SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

テキストカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.T18064

【勃興する中国のデジタル経済】

アリババ、テンセント等の成長戦略

~インターネットプラス政策と巨大化するICT企業の最新動向~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2018年 3月 6日(火) 午後1時~午後3時
テキスト代 4,000円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料45枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社富士通総研 経済研究所 上級研究員

趙 偉琳(ちょう いーりん) 氏

昨年の秋に中国共産党の第19回党大会が開かれ、デジタル経済が初めて大会の報告書に盛り込まれた。イノベーションによる成長を目指す中国は「インターネットプラス」戦略を打ち出し、あらゆる産業との融合を図っている。ICTの利活用に注力し、デジタル経済の発展を積極的に推し進めようとしている。一方で、中国のICT企業が巨大化しており、国内・海外の様々な分野に進出をかけている。
当セミナーでは、デジタル経済が進む中国の動向をお伝えし、主要プレーヤーの成長戦略を説明する。

1.イノベーション、デジタル経済が進む中国
2.インターネットプラスの可能性とICT分野の起業ブーム
3.エコシステムの構築に注力するアリババの成長戦略
4.SNSの覇者になったテンセントの急成長
5.他の主力プレーヤー(京東、小米など)
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

趙 偉琳(ちょう いーりん) 氏

中国遼寧省出身、2002年に来日。2008年東京工業大学大学院社会理工学研究科修士博士一貫コース修了、博士(学術)。早稲田大学ビジネススクール助手などを経て2012年から現職。現在は中国経済・社会の持続的発展の可能性、中国のニューエコノミー、産業集積とイノベーション、デジタルイノベーション、ソーシャルイノベーションなどに関する研究を行っている。論文・執筆・講演多数。日刊工業新聞電子版「中国イノベーション事情」にて連載執筆(2017年)。現在、SankeiBiz「高論卓説」に定期的に寄稿。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850