SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0502

2012年版 世界のバイオ医薬品受託製造企業の現状と将来展望

出版日 2012年2月
価格
印刷タイプ 126,000円(税込)
ページ数 A4判 220ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 バイオ医薬品の開発は現在の医薬品開発の主流であり、市場も急拡大しています。バイオ医薬品の開発の際の大きな課題の1つは製造設備・技術であり、低分子医薬品とは異なった戦略が要求されます。
 本書において調査対象としたバイオ医薬品受託製造企業は、遺伝子組み換え、細胞融合、動物細胞・微生物培養などからなるバイオテクノロジー技術をベースに、バイオ医薬品を受託製造することを主たる事業として展開している企業で、BCMO(Biopharmaceutical Contract Manufacturing Organization)と呼ばれています。
 通常、大手医薬品メーカーにおいてもバイオ医薬品の研究開発を行う場合、BCMOに製造委託することが主流となっております。これは開発初期から製造に関する技術・設備投資を行う必要がないため、製薬企業にとってリスク回避・開発効率アップにつながります。
 さらにバイオ医薬品受託製造企業にとってはバイオシミラーなど新規バイオ医薬品以外の市場も期待できます。
 今回、世界におけるバイオ医薬品製造企業の最新動向や企業のアライアンス動向、市場動向などを調べ、バイオ医薬品開発のための有用な情報を提供します。今後BCMO企業にアウトソーシングを考える製薬企業様、新たにBCMO市場に参入を考える企業様の事業戦略にお役に立てていただけましたら幸いです。

■ポイント■
・バイオ医薬品(タンパク質・核酸・ペプチド)受託製造企業の企業動向
・バイオ医薬品受託製造ビジネスの市場規模/
製造技術の特徴や各社実績・提携関係
・海外主要企業36社を中心に、世界の動向を紹介

-CONTENTS-
はじめに
調査概要
調査対象企業

<1>総括
1.定義
(1)バイオ医薬品の定義
(2)バイオ医薬品受託製造企業とは
2.バイオ医薬品受託製造企業の役割
(1)バイオ医薬品受託製造企業の役割
(2)バイオ医薬品受託製造のメリット
3.バイオ医薬品受託製造業務の特徴
(1)タンパク質医薬品
 ・製造工程
 ・生産系
(2)ペプチド医薬品
(3)核酸医薬品
4.市場
(1)全体市場
(2)タンパク質医薬品
 ・市場規模・市場動向
 ・企業によるシェア
 ・培養槽の総容量
(3)ペプチド医薬品
 ・市場規模・市場動向
 ・企業によるシェア
(4)核酸医薬品
 ・市場規模・市場動向
 ・企業によるシェア
5.企業動向
(1)タンパク質医薬品
 ・注目企業(Lonza・Boehringer Ingelheim・Celltrion)の業績
 ・新規参入企業の動向
(2)ペプチド医薬品
(3)核酸医薬品
6.将来展望
(1)タンパク質医薬品
 ・新規タンパク質医薬品市場の拡大
 ・バイオシミラー市場への期待
(2)ペプチド医薬品
 ・大型品の特許切れジェネリックペプチドの販売
 ・ペプチドの用途拡大
 ・新興国のペプチド医薬品を扱う受託製造企業の台頭
(3)核酸医薬品

<2>調査結果一覧
1.タンパク質医薬品
(1)会社概要
(2)受託可能業務
2.ペプチド質医薬品
(1)会社概要
(2)受託可能業務
3.核酸医薬品
(1)会社概要
(2)受託可能業務

<3>企業個票編
1.タンパク質医薬品
 ・3P Biopharmaceuticals
 ・Abbott Laboratories, Inc.
 ・A-Bio Pharma Pte Ltd.
 ・Alpha Biologics
 ・Angel Biotechnology Holdings Plc
 ・Asahi-grass co, Ltd.
 ・Boehringer Ingelheim
 ・Celltrion, Inc.
 ・CMC Biologics
 ・Cobra biologics
 ・Cook Pharmica LLC
 ・Cytovance Biologics, LLC
 ・Eden Biodesign Ltd.
 ・Fujifilm Diosynth Biotechnologies
 ・Gallus Biopharmaceuticals, LLC.
 ・Goodwin Biotechnology, Inc.
 ・KBI Biopharma, Inc.
 ・Laureate Biopharmaceutical Services, Inc.
 ・Lonza Group AG
 ・Pacific GMP
 ・Paragon Bioservices
 ・ProBioGen AG
 ・Royal DSM N.V.
 ・Samsung BioLogics
 ・Sandoz International GmbH
 ・SynCo Bio Partners B.V.
 ・Toyobo Biologics Inc.
 ・Yokohama BioReserch & Supply, Inc.
2.ペプチド医薬品
 ・Bachem AG
 ・BCN Peptides S.A.
 ・Jupiter Bioscience
 ・PolyPeptide Group
3.核酸医薬品
 ・Agilent Technologies, Inc.
 ・Avecia Biotechnology Inc.
 ・BioSpring GmbH
 ・Girindus AG

