SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

経営・マーケティング戦略特別セミナー

No.T17395

新規事業計画・実行の7ステップ

~効率的かつ効果的なフレームワークの習得と実践演習~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2017年11月29日(水) 午後1時~午後4時
テキスト代 5,000円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料71枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重要講義内容

カッティング・エッジ株式会社 代表取締役社長

木下 雄介(きのした ゆうすけ) 氏

現在、多くの企業では生き残りをかけて、新規事業の創出に向けた取り組みを開始されています。しかしながら、「せんみつ」(千に三つくらいしか当たらない)と呼ばれる新規事業の世界では、効率的かつ効果的にプロジェクトを進めていかないと、なかなか立ち上げることは困難です。そこで、今回は効率的に新規事業計画を立案するためのフレームワークを提示いたします。具体的には、必要な経営ツールの体系的な習得とワークショップ形式による演習を通して、その使い方を実践的に体得頂くことを目的に以下の内容にて実施させて頂きます。

<第1部>講義編
新規事業計画作成に有効な経営ツール群の基礎知識を構築のSTEPに合わせて体系的に再整理

Step1.アイデアの創出(KJ法、BS法) 
Step2.現状分析(3C、SWOT分析)
Step3.ターゲティング(STP分析)
Step4.事業戦略の検討(4P、成長戦略)
Step5.ビジネスモデルの構築(ビジネスモデルキャンバス)
Step6.事業計画立案(ブレイクダウン法)
Step7.計画の実行(PDCAサイクル) 

<第2部>ワークショップ編
第1部で説明した経営ツールを活用して以下の3つのケースで実際に演習を実施

1.KJ法、BS法を用いて、「新しいアイデア」の創出
2.ビジネスモデルキャンバスを用いた「ビジネスモデル」の構築
3.経営資源「ヒト」「モノ」「カネ」の3ヶ年事業計画への落とし込み

講師プロフィール

木下 雄介(きのした ゆうすけ) 氏

1986年 慶應義塾大学経済学部卒業。2003年 神戸大学大学院経営学研究科(MBA)修了。2008年 MITスローンスクールExecutive MOT修了。1986年 日本アイ・ビー・エム(株)に入社。1997年 日本シーベル(株)に創業メンバー、西日本地区の責任者として入社。2008年 タレントマネジメントシステム(TMS)のグローバルリーダーであった米国サクセスファクターズ(現SAP)にスカウトされ、日本法人を設立、代表取締役社長に就任。日本のTMS市場の立ち上げに貢献。その後、日本オラクル(株)の営業本部長を経て、独立。現在は自身の会社であるカッティング・エッジ(株)を設立し、これまでの経験を活かしながら、新規事業の立ち上げを中心に、事業戦略、ビジネスモデル立案、事業計画の作成・実行の支援を実践的にサポートしている。中小企業診断士。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850