SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S19244(AEG)

EV用ワイヤレス給電の最新動向と市場展望

-海外勢の急進にみる日本への示唆
-走行中給電の可能性

開催日時 2019年 8月 1日(木) 午後1時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

早稲田大学 環境総合研究センター 参与
電動車両研究所 招聘研究員

高橋 俊輔(たかはし しゅんすけ) 氏

地球温暖化対策への電気自動車(EV)の普及には充電システムの普及が必要不可欠であるが、ケーブル・コネクタを使った接触式充電装置にはいくつかの課題がある。そこでEVがその上に駐車するだけで充電できるワイヤレス給電システムがあれば、EVへの充電の利便性が高まる。
そこで、その技術の概要を示したうえで、EV用ワイヤレス給電システムの国内外での動向と、なかなか普及が進まない課題を解説する。
一方、海外において急速に普及が進む電動バス用の大電力ワイヤレス給電システムの動向を示したうえで、日本において普及が全く進まない理由を解説する。
その上で、今後の方向性としての走行中給電システムが海外において実用域に達している状況を紹介するとともに、ワイヤレス給電システムの市場規模を予測する。

1.ワイヤレス給電システムとは
2.EV用ワイヤレス給電システムの動向と課題
3.バス用ワイヤレス給電システムの動向と課題
4.今後の方向性~走行中給電~
5.ワイヤレス給電システムの市場規模
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

高橋 俊輔(たかはし しゅんすけ) 氏

1972年 早稲田大学大学院 理工学研究科熱力学専攻博士前期課程修了。
1972年 三井造船 船舶基本設計、水中ロボット開発、メカトロシステム営業、2003年 退職。
2003年 早稲田大学 環境総合研究センター参与 電動バス開発。
2003年 昭和飛行機工業 EV・バス開発、ワイヤレス給電開発、2013年 退職。
2012年 早稲田大学 環境総合研究センター参与兼客員上級研究員 ワイヤレス給電研究。
2014年 京都大学 生存圏研究所研究員 ワイヤレス給電・大電力給電研究、2017年 退職。
2017年 早稲田大学 環境総合研究センター参与兼電動車両研究所招聘研究員 電動車両への給電システムの研究、現在に至る。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850