■調査項目■
 ・会社概要
 ・バイオ医薬品受託製造事業(受託可能業務、窓口、生産・研究拠点)
 ・バイオ医薬品への取り組み
(事業概要、製造施設・設備、実績、注目技術)など

■本書のポイント■
2010年のBCMO全体の市場規模は、34.0億ドル(約2,750億円)
【タンパク質医薬品】
 2010年のタンパク質医薬品を扱うBCMOの市場規模は26.5億ドル(約
2,100億円)である。同市場は2008年以降 年率5~10%で成長する
と予測されていたが、2008年以降ほぼ横ばいの数字で推移している。この理
由として、2008年9月以降のリーマンショックおよび欧州金融危機が大きく
影響を与えたと考えられる。BCMOの主な顧客として、バイオ医薬品開発段階
の中小バイオ医薬品企業、バイオベンチャーが挙げられる。世界全体の経済状況
の悪化により、これらの企業の経営の不安定化が起き、受託製造の延期や遅延が
もたらされ、BCMOの売上の減少に繋がったと見られる。

【ペプチド医薬品】
 2010年のペプチド質医薬品を扱うBCMOの市場規模は6.0億ドル(約4
80億円)である。ペプチド医薬品の受託製造市場は2008年度から微減傾向
となっており、2010年度でおよそ6億ドル程度であると推測される。微減傾
向である主な理由は新興企業の登場による受託価格の低下、合成技術の向上によ
る受託単価の下落などが挙げられる。

【核酸医薬品】
 2010年の核酸医薬品を扱うBCMOの市場規模は1.5億ドル(約120億
円)である。核酸医薬品の開発候補品は増加傾向にあるものの、受託製造市場の
けん引となる製品化に至っているものがほとんどなく、市場も伸び悩んでいる。
特にここ数年は大型品の開発中止やRocheなど大手製薬企業の核酸医薬品
開発からの撤退によってさらに厳しい状況に置かれている。

将来展望
【新規タンパク質医薬品市場の拡大】
 2010年の世界の医薬品市場は約8,500憶円と見られるが、そのうちタン
パク質医薬品市場は2010年で1,400億円に上る。また、医薬品上位13
品目においてタンパク質医薬品は6品目ランクインしているが、これら6品目は
2009年~2010年の間で年率16%を誇る成長率を示している。
既存の医薬品市場の伸びが頭打ちとなる中、バイオ技術を活用した、従来にない
効き目の新薬が期待されており、今後、製薬企業はバイオ医薬品の創薬研究に一
層資源を集中させることが予想される。

【バイオシミラー市場への期待】
 第1世代のタンパク質医薬品、第2世代の抗体医薬品が、続々と特許切れを迎え
ている。これらのバイオ医薬品はブロックバスターとなっており、市場性が非常
に高い。そのため、世界的なバイオシミラーの開発競争が進められている。
バイオシミラーへの参入には、バイオ医薬品製造のための施設・設備、人員、経
験等が必要である。そのためBCMOがバイオシミラーの受託製造を担う事例も
増加しており、BCMO市場の拡大要因となっている。一方、拡大するバイオシ
ミラー市場を見越して、BCMO自身が戦略的にバイオシミラー開発事業そのも
のに参入するケースも増えている。

【ペプチド質医薬品への期待】
 ペプチド医薬品受託製造市場の展望については、ペプチド医薬品の開発が積極的
に行われていることから今後は順調に市場拡大していくものと思われる。特に以
下の3点が市場拡大の大きなポイントとなる。
 ・大型品の特許切れによるジェネリックペプチドの販売
 ・ペプチドの用途拡大
 ・新興国のペプチド医薬品を扱う受託製造企業の台頭

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850