SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02G0213

「クルマ×最先端技術」による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/ 自動車業界の未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編~

出版日 2014年11月
価格
CD-R(PDF)タイプ 102,600円(税込)
ページ数 389ページ
発行<調査・編集> (株)ESP総研

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

≪業界・分野別×未来予測シリーズ≫
~"クルマ×最先端技術"がもたらす近未来市場(社会)創造、
  最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に
  与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化
  ≪総括絵14枚、個票絵304枚≫~

■概要■
 "クルマ・自動車"業界は、今後20年でいったいどのように変わるのか?イノベーション(変革)ポイントをしっかり捉え、1シーン毎に直感的に分かりやすくイラスト(未来絵)化&未来予測して欲しい!こうしたリクエスト(声)を数多くの方々から頂いた。
 特に、自動車メーカーまたは関連会社の研究開発部門の方々、自動車メーカーまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ(製品・部品)を提供する企業の皆さまからである。
 今や「イノベーション(変革)」が各業界・分野毎に叫ばれている時代。その「イノベーション(変革)」によってどのような未来が創造されるのか?先端技術調査や業界キーマンへの多面的なインタビューを通じて、5年後、10年後、20年後の未来を予測し、来るべき社会の未来像を可視化・イラスト化(未来絵 化)することが求められている。
 こうした声を受けて、ESP総研ではVer.1となる『"クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編~』を2013年7月16日に発刊したところ、予想を超える反響で、数多くの方々から当該レポートの申し込み(注文)を頂いた。また、「毎年必ず更新していって欲しい」といったリクエストも同時に頂いたことから、この度Ver.2となる"クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編~を発刊することとなった。
 Ver.1と同様、「車×未来」「自動車×未来」「運転 未来×車」「燃料 未来×車」「交通 未来×車」「未来技術×車」といった6分野を中心に徹底的に最先端技術調査を実施し、その中で、時間軸で見て「未来カットシーン」「最先端カットシーン」など尖がっている「観点」については網羅的に全てを抽出した。
 重視した抽出条件は、「将来、自動車メーカーまたは関連会社の研究開発に役立つかどうか?」「将来、自動車メーカーまたは関連会社に対してソリューションやサービス、プロダクツ(製品、部品)を提供する企業にとって役立つかどうか?」「時間軸で見て、最先端 あるいは 近未来・遠未来のシーンかどうか?」「斬新さ(サプライズ)があるかどうか?」「観点の鋭さ=尖がっているかどうか?(製品開発や技術開発に役立つかどうか?)」「気づき・アイデア」となっているか?などである。これらのハードルをクリアした「観点」(ユニークで斬新な観点)は網羅的に全て抽出した。
 今回、ESP総研では総力を結集して"クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編~レポート("クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測~未来絵 編~Ver2.)を刊行するに至ったが、当該調査&未来絵制作を担当した伊藤 伸隆によれば、以下の調査&未来絵(イラスト化)制作 所感を述べているので、参考にして頂きたい。
 2013年8月~2014年10月までの期間に限定して調査追加調査を行ってみて、
 車両技術に関しては、デジタルと、クラウドを主軸にした開発・研究が盛んであることが伺える。それらのデータを活用することにより「見えないはずのモノが見える」ようになり、今後も運転手の視界はさらに拡張することになるだろう。また、車両の安全面に関してもレーダーの高性能化に伴い、認識範囲・精度の向上に加え、クラウドデータに対する貢献・活用に注目が集まっている。
