SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0422

2010-11年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第2巻

-準大手・中堅編-

出版日 2011年2月
価格
印刷+PDFタイプ 147,000円(税込)
印刷タイプ 115,500円(税込)
PDFタイプ 115,500円(税込)
ページ数 A4判 460ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■ポイント■
・国内準大手・中堅・兼業の製薬企業31社の事業動向を徹底調査!
 2011年1月末までの最新情報を掲載!
・09年度は薬価改定がなかったことやM&A効果により、概ね順調に推移。
・中堅クラスは、後発品(バイオシミラー含む)事業に傾注。
GE薬改善組と悪化組が明確に。改善組代表の日本ケミファは、GE薬売上げが
医薬品売上比67%を占めるまで拡大。ここ数年の利益ダウンからも脱却し、
GE薬で利益創出するビジネスモデルを構築。
・科研製薬は増収増益。杏林製薬は過去最高売上・利益を達成。
明治製菓もGE薬事業が順調に成長。
富山化学工業を買収した異業種の富士フィルムはGE薬新会社が本格稼動。
・合弁会社設立によりGE事業に注力するあすか製薬は、大幅利益ダウンを継続。
・バイオシミラー(BS)市場参入企業が急増。JCRとキッセイ薬品は、
国産初のエリスロポエチンBSを投入。G-CSF製剤BSは、
興和テバと日本化薬、持田製薬と富士製薬とがそれぞれ共同開発。日本化薬は、
抗がん剤GEを手掛けると伴に、抗体医薬後発品へも参入可能性あり。
・10年度より試行導入された新薬価制度「新薬創出加算」が今後のキーを握る?

-CONTENTS-
■調査項目■
1.会社概要
2.業績分析
(1)業績推移
(2)医薬品部門販売高構成比
 ・薬効別販売高構成比
 ・医薬品売上高上位5品目
3.会社組織図
<国内のグループ企業>
4.近年の主要動向
5.事業動向
6.研究開発戦略
(1)研究開発のコンセプト
[注力分野]
(2)研究開発組織
(3)研究開発フロー
(4)研究所
(5)研究開発提携関係
臨床開発
基礎研究
7.海外戦略
(1)海外戦略の現状と今後
(2)海外の拠点一覧
8.販売戦略
9.医薬品承認薬一覧
10.治験薬一覧
11.治験薬個票

■掲載企業■(31社掲載)
旭化成ファーマ、味の素製薬、あすか製薬、宇部興産、化血研、科研製薬、
キッセイ薬品工業、杏林製薬、クレハ、興和・興和創薬、三和化学研究所、
ゼリア新薬工業、千寿製薬、ツムラ、帝人ファーマ、テルモ、トーアエイヨー、
富山化学工業、日本化薬、日本ケミカルリサーチ、日本ケミファ、日本新薬、
日本臓器製薬、日本たばこ産業、久光製薬、扶桑薬品工業、丸石製薬、マルホ、
明治製菓、持田製薬、ヤクルト本社

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850