SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.T18086

未来予測と事業創造2020-2050

~押し寄せる構造的大変化をどう解析し、どうサバイバルするか?~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2018年 2月23日(金) 午後1時30分~午後4時30分
テキスト代 4,000円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料42枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社クリエイシオン 代表取締役

高木 利弘(たかぎ としひろ) 氏

<1>今起きている構造的大変化は、複合的に解析しなければ見えてこない
目前の事象に一喜一憂、右往左往していてもはじまらない。25年、50年、500年、5000年、1万年、5億年、40億年のタームで今起きている構造的大変化を複合解析する

<2>ピラミッド型社会から水平分散ネットワーク型社会へ
大型コンピュータからパーソナルコンピュータ、スマートフォン、そしてVRへ。50年前に始まったコンピューティング・パワーの民主化・水平分散化の大激流が今、世界を襲っている

<3>500年前のIT革命、グーテンベルクの印刷革命から何を学ぶか?
グーテンベルクの印刷革命は、今日のインターネット同様、情報の大量複製・情報の価格破壊によって、中世社会から近現代社会へのパラダイムシフトをもたらした500年前のIT革命。この500年の歴史から何を学ぶか?

<4>ピラミッドの誕生はピラミッド型社会の誕生でもあった
5000年前の古代国家の誕生以来、人類は官僚制度を発明し、ピラミッド型組織/命令型組織でやってきた。しかし、これからの時代の主流は電子政府であり、水平分散型ネットワーク型組織/対話型組織である

<5>人工知能/IoT/ブロックチェーン/共感経済…最先端キーワードが意味するもの
人工知能は人間の脳を模倣することで性能を飛躍的に向上させた。実は脳そのもの、人体そのものが巨大な水平分散型ネットワークなのであり、未来社会のヒントは40億年の生命の歴史そのものの中にある

<6>2020年から2050年にかけての未来社会を予測する
2020年以降、日本は人口減少と少子高齢化、地方都市消滅を加速させ、無為無策を続ければ国家存亡の危機すら迎える。人もいなくなれば、既存ビジネスも必要なくなる。このピンチをチャンスに変えるにはどうすればいいか?

<7>「ビジネスとは何か?」「マネーとは何か?」「組織とは何か?」を徹底的に問い直す
「人間社会」は「コミュニケーション・システム」以外の何ものでもなく、「ビジネス」「マネー」「組織」のミッションは「より良いコミュニケーション」を実現すること以外の何ものでもない

<8>自社ビジネスを「構造的大変化」に具体的にどう適応させ、事業創造するか?
インターネットはすべてをデジタル化、サービス化し、解体する。それらを具体的にどう新しく組合せ、「より良いコミュニケーション」を実現するサービスを創造できるか?そこに御社の存亡がかかっている

<9>質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

高木 利弘(たかぎ としひろ) 氏

(株)クリエイシオン代表取締役。ITコンサルタント/マルチメディア・プロデューサー。1955年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。『CaptainPedia』『MACワールド日本版』『MACLIFE』『OracleLife』『MediaFront』等コンピュータ関連雑誌の創刊編集長を歴任。1988年 日本初となるe-Leaningソフトウェア『MacSchool』を開発。1999年 (株)カシスを設立し、「人工知能を活用した知識の循環システム(Knowledge Circulation System with AI)」Kacis Writer/Kacis Publisherを開発。「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2001」(SOFTIC)を受賞する。2003年~2010年 経済産業省の委託による情報セキュリティ啓発活動「インターネット安全教室」を企画プロデュース。2012年 『国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 報告書』(委員長 黒川清)を編集。2014年 (株)クーロン取締役に就任し、「人工知能を活用して炎上を抑止する水平分散型コメントシステム」QuACS(Quelon Active Comment System)の開発マーケティングを担当。現在、米国『WIRED』創刊編集長ケヴィン・ケリー著『<インターネット>の次に来るもの』(NHK出版)をベースにした12回連続の「ホロス2050未来会議」を開催中(http://holos2050.jp/)。著書は、電子書籍、電子コミック、ケータイコンテンツ、CGM/SNS、動画配信を始めとする各種ITトレンド調査報告書、『Macintoshなんでも聞いて』シリーズ、『Mac OS X Serverパーフェクトガイド』『Kacisでサクサク文書作成』『The History of Jobs&Apple』『ジョブズ伝説』『スマートTVと動画ビジネス』など多数。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850