 モビリティに関しては、近年、より具体的な取り組み内容が発表されると共に、試験的な導入が始まっている。今後は導入できるシーンの模索が進むのと同時に、どんどんとモビリティが現実社会で活用されることになるだろう。全自動運転に関しては、各地での研究・開発・実験が盛んに行われ、より具体的になり、現実的な技術となってきた。それに伴い、全自動運転により起きる車内環境など、全自動運転が実現する前提での変化が注目されている。
 エネルギーに関しては、次世代型エネルギーの開発が継続して行われながら、同時に、自動車の枠を超えてそれらのエネルギーを社会で活用するためのあり方に注目が集まっている。"クルマ×最先端技術"の調査を通じて、未来のビジョンとしては「高齢化問題」「環境問題」「生活モデルの多様化」の3点が最重要課題と改めて認識した。近年、それらの取組みに対応するべく様々な研究が進められている。
 2013年7月16日時点での『"クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2013‐2033≫~未来絵 編~』Ver.1レポートでは以下のような点について言及していた。
 まず「高齢化問題」を挙げていた。「高齢化問題」のキーワードは「安全」と「自動化」であった。高齢化が加速する現代では、高齢者の認知・判断・操作におけるヒューマンエラーを自動補助する「自動危険回避機能」が注目されていた。また、ITS技術などによる路車間通信、車同士による車車間通信による通信技術は、人間に認知できない危険を安全に回避するための技術であった。既に運転の一部では人間の代わりに「機械が認知・判断・操作」をしていた。これらの機械が担当する「人間を補助する」役割は、今後、さらに幅を拡げるだろうとしていた。近い未来では「機械の運転操作を人間が補助」していくこととなるだろうとしていた。それらの自動補助技術の最終形態として存在するのが「完全自動運転」であった。
 次に「環境問題」についても挙げていた。「環境問題」のキーワードは「車体の軽量化」と「次世代燃料」であった。車体の軽量化については「車体の新素材」による軽量化、必要最小限の人数で利用する「小型化」などが進んでいた。さらに近年注目を集めている「モビリティ」は、既に一般の普及が済んだ「自動車」といった概念を一新し、新しい市場を作り出す狙いもあった。また、近年注目されている「カーシェアリング」の考え方により、個人が自動車を所有するといった事自体が無くなる可能性があるとしていた。今後の自動車は企業などの団体単位が所有する「モノ」に変わっていくかもしれないとのことであった。
 そして燃料については「環境性能」と「枯渇しない永続性」が求められてるとしていた。「有限で、環境を汚染する化石燃料」の利用は控える流れにあった。逆に、太陽光や酸素、水素などの自然エネルギーの利用が主流となるだろうとしていた。また、「食料問題」と競合しない第二世代のバイオ燃料の研究が急がれているとしていた。近年のトウモロコシやサトウキビなど、食料を燃料とする第一世代のバイオ燃料では食糧難の時代を乗り切れないからであった。世界では「無限で、環境を汚染しないエネルギー」が求められているとしていた。
 最後に「生活モデルの多様化」を挙げていた。「生活モデルの多様化」によって「生活に車が必要」といった、一元的な時代は終わりを迎えた。そのため、近年は「若者の車離れ」が騒がれているとしていた。それらの問題解決のキーワードとなるのが「クラウドデータ」や、AR・MR・VRといった「仮想現実」ではないだろうかとのことであった。「クラウドデータ」を導入することで、自動車といった垣根を越えた「生活の補助」が可能となる。それに伴い、自動車自体が活躍するのではなく、自動車を窓口とした様々なサービス展開が既に始まっているとしていた。これからは自動車を売るのではなく、自動車を売った後の利便性を追求・提供する時代なのかもしれないと言及していた。
 「仮想現実」においては、生活モデルの多様化により細分化された、個々の利用者の趣味嗜好に最適なエンターテイメントを提供する事が可能となるとしていた。これからは「統一化されたブランドの自動車」ではなく、「利用者の個性溢れる世界で唯一のマイカー」が求められているとしていた。未来に向けて、企業、団体に限らず、個人に至るまで、幅広く様々な研究が進められているが、その姿形を変えることはあっても、自動車といった概念が無くなることは無いなと、本調査において強く感じた次第であった。
 皆さまからの強い期待とリクエストによって、ようやく"クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2014‐2034≫~未来絵 編~をレポート化することとなったが、この調査報告書が「クルマ×未来予測」「自動車業界×未来予測」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

