SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A1069

2019年 国内産業分野向け5G市場動向分析:5Gが加速する4K/8K高精細映像の産業応用

出版日 2019年7月
価格
PDFタイプ 583,200円(税込)
ページ数 18ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

■概要■

 本調査レポートは、国内産業分野向け5G市場の動向を、4K/8K高精細映像(画像)の活用に焦点を絞って分析している。5Gの活用が期待される映像分野として、4K/8K高精細映像コンテンツの配信、機械学習による画像認識、3Dモデリングなどが挙げられる。また今後は、自動車、サービスロボット、ドローンなど自律移動する機器の利用が拡大すると考えられ、そのような機器での5Gの活用も期待される。本調査レポートでは、パブリック5Gとローカル5G、5Gと固定通信サービスの関係についても議論している。パブリック5Gとローカル5Gは、エリア的に補完し合い、顧客獲得において競合し合う関係となる。企業のプライベートな敷地内などへの無線エリア構築などでは、ほぼ同じ土俵の上で戦うことになる。
 5Gを活用した4K/8K高精細映像の産業応用に取り組むITサプライヤーに対して、「5Gは企業の高精細映像活用を促進するが、市場の立ち上がりには時間がかかる。5Gの市場開拓では、まずは製造業など以前から設備投資やマシンビジョンの活用に積極的で、これらが生産性を高めることを理解している産業分野をターゲットにすべきである」と分析している。

-CONTENTS-

・Executive Snapshot
 ・市場開拓と市場動向
  -5Gによって加速する映像利用
  -5Gの通信速度
  -5Gのコスト
  -5Gのユースケースとしての映像
  -5Gで活用が広がる映像/画像分野
   4K/8K高精細映像コンテンツのリアルタイム配信
    今後主流になる4K、8K映像規格
    5Gによる高精細映像コンテンツのリアルタイム配信の民主化
   機械学習による画像認識
    歴史の長いマシンビジョン
    機械学習とエンベデッドビジョン化
    マシンビジョン市場への5Gの影響
   3Dモデリングによる新たな価値提供
    3Dによる可視化の有用性
    3Dモデリング市場への5Gの影響
  -5Gを活用した映像応用の普及の課題
   企業のDXへの取り組み拡大と成功事例の共有
    量産とイノベーションによる自律移動機器の普及
    8K映像のコーデック遅延の短縮
    5G規格の機器への組み込みとソリューションのパッケージ化
  -5Gの導入が進む産業分野とは?
  -通信市場への影響
   パブリック5G vs. ローカル5G
   5G vs. 固定ネットワーク
  -今後の展望
  -主要事業者の取り組み
   NTTドコモ
   KDDI
   ソフトバンク
   NEC
 ・ITサプライヤーへの提言
 ・参考資料
 ・関連調査
 ・Synopsis

<List of Figures>
 ・Executive Snapshot:2019年 国内産業分野向け5G市場動向分析
 ・5Gの特性
 ・画像の活用の広がり

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850