SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S19420

【ディレクター時代の経験等実務に即して】

許諾必要or不要?
著作物の適正利用のための見極め術

~いわゆる制限規定からフリー素材、建築物等の利用まで古くて新しい問題~

開催日時 2019年12月10日(火) 午後3時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,990円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

東京丸の内法律事務所 パートナー 弁護士

上村 剛(うえむら ごう) 氏

テレビ番組、新聞・雑誌・ネットの記事、映画、ドラマなど、種々のコンテンツ制作において他者が保有するコンテンツ等を利用することも多いが、日々の法務相談の中で受ける質問には、こうした利用に際しての許諾の要否に関するものが非常に多い。
この問題については、従前から著作権法の制限規定の適用可否が重要な鍵となってきたが、近年の著作権法改正により新たな類型の制限規定が登場、その運用に注目が集まっている。また、いわゆるフリー素材のように、新たな形態の素材(コンテンツ)利用関係も生まれている。その一方で、建造物の外観等の利用など、古くて新しい問題も多い。
本講義では、近年の著作権法改正を踏まえた制限規定の内容とその活用場面を改めて整理するとともに、フリー素材の利用や著名建築物の利用等、実務上悩ましい場面との向き合い方について検討する。未だ通説・判例のない分野も多いが、意見交換にも重点を置いて、参加者と共に考える双方向の講義を目指したい。

1.そもそも著作物の利用とは
(1)ディレクター時代の経験
(2)思考枠組みを身に着けよう

2.制限規定を使いこなす
(1)引用
(2)時事の報道
(3)私的使用ではダメなのか
(4)付随対象著作物
(5)思想又は感情の享受を目的としない利用

3.フリー素材はどこまでフリーか

4.これって許諾必要?
(1)建築物
(2)寺社・仏閣
(3)廃墟
(4)書体

5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

上村 剛(うえむら ごう) 氏

1998年 東京大学法学部卒業、日本放送協会入局(報道番組ディレクター)
2005年 東京大学法科大学院入学
2007年 東京大学法科大学院修了、司法試験合格
2008年 長島・大野・常松法律事務所
2011年 東京丸の内法律事務所(2017年から同事務所パートナー)
著作権等のエンターテインメント分野、一般企業法務、倒産法分野等に注力/著作権法学会会員、エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク事務局

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850