SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R05V0008

-5カ年の市場性・受容性から分かるユーザートレンド!-

CharaBizトレンド分析

出版日 2011年2月
価格
印刷タイプ 63,000円(税込)
ページ数 A4判 210ページ
発行<調査・編集> (株)キャラクター・データバンク

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

09年の出現キャラクター件数は、1081件、年々増加傾向
20代男女のキャラクター市場は、昨対比150%強。キャラクター市場を牽引
イナズマイレブンが急激に市場を拡大

■概要■
 「CharaBiz PowerBook」「CharaBiz Profile」に続き、キャラクター分析資料集第3弾となる本書では、さまざまなキャラクターの支持の構造を複合的なデータから明らかにするとともに、現在のポジショニングなどを示す指標をつくることを目的に編纂しています。
 キャラクターの育成及びキャラクターの活用の結果であるデータを経年で使用することで、さまざまなトレンドの「変化」、キャラクター支持の「変化」を整理しています。
 これらを整理し、理解できる本書は、キャラクター育成に携わる方はもちろん、商品化戦略だけでなく、広告販促戦略、キャラクター育成戦略等、今後の効果的なキャラクターマーケティング戦略に役立たせていただけるはずです。
 御社の今後の展開の手助けとして、ぜひ本誌をご利用ください。

■ポイント■
・消費者がキャラクターに持つイメージの傾向が分かる
・キャラクターに求める効能の変化が読み取れる
・ターゲット別にキャラクター受容傾向とその対策のヒントを整理
・キャラクター別の現在の市場、支持に至るトレンドが一目瞭然
・キャラクター展開(育成)に役立つ新旧キャラクタートレンドデータを掲載
・他キャラクター、他年齢間の比較分析が可能
・キャラクターの最新トレンドを生活者の生の声(ブログ)データで掲載

-CONTENTS-
<1>市場性と受容性にみるキャラクタートレンドとその変化
本章では、キャラクターに対するユーザーの嗜好性を整理し、キャラクターの受容性と市場データから、キャラクターに対する嗜好性、受容性がキャラクターマーケットに与える影響、傾向を示唆しています。
1.キャラクターに対する生活者意識の変化
 ・キャラクター好感度の変化
 ・キャラクターの接触状況の変化
 ・キャラクターの効能の変化
2.キャラクター商品の購入実績にみる市場性の変化
 ・キャラクター商品小売市場規模の推移
 ・商品カテゴリーにおけるトレンドの変化
 ・ターゲットにおけるトレンドの変化
 ・キャラクターにおけるトレンドの変化
3.キャラクターパワーにみるトレンド変化
 ・キャラクターマッピング【好感度×商品欲求度】
 ・キャラクターに対するイメージの変化【男性】
 ・キャラクターに対するイメージの変化【女性】
4.キャラクターにおける市場性と受容性との関係
 ・市場性と受容性(商品欲求度)にみるキャラクター分布【男性】
 ・市場性と受容性(商品欲求度)にみるキャラクター分布【女性】

<2>性年齢別にみるキャラクタートレンド分析
嗜好性の強いキャラクターは、性年齢別で支持されるキャラクターも受容の傾向も異なります。この章では、性年齢別のキャラクタートレンドを明らかにしています。
【属性】
 3-4歳:男性
 3-4歳:女性
 5-6歳:男性
 5-6歳:女性
 7-9歳:男性
 7-9歳:女性
 10-12歳:男性
 10-12歳:女性
 13-15歳:男性
 13-15歳:女性
 16-19歳:男性
 16-19歳:女性
 20-29歳:男性
 20-29歳:女性
 30-39歳:男性
 30-39歳:女性
 40-49歳:男性
 40-49歳:女性

<3>32の有力キャラクターのトレンド分析
新旧32の有力キャラクターを取り上げ、ターゲット、支持傾向を整理。キャラクター別の進む方向性はもちろん、キャラクターを通し、現在マーケットで受け入れられるキャラクタートレンドが見えます。
【キャラクター名】
 ・イナズマイレブン
 ・ウルトラマンシリーズ
 ・仮面ライダーシリーズ
 ・きかんしゃトーマスとなかまたち
 ・機動戦士ガンダムシリーズ
 ・くまのプーさん
 ・ケアベア
 ・極上!!めちゃモテ委員長
 ・スーパー戦隊シリーズ
 ・ジュエルペット
 ・シュガーバニーズ
 ・新世紀エヴァンゲリオン
 ・スージー・ズー
 ・スティッチ
 ・スヌーピー(ピーナッツ)
 ・それいけ!アンパンマン
 ・たまごっち
 ・トミカ
 ・ドラえもん
 ・ドラゴンボールシリーズ
 ・ハローキティ
 ・ピーターラビット
 ・ふたりはプリキュアシリーズ
 ・ベイブレード
 ・ポケットモンスター
 ・ミッキーマウス
 ・ミッフィー
 ・リカちゃん
 ・リサとガスパール
 ・リラックマ
 ・ルパン三世
 ・ワンピース

<4>口コミによる最新キャラクタートレンド分析
感情移入が強いキャラクターは、人によりその評価はさまざまです。本章では、キャラクターに関連の強いキーワードを挙げ、キャラクターに関連する情報が、どう波及し、受容されているのか、そのトレンドを最新のブログ分析を使い明らかにします。
1.12月発売ビデオゲーム
2.年末年始の映画作品
3.1月開始の深夜アニメ番組
4.キャラクターショップ
5.2月以降の子ども向け新番組
6.コンシューマー向けイベント
7.コミック雑誌
8.新登場キャラクター
9.キャラクター利用キャンペーン
10.ゆるキャラ

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850