SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R04P0196

リモートセンシングの応用・解析技術

~農林水産・環境・防災から建築・土木、高精度マッピングまで~

出版日 2019年8月
価格
印刷タイプ 62,640円(税込)
ページ数 B5判 506ページ
発行<調査・編集> (株)エヌ・ティー・エス

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

■概要■

 人工衛星とドローンが映し出す、私たちの知らない世界公的機関(NASA、ESA(欧州宇宙機関))の商用衛星データの無償提供が進んでおり、それらを利用した多数のビジネスが生まれようとしている。
 リモートセンシングの基礎やデータの解析技術をまとめた書籍は、数多くあるが、多分野の応用事例を一冊にまとめた技術書はなかった。
 リモートセンシングに携わる様々な分野の研究開発者のみならず、新しいビジネス創出を考えている方々に最適な書籍。
 人工衛星やドローンから捉えたデータに解析・分析を行うことで、農作物収穫予測・生育管理道路や鉄道等のインフラ監視、アマゾン地域の森林の違法伐採の阻止、海洋環境の変化を把握する、といった様々な衛星画像の利用事例を解説。

-CONTENTS-

はじめに(序)

【第1編 リモートセンシングの基礎】
<1>リモートセンシングデータの観測処理入手

<2>画像解析

<3>衛星データの補正処理

<4>情報抽出

【第2編 応用事例】
<1>農業分野
1.農産物の収穫量予測
 ・高頻度観測衛星による穀物収量の早期予測
 ・全偏波観測合成開口レーダによる十分に生育した水稲作付圃場抽出の試み
 ・ハイパースペクトルセンサを用いた飼料畑のリモートセンシング
2.農産物の生育管理
 ・高解像度衛星群ならびにドローンシステムによる作物・圃場情報計測とそのスマート農業への活用
 ・農業生産性の向上を目指したマルチプラットフォームセンシングによるクラウド型営農支援サービス
 ・衛星データによる茶園管理 《新井 康平》
 ・ドローンリモートセンシングによる水稲群落表面温度の把握

<2>水産分野
1.リモートセンシングの漁業への応用
2.衛星データによる冬季珪藻赤潮予測

<3>森林分野
1.高精度資源情報を活用した森林経営計画策定支援システムの構築と検証
2.衛星画像を用いたナラ枯れ被害状況の把握と防除対策の取り組み
3.高分解能人工衛星画像と航空レーザデータを使用した松枯れ被害の区分
4.アラスカの林野火災とその対策

<4>経済活動分野
1.経済学におけるリモートセンシングデータの利用
2.夜の衛星光画像による世界の大都市の光エネルギー分布解析
3.ミャンマーの農業分野に貢献する人工衛星データを活用した「天候インデックス保険」の開発

<5>環境分野
1.大気、水
 ・長光路差分吸収を利用したエアロゾルと大気汚染気体の計測
 ・夜間画像を利用したリモートセンシング
 ・人工衛星データを利用した東京湾内の水質解析
 ・藻場のリモートセンシング
2.気候・気象、生態系
 ・衛星画像を用いた干ばつ指標
 ・衛星熱赤外データによる東京都市圏の熱環境の分析
 ・ブラジル国における衛星データを使った違法伐採低減への貢献
3.雪氷
 ・東南極・白瀬氷河の流動速度の長期的変動
 ・合成開口レーダを利用した氷河・氷床域の観測

<6>海洋分野
1.Lバンド多偏波合成開口レーダによる海氷観測
2.衛星搭載合成開口レーダによる船舶監視技術
3.サンゴ礁のリモートセンシング

<7>防災・災害分野
1.災害監視
 ・災害発生前の光学センサ画像が入手できない場合を想定した斜面崩壊地の検出手法
 ・衛星搭載型熱赤外線センサによる火山観測
 ・地震・火山活動監視のためのSARによる地殻変動観測
 ・リモートセンシングによる建物被害把握
2.災害対策
 ・高分解能SAR画像における橋梁の後方散乱特性
 ・ドローンを用いた災害廃棄物発生量の迅速かつ正確な計測方法

<8>建築・土木分野
1.衛星による地下工事の変動監視
2.衛星夜間光データを用いた建物延床面積の推計
3.航空機LiDARを用いた都市空間における樹木の熱環境緩和効果の評価

<9>高精度マッピング
1.ALOS PRISMを用いた高解像度全球地形データ作成のためのアルゴリズム開発
2.準天頂衛星のセンチメータ級測位補強サービスの評価
3.衛星ステレオ画像を用いた移動物体の速度ベクトル測定

