SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0694

2016年版 在宅ケア支援システム市場の現状と将来展望

~ICTによる在宅医療・在宅介護の情報共有・連携と、地域包括ケア支援ソリューション~

出版日 2016年3月
価格
印刷+CD-ROM(PDF)特価タイプ 162,000円(税込)
印刷タイプ 129,600円(税込)
CD-ROM(PDF)タイプ 129,600円(税込)
ページ数 A4判 258ページ
調査会社 (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 社会の高齢化が進行し、今後の国民医療費や介護費用の膨張が懸念されるなか、政府は病院の病床を削減する方針を示し、今後の医療・介護は施設ケアから在宅ケアに移行していくと予想されます。現在、団塊世代が後期高齢者となる2025年に向けて、高齢者ができる限り住み慣れた地域で生活するための「地域包括ケアシステム」の体制構築が進められています。また、人生の最期を迎える人口は2040年に年間168万人に達すると予測されており、終末期のケアを支えるのは病院だけではなく、今後は地域・在宅で看取るための仕組みづくりが重要になります。
 在宅ケアは1人の患者・要介護高齢者に対して、地域の診療所や調剤薬局、介護事業者などが情報を共有しながら連携し、適切な医療、介護、生活支援サービスなどをシームレスに提供する必要があります。一方で、多職種による情報共有・連携や在宅医療・在宅介護業務を支援するシステムは、情報共有の方法、システム同士の接続性、セキュリティなど、まだ多くの課題を抱えています。
 この調査は、在宅をキーワードとする医療と介護の情報共有・連携および在宅医療・介護業務を支援する企業・製品・サービスを調査し、今後の地域医療・在宅ケアを担う支援システムやICTソリューションの将来展望を俯瞰しました。

■ポイント■
・注目企業・製品・サービスのトレンド、モバイル・タブレット端末、
 クラウド、SNSなどのサービス形態、マーケティング戦略、課題と市場展望
・在宅ケアを担う医療機関・介護事業者・調剤薬局が直面する課題、
 支援システムへのニーズと、対応ソリューションの動向
・医療・介護の情報共有・多職種連携、地域包括ケアの体制構築に向けた
 ICT市場の現状と今後の展望を俯瞰する

-CONTENTS-

はじめに

調査概要

<1>調査結果の要約
1.総括
2.在宅ケア支援システムの定義と範囲
3.市場規模の推計・予測
4.主な参入企業および製品一覧
5.市場環境と行政動向
6.ヒアリング調査の結果
7.顧客ニーズと対応製品・ソリューションの動向
8.全国の多職種連携の事例

<2>ヒアリング調査の結果(1):多職種連携システム
1.(株)エイル
2.NTTアイティ(株)
3.エヌ・デーソフトウェア(株)
4.(株)カナミックネットワーク
5.コニカミノルタヘルスケア(株)
6.(株)ストローハット
7.ソフトブレーン(株)
8.ソネット(株)
9.パナソニックヘルスケア(株)
10.東日本電信電話(株)
11.富士通(株)
12.(株)ヘルスケアリレイションズ
13.メディカルアイ(株)
14.(株)ワイズマン

<3>ヒアリング調査の結果(2):在宅業務支援システムほか
1.(株)エス・エム・エス
2.サンシステム(株)
3.(株)ズー
4.テルモ(株)
5.ホームネット(株)

<4>他の参入企業の動向(1):多職種連携システム
1.(株)アイソル
2.サンテン(株)
3.帝人ファーマ(株)
4.東芝情報システム(株)
5.新見地域在宅医療支援システム研究会
6.(株)日立産業制御ソリューションズ

<5>他の参入企業の動向(2):在宅業務支援システムほか
1.(株)アポロシステム
2.(株)アルファシステム
3.(株)eWeLL
4.いきいきメディケアサポート(株)
5.エムウィンソフト(株)
6.カシオ計算機(株)
7.(株)カーネル
8.(株)コンダクト
9.(株)CEK
10.(株)ジャニス
11.(株)スマート
12.セントワークス(株)
13.都築電気(株)
14.(株)ナルコーム
15.(株)日本ケアコミュニケーションズ
16.(株)富士データシステム
17.(株)プラスワン
18.(株)ユニコン

<6>参考資料(保健・医療・介護分野 統計データ集)
1.人口構造の今後の変化と社会の高齢化
2.高齢世帯数の将来推計
3.社会保障給付費の将来推計
4.医療費の動向
5.医療施設数の動向
6.医師数・歯科医師数の動向
7.薬局の動向
8.介護保険サービスの利用者数・費用額の動向
9.介護保険サービスの事業所数・従事者数・利用者数の動向

■調査対象■
1.市場動向
 ・市場動向:
  在宅ケア支援システムの定義と範囲、市場規模の推計・予測、
  主な参入企業および製品一覧、市場環境と行政動向、
  顧客ニーズと対応製品・ソリューションの動向、全国の多職種連携の事例
 ・企業動向:
  参入企業による製品/サービスの概要・特徴、ターゲット、
  規模・実績、プロモーション戦略、今後の展開
2.企業・製品・サービス動向
【ヒアリング調査】(19件)
(1)多職種連携システム:
   エイル、NTTアイティ、NDソフトウェア、カナミックネットワーク、
   コニカミノルタヘルスケア、ストローハット、ソフトブレーン、ソネット、
   パナソニックヘルスケア、東日本電信電話、富士通、
   ヘルスケアリレイションズ、メディカルアイ、ワイズマン
(2)在宅業務支援システム:
   エス・エム・エス、サンシステム、ズー、テルモ、ホームネット
【文献調査】(24件)
(1)多職種連携システム:
  アイソル、サンテン、帝人ファーマ、東芝情報システム、
  新見地域在宅医療支援システム研究会、日立産業制御ソリューションズ
(2)在宅業務支援システム:
  アポロシステム、アルファシステム、eWeLL、
  いきいきメディケアサポート、エムウィンソフト、カシオ計算機、カーネル、
  コンダクト、CEK、ジャニス、スマート、セントワークス、都築電気、
  ナルコーム、日本ケアコミュニケーションズ、富士データシステム、
  プラスワン、ユニコン

■調査項目■
1.企業概要
2.製品名称
3.製品・サービスの概要
4.開始時期
5.開発経緯・着眼点
6.ターゲット
7.提供形態
8.システム構成・機能・メニュー
9.特徴・メリット
10.価格体系
11.規模・実績
12.プロモーション戦略
13.顧客動向
14.課題と今後の展開
15.市場動向・市場展望

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850