SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.T19248

放送・ネット配信の海外動向

~日米の違いを直視し、真に役立つ海外事例を取り込む~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2019年 7月17日(水) 午後2時~午後5時
テキスト代 4,320円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料21枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社オフィスN 代表

西 正(にし ただし) 氏

日本と海外とでは、情報通信および放送サービス、ネット配信サービスの環境は大きく異なる。そのため海外に視察に行ってきたレポートなどを見ていると、妙に海外の方が進んでいるところがフィーチャーされることが多い。
しかしながら、日本の方が遥かに進んでいる部分も少なからずあるが、それはわざわざレポートされることが少ない。帰国してから書く報告書に、日本の事情をいちいち書いていたら、長くなって仕方がないのと、要点がボケてしまうという事情があるので、無理もないことだと思う。
しかしながら、日本の方が進んでいる点もセットで議論の遡上に乗せないと、海外がとても先進的に見えてしまうというミスリードの元になることも確かである。
本講演では、そういった事例のうち、幾つかをピックアップして、日本と海外の違いを明らかにした上で、本当に日本が参考にすべき事例とは何なのかについて、明らかにしていくこととしたい。そうした見方で海外事情にスポットライトを当ててみると、やや誤解の方が国内で独り歩きしているところも見えてくる。
特に米国との間には、そうした事例が非常に多く見られることから、今回だけで指摘し切れるとは限らないが、なるべくホットイシューから焦点を当てていくことと致したい。

1.Netflix、Amazonが本国で圧倒的に強い理由
2.「通信事業者 対 Netflix」が日本で起こらない理由
3.本格スタートした米国5Gとファーウェイの脅威
4.同業者が乱立する日米の逆転現象
5.BBCと常時ネット同時配信
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

西 正(にし ただし) 氏

1982年 東京大学法学部卒業。同年 三井銀行(現三井住友銀行)入行。1994年 さくら総合研究所メディア調査室長。2001年 日本総研メディア研究センター所長。2003年 現職。
著書『4K、8K、スマートテレビのゆくえ』、『地デジ化の真実』、『競合か協調か -メディア企業選択の時』、『IPTV革命 -放送・ネット・モバイルのビジネスモデルが変わる』、 『新メディア進化論 -インターネットに押されるテレビ』、『メディアの黙示録』など多数

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850