-CONTENTS-

~"クルマ×最先端技術"がもたらす近未来市場(社会)創造、最先端技術調査から(観点)抽出できた極めて斬新なシーンが市場(社会)に与えるインパクトを厳正に抽出・マージ&融合・イラスト化(総括絵14枚、個票絵304枚)~

<1>総括 編
 ・拡大する車の活動範囲
 ・多様化する車のありかた
 ・進化する車の利便性
 ・コ・モビリティ社会
 ・車社会の安全性
 ・運転を補助する技術
 ・進化する交通
 ・ITSを利用した街作り
 ・自動運転
 ・未来の燃料
 ・未来のエネルギー活用
 ・MRの利用

<2>個票 編
【「自動車業界×未来予測」 2014年追加分】
1.「自動車業界×未来予測」車両技術
 ・車両技術:ハンドルセンサー
 ・車両技術:wi-fiスポット
 ・車両技術:運転手の気分によって変わる車体
 ・車両技術:デジタル機器
 ・車両技術:体重移動操作
 ・車両技術:撥水塗装
 ・車両技術:超音波ワイパー
 ・車両技術:雪・氷落としワイパー
 ・車両技術:レーザーハイビームランプ
 ・車両技術:スマートルームミラー
 ・車両技術:スマートボンネット
 ・車両技術:タイヤ警報システム
 ・車両技術:金属化合物
 ・車両技術:福祉車両(車椅子のまま運転)
 ・車両技術:福祉車両(車椅子からの乗降補助)
 ・車両技術:福祉車両(福祉サービス利用)
2.「自動車業界×未来予測」モビリティ
 ・モビリティ:自動車とモビリティによる都市の二重構造化
 ・モビリティ:体重移動制御(オフィス)
 ・モビリティ:体重移動制御(商業施設)
 ・モビリティ:体重移動制御(館内)
3.「自動車業界×未来予測」安全
 ・安全:単眼カメラ
 ・安全:危険エリアの見える化
 ・安全:プレディクティブフォワードコリジョンワーニング
 ・安全:高解像度ドライブレコーダー
 ・安全:災害発生時に通行実績情報
4.「自動車業界×未来予測」運転技術
 ・運転技術:リアクティブフォースペダル
 ・運転技術:自動駐車
 ・運転技術:どこでも操作可能な端末
 ・運転技術:過去の運転映像
 ・運転技術:行動予測
 ・運転技術:クラウド連動
 ・運転技術:仮想化
 ・運転技術:人工知能
 ・運転技術:足だけで運転操作
 ・運転技術:両腕だけで運転操作
5.「自動車業界×未来予測」ITS
 ・ITS:右折時衝突防止システム
6.「自動車業界×未来予測」全自動運転
 ・全自動運転:全自動運転の車内
 ・全自動運転:外付け全自動走行機
7.「自動車業界×未来予測」燃料・エネルギー
 ・燃料・エネルギー:塩水
 ・燃料・エネルギー:レンジエクスデンター
 ・燃料・エネルギー:太陽光発電とペダル発電のハイブリッド車
 ・燃料・エネルギー:ディマンドリスポンス
 ・燃料・エネルギー:水素ステーション
 ・燃料・エネルギー:施設に対する公用車の充電機能
 ・燃料・エネルギー:公共施設へ充電
 ・燃料・エネルギー:燃料費の会員制
8.「自動車業界×未来予測」その他
 ・その他:新しいグループ保険
 ・その他:走行情報連動型の保険

