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備 考
■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※会場又はライブ配信受講者様は、追加料金11,000円(税込)で
 アーカイブ配信を承ります。

会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。

申込フォーム
パンフレット よくあるご質問

1月27日(木)

KDDIの衛星通信の展開・最新動向

KDDI株式会社 技術統括本部
グローバル技術・運用本部 副本部長
河合 宣行(かわい のぶゆき) 氏

15:00~17:00

1963年、衝撃のケネディ大統領の暗殺を伝えた、初の太平洋横断TV伝送から、半世紀あまりにわたって築いてきたKDDIにおける衛星通信のあゆみと現在の衛星通信の利用状況、非静止衛星通信が拓く新たな衛星通信の展開の可能性について、ご説明するとともに、9月に報道発表したSpaceX社の衛星ブロードバンド「Starlink」をau基地局と基幹通信網を接続するバックホール回線に利用する計画についてご紹介する。

1.KDDIの衛星通信のあゆみ
2.衛星通信の利用の現状
3.静止衛星と非静止衛星
4.Starlinkのバックホール回線への利用
5.今後に向けた展開
6.質疑応答/名刺交換

河合 宣行(かわい のぶゆき) 氏
入社以来、航空衛星通信システム、VSATシステムの開発・商用化、インマルサット本部(ロンドン)出向し可搬型移動体衛星システムの開発に携わるなど、一貫して、衛星通信のシステム開発、運用保守に従事。また、衛星通信関連のITU-Rの標準化についても日本代表として活動。
【主な職歴】2011年 山口衛星通信センター長。2016年 グローバルネットワーク・オペレーションセンター長。2020年 グローバル技術・運用本部 副本部長。2021年 技術戦略本部 副本部長(兼務)、現在に至る。
【ITU-R関連活動】2012年 ITU-R SG4(衛星通信研究グループ)副議長。2015年 世界無線通信会議(WRC-15)衛星関連SWG議長。2016年 ITU-R WP 4C(移動体衛星研究作業班)議長。2019年 世界無線通信会議(WRC-19)第5委員会(COM5)議長。
申込フォーム