SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPテキストTOP > テキスト詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.T17035

会話ロボットの未来と事業機会

~進化する人工知能、IoTとの融合により拡大する活用領域~

※セミナーは終了しておりますので、テキストのみのご提供でございます

開催日時 2017年 2月 9日(木) 午後1時~午後5時
テキスト代 6,000円(税・送料込)
ページ数 パワーポイント資料151枚
備考
乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. スマート・ネットワークロボット技術の最前線 -倫理的・法的・社会的課題を考慮したロボットサービスとは-

(株)国際電気通信基礎技術研究所 知能ロボティクス研究所長

萩田 紀博(はぎた のりひろ) 氏

【13:00~13:55】

ロボット、人工知能、IoTが融合したスマート・ネットワークロボット技術とは何か、その特徴と既存のネットワークロボット技術との違いを説明する。次に、この技術を用いて実現する場合に倫理的・法的・社会的課題を考慮したロボットサービスとは何かを紹介する。

1.ロボットの定義
2.ロボットサービスとサービスロボットの違い
3.スマート・ネットワークロボット技術 
4.ロボットのための倫理的・法的・社会的課題
5.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. クラウド型ロボットプラットフォームサービス 「ロボコネクト」について

東日本電信電話(株) ビジネス開発本部 第三部門 未利用層開拓担当課長

菅 光介 (すが こうすけ) 氏

【14:00~14:55】

NTT東日本が2016年9月1日より提供開始したクラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」の開発経緯や活用事例、今後の展望を紹介します。

1.ロボコネクト開発経緯
2.ロボコネクト機能概要
3.介護分野での活用事例 
4.今後のサービス展開
5.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. 家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」と、  家庭用ユーザーインタフェースの未来

ユカイ工学(株) CEO 代表

青木 俊介(あおき しゅんすけ) 氏

【15:05~16:00】

弊社のロボット製品「BOCCO」の紹介とともに、家庭内のインタフェースとしてコミュニケーションロボットが使われ始めている現状と今後のトレンドを紹介する。

1.ユカイ工学の紹介
2.BOCCO概要
3.コミュニケーションプラットフォーム事例
4.ロボット技術のトレンド
5.質疑応答/名刺交換
Ⅳ. DMM.makeが目指すロボット事業の未来

(株)DMM.com .make事業部長

白井 秀範(しらい ひでのり) 氏

【16:05~17:00】

2013年に始まった3Dプリント事業を皮切りに幅広くものづくり支援を行っているDMM.makeがロボットの販売を手掛けてから約1年半が経過しました。なぜDMMがロボットを取り扱おうと思ったのかDMM.make構想の上にあるロボットの位置づけや、ロボット事業が目指す方向性についてご説明します。
また、現在取り扱っている会話ロボットや、それらにおける様々なマーケティング活動と今後活動にも触れ、最後に「DMM.makeが目指しているロボット事業の未来」についてご紹介します。

1.DMM.makeとロボットの位置づけ
2.DMMロボットキャリア事業について
3.会話ロボットを含むDMMロボットの紹介 
4.実際に行った様々なマーケティング活動
5.DMM.makeが描くロボット事業の未来 
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

萩田 紀博(はぎた のりひろ) 氏
1978年 慶応義塾大学大学院 工学研究科 修士終了。1978年4月 日本電信電話公社 武蔵野電気通信研究所入所。2001年10月 国際電気通信基礎技術研究所(ATR) メディア情報科学研究所所長。2002年10月 知能ロボティクス研究所長 兼務。2009年2月 ATRフェロー。2016年から現職。
奈良先端科学技術大学院大学客員教授、大阪大学招聘教授。JST CREST「知的情報処理」研究総括。
菅 光介 (すが こうすけ) 氏
1996年 立教大学卒、同年、日本電信電話会社入社。入社以来、新規ビジネスの立上げやサービス開発に従事。現在は、NTT東日本ビジネス開発本部にて、光の利用拡大に向け、シニア層に向けたサービス開発に従事する中、ロボットを活用したサービス開発を推進。
青木 俊介(あおき しゅんすけ) 氏
2001年 東京大学在学中に、チームラボ(株)を設立、CTOに就任。その後、ピクシブ(株)のCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。ソーシャルロボット「ココナッチ」、脳波で動く猫耳「Necomimi」、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などIoTデバイスの製品化を多く手がける。2015年7月、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発売した。2015年度よりグッドデザイン賞審査委員も務める。
白井 秀範(しらい ひでのり) 氏
2004年 東京理科大学大学院修了、データマイニングや人工知能の研究を行う。その後、(株)ライブドアを経て、(株)電通レイザーフィッシュ(現 電通アイソバー)へ入社、アナリストとしてマーケティングリサーチや顧客データ分析などに従事する。2011年 (株)DMM.com に新規事業開発プロデューサーとして入社し、様々なサービスの立ち上げに参画。2013年に3Dプリント事業部の事業部長に就任し、現在 .make事業部長。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850