【「自動車業界×未来予測」 2013年既存分+2014年追加分】
1.「自動車業界×未来予測」車両技術
 ・空陸両用車両(通勤)
 ・空陸両用車両(出張)
 ・空陸両用車両(運送業界)
 ・空陸両用車両(駐車スペース)
 ・空陸両用車両(渋滞)
 ・空陸両用車両(観光ツアー)「1」
 ・空陸両用車両(観光ツアー)「2」
 ・空陸両用車両(人身事故の減少)
 ・空陸両用車両(僻地での利用)
 ・空陸両用車両(災害時)
 ・水陸両用車両(災害時)
 ・水陸両用車両(災害救助時)
 ・水陸両用車両(消防)
 ・水陸両用車両(潜水)
 ・線路・道路両用車両
 ・ホバー車両
 ・自作自動車
 ・超小型自動車
 ・超小型自動車(地産地活)
 ・超小型自動車(用途に応じたデザイン)
 ・小型3輪 電気自動車
 ・転倒しないバイク
 ・子供が運転できる車
 ・WCV(ホイールチェア ビークル)
 ・車体(ディスプレイ)
 ・車体(広告)
 ・折りたたみ自動車
 ・折りたたみバイク
 ・ハイブリッド車(プラグイン)
 ・素材(熱可塑性CFRP)
 ・素材(超高張力鋼板=超ハイテン材)
 ・素材(スチールとアルミの結合)
 ・素材(形状記憶合金)
 ・鍵(キーファインダー)
 ・鍵(スマフォ)
 ・車内(オールインワンシステム)
 ・車内(中立姿勢を応用したドライバーズシート)
 ・車内(マイクログレイン)
 ・車内(高触感内装)
 ・車内(シートベルトマイクロフォン)
 ・車内(AR・後部座席の窓)
 ・車内(Eyes Free)
 ・背面投射(リアプロジェクション)方式車載ディスプレイ
 ・CVT(無段変速機)
 ・次世代ステアリングシステム
 ・次世代ステアリングシステム(デザイン性)
 ・ナルセペダル(突発的な操作)
 ・ナルセペダル(ペダルの踏み間違い防止)
 ・コントロールグリップ(手動運転)
 ・複合現実"MR"(ハンドル)
 ・複合現実"MR"(車両整備支援)
 ・3Dプリンタ(修理)
 ・複合現実<MR>(遠隔車両修理支援)
 ・リサイクル(自動車材料の循環システム)
 ・リサイクル(コンバージョンEV)
 ・ナンバープレート(ご当地ナンバー)
 ・ナンバープレート(デザイン性)
 ・ハンドルセンサー
 ・wi-fiスポット
 ・運転手の気分によって変わる車体
 ・デジタル機器
 ・体重移動操作
 ・撥水塗装
 ・超音波ワイパー
 ・雪・氷落としワイパー
 ・レーザーハイビームランプ
 ・スマートルームミラー
 ・スマートボンネット
 ・タイヤ警報システム
 ・金属化合物
 ・福祉車両(車椅子のまま運転)
 ・福祉車両(車椅子からの乗降補助)
 ・福祉車両(福祉サービス利用)
2.「自動車業界×未来予測」モビリティ
 ・立ち乗り型二輪
 ・立ち乗り型二輪による通勤
 ・パーソナルモビリティ(低速/高速切り替え式)
 ・パーソナルモビリティ(高齢者)
 ・パーソナルモビリティ(着せ替え)
 ・スローモビリティ
 ・スマートモビリティパーク(給電)
 ・スマートモビリティパーク(災害時の電力)
 ・コ・モビリティ社会(移動)
 ・コ・モビリティ社会(買物)
 ・コ・モビリティ社会(医療サービス)
 ・コ・モビリティ社会(交流)
 ・コ・モビリティ社会(会議)
 ・コ・モビリティ社会(全自動×車上販売)
 ・コ・モビリティ社会(安全見回り車)
 ・自動車とモビリティによる都市の二重構造化
 ・体重移動制御(オフィス)
 ・体重移動制御(商業施設)
 ・体重移動制御(館内)
3.「自動車業界×未来予測」安全
 ・衝突防止技術
 ・360度の全方位カメラ
 ・眠気検知技術
 ・表情からの心理状況分析技術
 ・フロントカメラによる危険検知
 ・ヘルプネット
 ・白線検知
 ・ドライバーの認知支援
 ・AT誤発進抑制制御
 ・低速域での前方衝突回避
 ・中速域での前方衝突回避
 ・妊婦用シートベルト装着補助具
 ・インテリジェントスピードアダプテーション(ISA)による住宅街
 ・インテリジェントスピードアダプテーション(ISA)による車車間距離
 ・インテリジェントスピードアダプテーション(ISA)による高速道路出入り口
 ・PAD(一般市民が使用できるAED)
 ・衝突防止技術(バック時)
 ・落下事故防止
 ・歩行者傷害軽減ボディ
 ・横滑り防止
 ・サイドエアバッグ
 ・カーテンエアバッグ
 ・オートライトシステム
