SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.T20052

テクノロジー・ロードマップから読み解くICTの展望2020-29と事業創出実践手法

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2020年 3月11日(水) 午後2時~午後5時
テキスト代 5,500円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料92枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社ビジネス工房 代表取締役

緒方 真一(おがた しんいち) 氏

情報通信技術(ICT、またはIT)の分野は、2020年代に入ってもますますその変革のスピードを増している。またGAFAに代表される大手プラットフォーマーに加え、中国企業も次第に存在感を高める中、日本のICT関連企業にとっては、新規事業機会創出が困難な「冬」の時代が続いている。
本セミナーでは、こういった先の読みにくい時代における事業戦略立案手法の一つとして、「テクノロジー・ロードマップ」とその活用方法について解説する。また、その考え方を活用して、2020年代以降のICT進化の方向性を展望し、注目される技術分野として、AI(人工知能)、ビッグデータ活用とDX(デジタル変革)、及び量子コンピューティングを取り上げ、その動向について解説する。

1.テクノロジー・ロードマップの考え方
2.事業機会創出におけるロードマップの役割
3.2020年代のICTの展望と今後の進化の方向性
4.今後の注目分野
  (1)AI(人工知能)はどこまで利用されるのか
  (2)ビッグデータ活用とDXの進展は進むのか
  (3)量子コンピュータは実現するのか
5.今後の望まれる事業機会創出手法

講師プロフィール

緒方 真一(おがた しんいち) 氏

京都大学理学部(数学)卒業後、日本オリベッティ(現NTTデータジェトロニクス)、SRIインターナショナル(旧スタンフォード研究所)、SRIコンサルティングを経て、1999年にビジネス工房を設立し代表取締役に就任し、現在に至る。主としてIT関連分野での新規事業を中心としたコンサルティングを手がける。最近は、データ・サイエンティストとしてAIやビッグデータ関連プロジェクトにも多く参画。主要な著書・論文には「テクノロジー・ロードマップ 【ICT融合新産業編】」(執筆・監修、日経BP社)、「日本型リエンジニアリング:実践事例集」(共著/アーバン・プロデュース)、「マクロ・プロジェクトの成功と失敗」(共著/内田老鶴圃)、「6層構造による需要創造アプローチ」(共著/Diamondハーバード・ビジネス誌)ほか。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850