SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S20104

量子コンピュータの将来性

~ハードとソフトの発展を見据えた量子コンピュータ活用法とロードマップ~

開催日時 2020年 2月20日(木) 午後1時30分~午後4時
会場 AP品川
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル
受講料 1名につき 33,880円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 教授
IBM Quantum Computer Network Hub ファウンダー
AI・高度プログラミングコンソーシアム 代表

伊藤 公平(いとう こうへい) 氏

はじめに量子コンピュータの種類と動作原理の基礎を紹介する。次に、量子コンピュータのハードとしての今後の発展と、ソフトウェア・アプリケーションとしてできることを述べる。ハードとソフトの発展を合わせて予想することで、産業界が取り組むべき量子コンピュータの活用方法とタイムライン(ロードマップ)を示す。最後に将来のコンピューティングにおける量子コンピュータの位置付けを議論する。

1.ゲート式量子コンピュータ
2.量子アニーラー
3.量子ソフトウェア
4.金融応用
5.化学応用
6.人工知能応用
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

伊藤 公平(いとう こうへい) 氏

慶應義塾大学理工学部卒、UC Berkeley工学部より修士号・Ph.D.取得後、慶應義塾大学理工学部助手(1995)、専任講師、助教授を経て2007年より教授。2017年より2019年は理工学部長・理工学研究科委員長を務め、現在は慶應義塾AI・高度プログラミングコンソーシアム代表。学外では、日本物理学会・理事(2002-2004)、日本学術会議連携会員(2011-)、日本応用物理学会理事(2016-2018)、JSTさきがけ「量子機能領域」総括(2016-)、文科省 光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)「量子情報処理(量子シミュレータ・量子コンピュータ)」分野プログラムディレクタ(PD)(2018-)などを歴任。
専門分野は、量子コンピューティングと量子物理学。日本IBM科学賞(2006)、日本学術振興会賞(2009)などを受賞。慶應義塾におけるIBM Quantum Computer Network Hubファウンダー。 

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850