SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02J0143

オーガニック化粧品に関する調査

~スキンケア化粧品におけるオーガニック化粧品の使用は 1割未満だがオーガニック化粧品への興味度は4割強~

出版日 2011年5月
価格
PDF(報告書+ローデータ) 94,500円(税込)
PDF(報告書) 84,000円(税込)
ページ数 A4判 196ページ
発行<調査・編集> (株)クロス・マーケティング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 購入者が個人の利用目的だけではなく、エコロジーや地球環境への影響を考慮した上で商品を選択して購入する傾向は以前からありましたが、近年その傾向を指す言葉が細分化されてきています。
 「ロハス」、「オーガニック」、「エコ」、「ビオ」などがその代表的な例です。
 それぞれに意味の違いはありますが、毎日使用するものだからこそ安心・安全なものを使用したい、また、環境に負担をかけない生活を目指す、そのような精神や要望に基づいた商品が数多く出回っております。
 当レポートでは、数ある自然派志向・環境配慮型商品の中から化粧品分野に注目しました。肌への負担がかからない化粧品としましては、「自然派化粧品」や「ドクターズコスメ」といったジャンルもありますが、今回は「オーガニック化粧品」を中心にアンケートをとりました。
 肌アレルギーのある方や、肌への優しさに配慮してオーガニック化粧品を好んで選択する人も増えています。どのようなきっかけでオーガニック化粧品を利用し始めたのか、実際に利用してみてどのようなメリットがあったのか、今後も利用し続けるかどうか、といった基本的な利用状況以外にも、オーガニックな生活についてどう思うか?といった生活スタイルに関するアンケートも含めて調査を行いました。
 オーガニック化粧品は今後も市場を拡大していくのか、一般的な化粧品の愛用者を取り込んでいくにはどういう方法があるのか、などをご参考いただければと存じます。

-CONTENTS-
調査概要
調査のまとめ

【スクリーニング調査結果】
1.スキンケア化粧品の使用実態
(1)スキンケア化粧品の使用有無
(2)現在使用しているスキンケア化粧品
(3)現在使用しているスキンケア化粧品の種類
(4)オーガニック化粧品の使用有無
(5)スキンケア化粧品の使用期間
(6)普段使用するスキンケア化粧品は決まっているか
(7)スキンケア化粧品を替えるきっかけ
(8)スキンケア化粧品を最もよく購入する場所
(9)スキンケア化粧品購入時の参考情報
(10)スキンケア化粧品購入時の重視点
(11)スキンケア化粧品購入価格帯
(12)スキンケア化粧品の購入限度額
(13)スキンケア化粧品に費やす金額増減傾向
(14)現在使用中のスキンケア化粧品の満足度
(15)現在使用中のスキンケア化粧品の満足点
(16)現在使用中のスキンケア化粧品の非満足点
2.スキンケア化粧品に求める効能
3.今よりも肌がきれいになりたいと思っているか
4.肌のために気をつけていること
5.オーガニック化粧品について
6.回答者のプロフィール

【本調査の結果 オーガニック化粧品を現在使用している層】
1.オーガニック化粧品を使用したきっかけ
2.主に使用しているオーガニック化粧品のブランド名
3.使用しているオーガニック化粧品の継続意向
4.使用しいているオーガニック化粧品をやめる理由
5.オーガニック化粧品の使用に関してあてはまること
6.オーガニック化粧品を使用し始めてから実感したこと
7.オーガニック化粧品のイメージ
8.購入したいと思うオーガニック化粧品のキャッチフレーズ
9.好ましいオーガニック化粧品の成分
10.オーガニックの原産地として思い浮かぶ国
11.オーガニック化粧品を使用し始めてから環境に配慮した商品や
オーガニック商品の購入機会の増減傾向
12.オーガニック化粧品・オーガニック生活に対する感想
13.回答者のプロフィール

【本調査の結果 オーガニック化粧品を現在使用していない層】
1.オーガニック化粧品を使用したきかっけ
2.オーガニック化粧品の使用期間
3.主に使用していたオーガニック化粧品のブランド名
4.オーガニック化粧品を一時使用していたが、使用をやめた理由
5.オーガニック化粧品の使用意向
6.オーガニック化粧品のイメージ
7.購入したいと思うオーガニック化粧品のキャチフレーズ
8.好ましいオーガニック化粧品の成分
9.オーガニックの原産地として思い浮かぶ国
10.オーガニック化粧品・オーガニック生活に関する感想
11.回答者のプロフィール

【調査トピックス】
 ・各スキンケア化粧品別のオーガニック化粧品の使用率は、
いずれのアイテムの2%前後であり、使用者はまだまだ少ない状況。
 ・スキンケア化粧品は、いずれも「一般的な化粧品」が主流。
  オールインワンタイプのみ「ドクターズコスメ」が3割弱と他と比較して高い。
 ・現状、オーガニック化粧品を使用している比率は4.8%とまだまだ少ないが、
オーガニック化粧品への興味度合は4割強(42.6%)、
使用経験については2割弱(16.1%)の状況。

【調査対象】
<スキンケア化粧品>
化粧水/洗顔料/クレンジング/乳液/美容液/クリーム/
日焼け止めクリーム/パック/オールインワンタイプ

<スキンケア化粧品の種類>
一般的な化粧品/自然派化粧品/ドクターズコスメ/オーガニック化粧品/
日本酒成分配合の化粧品/大豆成分配合の化粧品

<オーガニック化粧品対象ブランド>
 ・ジュリーク(Jurlique)
 ・ニールズヤード レメディーズ(Neal’s Yard Remedies)
 ・アヴェダ(AVEDA)
 ・アグロナチュラ(Agronatura)
 ・マークス & ウェブ(MARKS & WEB)
 ・オリジンズ オーガニックス (Origins Organics)
 ・Dr.ハウシュカ(Dr.Hauschka)
 ・アムリターラ(AMRITARA)
 ・ドゥー・オーガニック(do organic)
 ・ヴェレダ(WELEDA)
 ・無印良品スキンケア オーガニックシリーズ

■調査手法■
ネットリサーチ

■調査対象者■
(株)クロス・マーケティング保有モニターの中から全国の20歳以上の女性
本調査対象者の条件:
【A系列】オーガニック化粧品を現在使用している層
【B系列】オーガニック化粧品を現在使用していない層

■実施期間■
2011年1月18日~1月20日

■有効回答数■
スクリーニング 6,855サンプル
本調査
【A系列】 オーガニック化粧品を現在使用している層
20代、30代、40代、50代、60代以上各年代45サンプル
計225サンプル
【B系列】 オーガニック化粧品を現在使用していない層
20代、30代、40代、50代、60代以上各年代45サンプル
計225サンプル

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850