<10>その他の分野
1.リモートセンシングによる地質・鉱物マッピング手法の開発
2.航空機搭載センサを用いた野生動物の検出
3.衛星追跡による鉄道と道路によるチベットアンテロープ(Pantholops hodgsonii)の季節移動への影響について
4.偏波SARデータによる多分野の情報抽出

<11>衛星リモートセンシング事業の発展に向けた法的課題

■監修■
中山 裕則
日本大学文理学部 特任教授
杉村 俊郎
日本大学生産工学部 教授

■執筆者■
中山 裕則
日本大学文理学部 特任教授
杉村 俊郎
日本大学生産工学部 教授
坂本 利弘
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構農業環境変動研究センター環境情報基盤研究領域 主任研究員
米澤 千夏
東北大学大学院農学研究科 准教授
田中 勝千
北里大学獣医学部 教授/学科長
井上 吉雄
東京大学大学院工学系研究科 特任研究員
鎌形 哲稔
国際航業株式会社センシング事業部RSソリューション部営農グループ グループ長
大島 香
国際航業株式会社センシング事業部RSソリューション部営農グループ
小泉 佑太
国際航業株式会社センシング事業部RSソリューション部営農グループ
新井 康平
佐賀大学名誉教授 客員研究員/アリゾナ大学  客員教授
田中 圭
一般財団法人日本地図センター地図研究所研究開発部 主幹研究員
斎藤 克弥
一般社団法人漁業情報サービスセンター魚海況部 部長
粟屋 善雄
岐阜大学流域圏科学研究センター 教授
古川 邦明
岐阜県森林研究所
宮坂 聡
中日本航空株式会社調査測量事業本部 専任技師長
竹島 喜芳
中部大学中部高等学術研究所 准教授
河方 智之
可茂森林組合総務課 課長/信託係 係長
金 宗煥
アジア航測株式会社海外事業推進部 担当課長
船越 和也
アジア航測株式会社国土保全コンサルタント事業部 副事業部長
竹中 悠輝
信州大学大学院総合医理工学研究科
加藤 正人
信州大学先鋭領域融合研究群山岳科学研究所 教授
中右 浩二
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構衛星利用運用センター
岡部 美砂
和歌山大学経済学部 准教授
向井田 明
一般財団法人リモート・センシング技術センターソリューション事業第二部部長
久世 宏明
千葉大学環境リモートセンシング研究センター センター長/教授
原 政直
株式会社ビジョンテック 代表取締役
矢内 栄二
千葉工業大学創造工学部 教授
作野 裕司
広島大学大学院工学研究科 准教授
沖 一雄
東京大学生産技術研究所 特任教授/京都先端科学大学ナガモリアクチュエータ研究所 教授
小野 誠
一般財団法人リモート・センシング技術センター研究開発部 特任首席研究員
中村 和樹
日本大学工学部 准教授
山之口 勤
一般財団法人リモート・センシング技術センターつくば事業所 グループリーダー
若林 裕之
日本大学工学部 教授
有井 基文
三菱スペース・ソフトウエア株式会社鎌倉事業部宇宙第三技術部 専任
大木 真人
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構第一宇宙技術部門地球観測研究センター 研究開発員
山野 博哉
国立研究開発法人国立環境研究所生物・生態系環境研究センター センター長
江口 毅
山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター 助教
浦井 稔
国立研究開発法人産業技術総合研究所地質情報研究部門
藤原 智
国土交通省国土地理院地理地殻活動研究センター センター長
三浦 弘之
広島大学大学院工学研究科 准教授
劉 ウェン
千葉大学大学院工学研究院 助教
山崎 文雄
国立研究開発法人防災科学技術研究所災害過程研究部門 主幹研究員
島岡 隆行
九州大学大学院工学研究院 教授
中山 裕文
九州大学大学院工学研究院 准教授
石岡 義則
株式会社パスコ衛星事業部 副部長
桑島 宣司
株式会社パスコ衛星事業部 主任技師
宮田 岩往
株式会社奥村組土木本部土木部i-Construction推進グループ長
杉本 賢二
大阪工業大学工学部 特任講師
浅輪 貴史
東京工業大学環境・社会理工学院 准教授
高久 淳一
一般財団法人リモート・センシング技術センター研究開発部 主幹研究員
久保 信明
東京海洋大学海洋工学部 教授
髙﨑 健二
国立研究開発法人水産研究・教育機構漁業情報解析室 主任研究員
山口 靖
名古屋大学大学院環境学研究科 教授
田村 恵子
中日本航空株式会社調査測量事業本部 技術係
星野 仏方
酪農学園大学農食環境学群 教授
仲澤 峻
酪農学園大学大学院酪農学研究科
マナエワ・カリナ
酪農学園大学大学院酪農学研究科
小塚 荘一郎
学習院大学法学部 教授

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850