SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A1043

国内テープストレージ市場予測、2019年~2023年

出版日 2019年6月
価格
PDF/Excel 583,200円(税込)
ページ数 21ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

■概要■

 本調査レポートでは、2019年~2023年の国内テープストレージ市場における売上額および出荷台数を、2018年の実績に基づいて予測している。また、国内テープストレージ市場を国内テープドライブ市場と国内テープオートメーション市場の2つのサブマーケットに分類し、国内テープドライブ市場では、クラス別、および容量別に、国内テープオートメーション市場では、クラス別、および搭載カートリッジ巻数帯別に予測を行っている。
 「デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の大容量アーカイブは、データの種類や価値、コスト、サービスレベルなどによって、クラウドサービスとオンプレミスが使い分けられるようになる。ストレージベンダーはテープストレージをアーカイブストレージとして評価を定着させるために、テープストレージの運用を改善するLTFS(Linear Tape File System)などの新技術を活用すると共に、テープが持つ経済性(GB単価の安さ、低消費電力など)や長期保存性などの特徴を生かした提案を行い、アーカイブ市場において他のソリューションとの差別化を進めることが求められる」と分析している。

-CONTENTS-

 ・List of Attachments
 ・IDC Market Forecast Figure
 ・エグゼクティブサマリー
 ・ITサプライヤーへの提言
 ・市場予測
  -国内テープドライブ市場予測
  -国内テープオートメーション市場予測
 ・市場の変化
 ・促進要因と阻害要因
  -促進要因
   大容量データ保存/アーカイブの需要拡大
   LTFSの利用領域の拡大
  -阻害要因
   パブリッククラウド利用の拡大
   バックアップアプライアンスの台頭
 ・市場動向ハイライト
  -大型/超大型テープライブラリー市場の動向
  -アーカイブデータ支出の変化とテープストレージ
 ・前回予測からの変更
 ・市場定義
  -テープストレージのクラス定義
   テープドライブ市場
   テープオートメーション市場
   テープドライブの容量帯
   テープオートメーションのカートリッジサイズ(巻数帯)
 ・調査方法
 ・関連調査

<List of Tables>
 ・国内テープストレージ市場 製品タイプ別 売上額予測、2017年~2023年
 ・国内テープストレージ市場 製品タイプ別 出荷台数予測、2017年~2023年
 ・国内テープドライブ市場 クラス別 売上額予測、2017年~2023年
 ・国内テープドライブ市場 クラス別 出荷台数予測、2017年~2023年
 ・国内テープドライブ市場 容量別 売上額予測、2017年~2023年
 ・国内テープドライブ市場 容量別 出荷台数予測、2017年~2023年
 ・国内テープオートメーション市場 クラス別/カートリッジサイズ別 売上額予測、2017年~2023年
 ・国内テープオートメーション市場 クラス別/カートリッジサイズ別 出荷台数予測、2017年~2023年
 ・国内テープドライブ市場 前回の売上額/出荷台数予測(2018年6月)との比較、2014年~2023年
 ・国内テープオートメーション市場 前回の売上額/出荷台数予測(2018年6月)との比較、2014年~2023年

<List of Figures>
 ・国内テープストレージ市場 売上額予測、2018年~2023年
 ・国内大型/超大型テープライブラリー市場 出荷台数実績、2013年~2018年
 ・大容量データやコンテンツのアーカイブがストレージ支出に与える影響
 ・国内テープドライブ市場 前回の売上額予測(2018年6月)との比較、2014年~2023年
 ・国内テープオートメーション市場 前回の売上額予測(2018年6月)の比較、2014年~2023年

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850