SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.T19084

MaaS最新動向と小田急のモビリティ戦略

~都市へのインパクト、公共交通との連携サービス~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2019年 2月27日(水) 午後4時~午後6時10分
テキスト代 6,480円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料108枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. MaaSの最新動向と交通まちづくり

一般財団法人計量計画研究所 理事 兼 研究本部 企画戦略部長

牧村 和彦(まきむら かずひこ) 氏

【16:00~17:00】

モビリティ革命の本命とされるMaaS(マース)。MaaSとは何か、MaaSの海外や国内の最新動向を紹介するとともに、都市計画や交通まちづくりにどのような影響を与えていくのか、参加者の皆さんと一緒に考えていきます。

1.MaaSの最新動向
2.MaaSが都市に与えるインパクト
3.MaaSと交通まちづくり
4.今後の展望と課題
5.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. 小田急グループの次世代モビリティ戦略

小田急電鉄株式会社 経営戦略部 課長代理
モビリティ戦略プロジェクトチーム

西村 潤也(にしむら じゅんや) 氏

【17:10~18:10】

小田急グループは、2018年3月の複々線完成を機に「新しい小田急」へと変革していく転換点を迎えています。同年4月に発表した新しい中期経営計画では、「これからのテクノロジーを活かして、『会いたいときに、会いたい人に、会いに行ける』、次世代の"モビリティ・ライフ"をまちに生み出します。」と掲げています。
当日は、MaaSを含めた小田急グループの次世代モビリティ戦略を概説していきます。

1.モビリティ事業に関する社会的な背景
2.小田急グループが考えるMaaSとは
3.具体的な取組み
4.新たなモビリティサービス
5.今後の課題
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

牧村 和彦(まきむら かずひこ) 氏
1990年 一般財団法人計量計画研究所(IBS)入所。東京大学 博士(工学)。都市・交通のシンクタンクに従事、代表的な著書に、「MaaS~モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ(日経BP)」、「バスがまちを変えていく~BRTの導入計画作法(IBS出版)」他多数。
西村 潤也(にしむら じゅんや) 氏
2003年 小田急電鉄株式会社入社。鉄道現業を経て、運転車両部、交通企画部などに所属。
その後、(一財)運輸総合研究所への派遣を経て、2016年7月より経営戦略部に所属。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850