SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.T19288

ネット配信と個人視聴率の難点

~世帯視聴率からの切り替えで地上波、BS、多チャンネルへ波及する課題~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2019年 8月 7日(水) 午後2時~午後5時
テキスト代 4,320円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料20枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社オフィスN 代表取締役

西 正(にし ただし) 氏

大手広告スポンサーは、若者から中年層をターゲットとしてテレビCMを流したいと思っており、いくら視聴率が高くても、それを見ているのが高年層、高齢者層では出稿したがらなくなっている。確かに、テレビ番組の視聴率が高くても、あまり強いスポンサーが付いていない番組も多く見られるし、逆にそこそこの視聴率でも大手広告スポンサーが付いているという傾向は、普通に見受けられるようになった。
つまり、世帯視聴率がいくら高くても、それはスポンサーのニーズに応えておらず、逆に個人視聴率がそこそこの数字を取っていれば、スポンサーはそこに向けて広告費を払いたがる傾向が見られることは、一般視聴者がテレビ放送を見ていても、何となく感じられるようになってきている。
しかしながら、個人視聴率はネット配信ならともかく、テレビ放送では把握しにくいことも事実である。ネットワーク中立性の問題により、固定回線は容量的に非常に厳しいことになっており、ネット同時配信を使って、個人視聴率を図ろうという目論見も簡単ではない。ただし、広告モデルの趨勢としては、確実にそちらに流れていることは言うまでもない。
これは、地上波民放や在京局系のBS放送の問題だと考えているとしたら、大間違いもいいところである。多チャンネル放送が有料を前提としているだけに、広告を獲りにくいと言っているのは、単なる言い訳にしかすぎず、広告収入をあてこむのであれば、全く同じ問題を抱えていると考えるべきである。
本講演では、世帯視聴率から個人視聴率へと急ハンドルを切ることの危険性も考慮した上で、あらゆる広告収入に関係することを指摘するとともに、ハンドルの切り具合に焦点を当てていくこととしたい。

1.世帯視聴率は高いのに広告費を稼げないケース
2.テレ朝の戦略は正しいか
3.安易に中高年を切り捨てることの危険
4.有料チャンネルでも広告収入を伸ばすには
5.高齢化社会に向けて大手広告主30社の考え方は正しいか
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

西 正(にし ただし) 氏

1982年 東京大学法学部卒業。同年 三井銀行(現三井住友銀行)入行。1994年 さくら総合研究所メディア調査室長。2001年 日本総研メディア研究センター所長。2003年 現職。
<著書>『4K、8K、スマートテレビのゆくえ』、『地デジ化の真実』、『競合か協調か -メディア企業選択の時』、『IPTV革命 -放送・ネット・モバイルのビジネスモデルが変わる』、 『新メディア進化論 -インターネットに押されるテレビ』、『メディアの黙示録』など多数

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850