 ・オートライトシステム(トンネル内)
 ・全方位運転支援(ディスタンスコントロールアシスト)
 ・複合現実"MR"(光学迷彩による死角表示)
 ・全方位運転支援(レーンデパーチャープリベンション)
 ・全方位運転支援(レーンデパーチャープリベンション)
 ・全方位運転支援(衝突回避支援コンセプト)
 ・全方位運転支援(ブラインドスポットインターベンション)
 ・全方位運転支援(アラウンドビューモニター・駐車ガイド機能付)
 ・全方位運転支援(移動物検知)
 ・単眼カメラ
 ・危険エリアの見える化
 ・プレディクティブフォワードコリジョンワーニング
 ・高解像度ドライブレコーダー
 ・災害発生時に通行実績情報
4.「自動車業界×未来予測」運転補助・運転技術
 ・対話ができる車(ガソリン残量)
 ・対話ができる車(充電残量)
 ・対話ができる車(タイヤの空気圧)
 ・対話ができる車(エコ運転支援)
 ・対話ができる車(車内情報)
 ・対話ができる車(自車情報)
 ・対話ができる車(通話案内)
 ・対話ができる車(カーナビ操作)
 ・対話ができる車(空調操作)
 ・対話ができる車(音楽操作)
 ・AR(ナビゲーション)
 ・AR(ルート表示)
 ・AR(距離表示)
 ・AR(周辺情報)
 ・AR(ターゲットスコープ)
 ・AR(スカウターモード)
 ・AR(ふらつき防止)
 ・AR(信号検知)
 ・AR(スタートアシスト)
 ・AR(速度標識検知)
 ・複合現実"MR"(操作パネル)
 ・複合現実"MR"(TV電話)
 ・手足を使わない脳波による運転
 ・自動演算による運転補助
 ・自動演算による駐車補助
 ・安全運転コーチング
 ・地図差分配信
 ・ワールドワイドなカーナビ
 ・推定航続エリア表示
 ・待ち合わせナビ
 ・アイドリングストップ
 ・プラグインハイブリッドEVシステム
 ・クラウド・ロボカー
 ・Automotive Grade Linux(コンシェルジュ)
 ・Automotive Grade Linux(ディーラーとの情報共有)
 ・Automotive Grade Linux(エアコンの遠隔操作)
 ・Automotive Grade Linux(家の戸締り)
 ・Automotive Grade Linux(スケジュール管理)
 ・Automotive Grade Linux(サービス予約)
 ・Automotive Grade Linux(音楽・映像再生)
 ・感情ナビ(AIDA)
 ・感情ナビ(AIDA2.0)
 ・ドライブレコーダー(事故処理)
 ・ドライブレコーダー(スマフォとの連携)
 ・ドライブレコーダー(GPS + Google Earth)
 ・ドライブレコーダー(映像の共有化)
 ・リアクティブフォースペダル
 ・自動駐車
 ・どこでも操作可能な端末
 ・過去の運転映像
 ・行動予測
 ・クラウド連動
 ・仮想化
 ・人工知能
 ・足だけで運転操作
 ・両腕だけで運転操作
5.「自動車業界×未来予測」交通
 ・大深度地下
 ・ヴァーチャル・ウォール
 ・ラウンドアバウト
 ・ソーラー融雪システム
 ・カーシェアリング
 ・オートメーテッド・ハイウェイ(隊列走行)
 ・オートメーテッド・ハイウェイ(長距離バス)
 ・オートメーテッド・ハイウェイ(長距離トラック)
 ・オートメーテッド・ハイウェイ(インターチェンジ)
 ・ソーシャルシティ・プラットフォーム(趣向)
 ・ソーシャルシティ・プラットフォーム(関係性)
 ・ソーシャルシティ・プラットフォーム(友人)
 ・ソーシャルシティ・プラットフォーム(情報)
 ・ソーシャルシティ・プラットフォーム(買物)
 ・ワイヤレス給電(セミ・ダイナミック)
 ・ワイヤレス給電(ダイナミック)
 ・ワイヤレス給電(給電専用車線)
6.「自動車業界×未来予測」 ITS
 ・インフラ協調システム(車車間通信)
 ・インフラ協調システム(路車間通信)
 ・スマートプレート
 ・信号情報活用運転支援システム
 ・速度標識の自動認識
 ・道路標識の自動認識
 ・渋滞抑制技術
 ・ナビ協調シフト制御
 ・ナビ協調シフト制御(合流退出アシスト)
 ・逆走注意案内
 ・ITS(ドライブスルー)
 ・ITS(キャッシュレス)
 ・ITS(路上駐車の取り締まり)
 ・ITS(渋滞発生源への対処)
 ・ITS(救急車両の位置特定)
