SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R05F0048

未来予測レポート 自動車産業2011-2025

出版日 2010年12月
価格
3分野セット 315,000円(税込)
レポートA4、未来年表、CD-ROM 210,000円(税込)
ページ数 267ページ
発行<調査・編集> (株)日経BPコンサルティング
備考 未来予測レポート2011-2025 3分野セット 価格315,000円(税込) ・未来予測レポート 自動車産業2011-2025 ・未来予測レポート エレクトロニクス産業2011-2025 ・未来予測レポート エネルギー産業2011-2025

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
新興国のモータリゼーションで自動車産業は一変する

 昨年、中国が新車販売台数で世界ナンバーワンになったことが大きなニュースとして報じられた。
金融危機の影響で米国の新車販売台数が1000万台を割り込む一方で、中国は一気に1300万台を超え、前年比で4割近く増加したのである。
 それでも中国の自動車普及率は、先進国に比べればまだまだ低い。経済成長と歩調を合わせるように、これからも販売台数は伸び続けるだろう。成長著しいインドがこれに続く。もし、この2カ国(約25億人)で欧米の約半分、すなわち100人当たり30台程度まで普及するとすれば、単純計算で7.5億台(先進国なみの60台になると15億台)の自動車が販売されるということになる。耐久年数を7~8年とすれば、年間で約1億台は必要になるということだ。
 先進国の人口は、全部合わせても10億人に過ぎない。その先進国が6000万台の自動車生産台数のほとんどを消費してきたのである。その構図が崩れ、その2.5倍の人口を抱える中国とインドで本格的なモータリゼーションが起これば、その上乗せ分だけで1億台以上の需要が生まれてくるのである。
 それは自動車メーカーにとって朗報かもしれない。だが、それだけの変化にいまの自動車で対応できるのだろうか。懸念はいくつもある。ガソリンは足りるのか、大気汚染が一層深刻になるのでは、CO2排出の問題はどうか・・・。そう考えていけば、エンジン車から電気自動車への移行は、必然といえるだろう。ただ現実には、「インドや中国でそんなに急激に電気自動車が普及するはずはない」との意見が少なくない。けれども、このような既得権者による希望的観測はいつも裏切ら
れてきた。携帯電話の例もある。つい10年前までは先進国の占有物ともいうべきものだったが、2010年7月現在、その契約者数は50億人を超えたと報じられている。ユニークユーザー数は約40億人と推計されており、今や世界の半数以上が携帯電話を持っていることになる。
 もちろん携帯電話と自動車は違うものであり、単純に同列で比較することはできない。ただ、ここで考えなければならないのは、急速な技術進歩と企業間競争の結果、価格が劇的に下がり、それが飛躍的な普及につながったという流れである。その過程で部品の集積化が進み構造は単純化し、端末に関してはいくつかの基幹部品さえ入手できれば、新興国が自ら生産することも容易になった。これは、これから自動車分野で起ころうとしていることと変わりない。
 「サスティナビリティ」という新しい流れの中で、社会全体が「クリーン・オール電化」に向かうのは必然である。そのような新しい社会に対応するために、自動車の主役が「石油/エンジン」から「電気/モーター」に変わるのは必然だ。この1点をもってしても、自動車メーカーがこれから大胆な方向転換を迫られることになるのは明らかである。

-CONTENTS-
<1>はじめに
 ・はじめに
 ・未来予測レポートの使い方
 ・「未来」から戦略を考える

<2>サマリー
 ・サスティナビリティ
  環境・資源・エネルギーの新たな潮流
  二つの国が牽引する「人口爆発」
  価値観が異なる二つの世界市場
  食料や資源需給の逼迫
  「ブロック化」と「グローバル化」の同時進行
  「環境」から「持続可能性」(サスティナビリティ)へ

 ・クラウド
 ブロードバンド時代は始まったばかり
 コンテンツの変化がビジネスにもたらすもの
 クラウドはコンピューティングの「第3の波」
 ネットとの一体化が「ものづくり」を変える
 四つのディスプレイ
 「マーケットプレイス」

・「クラウド」によるビジネスの変化
 基幹産業の「再構成」
 エネルギー・自動車・エレクトロニクスは不可分に
 ハード・ソフトの「サービス化」
 「クラウド」の主役は誰か?
 日本を中心に急成長する「クラウド・サービサー」

・ものづくり産業の変化
 「クリーン・オール電化」へ
 エネルギーサービス産業へ
 原子力発電に対する評価が変わる
 実用化が始まった電動モビリティー
 自動車サービス産業へ
 自動車の概念・基本形が変わる
 「ムーアの法則」が終焉
 次のテレビは「3D」ではない
 デジタル・コンバージェンス
 ブロードバンド・サービス産業へ

・「ものづくり」の変革
 「先進国」へと進化するニッポン
 「ものづくり」から「商品づくり」へ
 「消費」から「循環」へ
 「横」と「双方向」のマーケティング
 新しい商品コンセプトが続々と誕生
 サービス化による「終わりなき進化」
 
 ・未来社会のイメージ
  2015年のイメージ
  2020年のイメージ
  2025年のイメージ

 ・クラウドによる変遷シナリオ
  「家庭」環境の変化
  「オフィス」環境の変化
  「自動車」環境の変化
  「屋外」環境の変化

<3>前提となる社会環境の変化
 ・人口増加+経済成長
  人口が増加する新興国、減少する先進国
  新興国の経済成長は軒並み高い

 ・環境・資源・エネルギー
  「ランドラッシュ」(農地争奪)
  資源争奪と囲い込み
  エネルギー政策の変化
  暗礁に乗り上げた「地球温暖化」、注目が高まる「生物多様性」
 
 ・変わりゆく世界のカタチ
  米国一極後における世界の枠組み
  「都市集中」と「地域分散」の同時進行
 
 ・インフラの変化
  急速に整備が進む交通インフラ
  情報ネットワークの進展
 
<4>価値観・戦略の変化
 ・価値観の変化
  「クラウド」は労働の考え方を変える
  「部分最適」から「全体最適」重視へ
  「ナショナリズム」の高まり
  様々な分野で進む「パブリック・ドメイン」(公有化)
  
 ・クラウド時代を生き残る企業
  「立体協業」
  「グローバル」から「マルチナショナル」へ
  クリエーティブとオペレーティブの融和
  持続と創造のための「多様性」
  日本ならではの「ものづくり」
  リーダーシップ
  「和」と「徳」

<5>自動車産業のゆくえ
 ・プロダクト予測、注目の技術
  全体シナリオ
  パワートレイン(動力)
  デザイン/材料
  エレクトロニクス/2次電池
  カー・コンピューター/ネットワーク
  ロボトロニクス

 ・マーケット予測
  自動車の需要予測
  パワートレイン構成比の予測
  100人当たり自動車保有台数の予測
  
 ・業界予測、再編のゆくえ
  全体シナリオ
  自動車メーカー
  部品メーカー/材料メーカー
  エレクトロニクス業界
  通信業界/サービス業界

<6>「クラウド」産業のゆくえ
 ・ネットワーク
  プロダクト予測・注目の技術
  業界予測

 ・ソリューション
  プロダクト予測・注目の技術
  業界予測

 ・コンテンツ・アプリケーション
  プロダクト予測・注目の技術
  業界予測

 ・ストレージ・データセンター
  プロダクト予測・注目の技術
  業界予測

<データ集>
 レポートに掲載された図表やグラフ、さらに未来年表の全データをCD-ROMに収録。プレゼン、説明資料としてお使いいただけます。

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850