 ・ITS(除雪車両)
 ・プローブデータ融合(交通情報)
 ・プローブデータ融合(災害情報)
 ・プローブデータ融合(スリップ警告)
 ・プローブデータ融合(交通量のリアルタイム集計)
 ・プローブデータ融合(災害時情報)
 ・プローブデータ融合(タクシー状況)
 ・プローブデータ融合(道路工事地点のリアルタイム表示)
 ・プローブデータ融合(除雪作業地点のリアルタイム表示)
 ・プローブデータ融合(輸送業界の効率化)
 ・プローブデータ融合(安全運転指導サービス)
 ・プローブデータ融合(ワイパー情報)
 ・プローブデータ融合(停止車両)
 ・プローブデータ融合(渋滞継続時間の把握)
 ・デジタルコミュニケーション(車車間通信)
 ・デジタルコミニュケーション(車車間通信)
 ・デジタルコミニュケーション(車車間通信)
 ・RFIDタグ(人車間通信)
 ・RFIDタグ(自転車車間通信)
 ・右折時衝突防止システム
7.「自動車業界×未来予測」自動運転・全自動運転
 ・自動運転
 ・自動運転による運搬業界
 ・自動運転によるタクシー業界
 ・自動運転によるタクシー運転手
 ・自動運転(隊列走行)
 ・自動運転(高速道路の隊列走行)
 ・自動運転(視覚障害者)
 ・全自動運転の車内
 ・外付け全自動走行機
8.「自動車業界×未来予測」 燃料・エネルギー
 ・電気自動車(量子ドット太陽電池)
 ・電気自動車(非接触式充電)
 ・電気自動車(家庭電力への供給)
 ・電気自動車(全固体電池)
 ・電気自動車(リチウム空気電池)
 ・電気自動車(熱電変換素子)
 ・回生ブレーキ(i-ELOOP)
 ・燃料電池
 ・燃料電池(CNG・圧縮天然ガス)
 ・燃料電池(LNG・液化天然ガス)
 ・燃料電池(寒冷地用)
 ・クリーンディーゼル車
 ・クリーンディーゼル(エアループ)
 ・ハイブリッド車(プラグイン)
 ・ハイブリッド車(レンジエクステンダー)
 ・ハイブリッド車(シリーズパラレルハイブリッドシステム)
 ・天然ガス
 ・バイオ燃料(バイオマス:ミドリムシ)
 ・バイオ燃料(使用済みの植物油)
 ・バイオ燃料(福島の汚染農地再生)
 ・バイオ燃料(砂漠の緑地化)
 ・バイオ燃料(貧困地域の削減)
 ・バイオ燃料(バイオマス:バガス)
 ・バイオ燃料(バイオマス:藻類)
 ・バイオ燃料(バイオマス:稲わら)
 ・バイオ燃料(バイオマス:廃材)
 ・リニアモーターカー
 ・塩水
 ・レンジエクスデンター
 ・太陽光発電とペダル発電のハイブリッド車
 ・ディマンドリスポンス
 ・水素ステーション
 ・施設に対する公用車の充電機能
 ・公共施設へ充電
 ・燃料費の会員制
9.「自動車業界×未来予測」その他
 ・複合現実"MR"(車の営業)
 ・複合現実"MR"(車内の仮想装飾)
 ・複合現実"MR"(遠方の同乗者)
 ・複合現実"MR"(パーツの検討)
 ・複合現実"MR"(ドライブスルー)
 ・Connected Me(鍵)
 ・Connected Me(支払い)
 ・カーシェアリング(Autolib)
 ・カーシェアリング(外国人の観光)
 ・カーシェアリング(テーマパークの駐車場)
 ・カーシェアリング(会社の駐車場)
 ・カーシェアリング(住宅街の駐車場)
 ・カーシェアリング(一戸建ての駐車場)
 ・カーシェアリング(都心の移動)
 ・カーシェアリング(エコ)
 ・カーシェアリング(都心の緑地化)
 ・カーシェアリング(社用車利用)
 ・カーシェアリング(手軽さ)
 ・カーシェアリング(選べる車)
 ・カーシェアリング(車両の更新)
 ・3Dプリンタ(購入側)
 ・3Dプリンタ(販売側)
 ・新しいグループ保険
 ・走行情報連動型の保険

■調査対象■
「クルマ・自動車」分野 全般

■調査方法■
ESP総研専門調査員による最先端技術調査後、
"クルマ×最先端技術"による変革(イノベーション)&未来社会の可視化、
つまり未来絵の制作(総括絵、個票絵)を行った。

■調査&レポート期間■
2014年10月31日(クルマ・自動車×最先端技術調査開始)~
2014年11月3日までクルマ・自動車×最先端技術調査を実施し、
2014年11月18日に未来絵(イラスト)制作(個票絵ならびに総括絵)が
終了した。

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850