SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S20381

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降に配信) 
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇
【多チャンネルの不振が続く中、衛星放送の危機は乗り越えられるか? 】

BS放送再編を巡る将来展望

~NHK、スカパー、WOWOW、多チャンネル~

開催日時 2020年 9月30日(水) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 35,200円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 29,700円(税込)
備考 ●西氏の新刊「beyond5Gはインターネットの危機を救えるか」(2020年4月)を謹呈●
会場受講以外の受講方法について詳しくはこちらをご確認下さい。
2020年9月9日「わが国の動画配信の実情と今後の対策」と一括申し込みの場合、ご優待価格にて受付いたしております
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

株式会社オフィスN 代表

西 正(にし ただし) 氏

スカパー、ケーブルテレビともに多チャンネル放送の加入に歯止めがかからない。逆に、ケーブルテレビはNetflix、Hulu、DAZNと提携して、動画配信をケーブルIDを使って請求書の一本化を図るなど、販売意欲は多チャンネルから動画配信に移りつつある。
一方、スカパー、WOWOWの方は、コロナショックで在宅率が高かったにも関わ減少らず、その恩恵を受けたとは言えず、むしろ低調であった。スカパーはプロ野球セットの影響が開幕延期とともに遅れてきただけで、やはり低調なことに代わりはなかった。
そもそも、衛星に打ち上げる必要があるのかといった本質論まで出てくる中で、多チャンネル事業者からすると、ケーブル経由よりも多くの利益を得られる魅力はあるものの、中継器の負担は軽いとは言い難い。スカパーやWOWOWがスタートしたころとは明らかに状況は変わってきている。
さらに、NHKの2KのBSチャンネルの削減を進めることが決まっているが、4Kと8Kしか残らなくなった際に、衛星受信料はどうなるのかという問題があるのと、事実上、NHKを欠いたBS放送に今後の明るい見通しを期待できるのかといった根本的な問題も見え隠れしている。
そうした中で、BS放送の再編が行われることになり、民放連からは4Kチャンネルを3つは増やすよう要請が出されている。3チャンネルも新規に手が挙がってくるとは思えない中で、今後の多チャンネル、衛星放送の将来性について最新情報を提供していくこととしたい。

1.危険水域に入りつつある多チャンネル
2.NHKの衛星受信料についての考え方
3.衛星放送に将来性を見込めるのか
4.BSの再編は予想通りに実現するのか
5.生き残れる事業者はどこか
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

西 正(にし ただし) 氏

1982年 東京大学法学部卒業。同年 三井銀行(現三井住友銀行)入行。1994年 さくら総合研究所メディア調査室長。2001年 日本総研メディア研究センター所長。2003年 現職。
<著書> 『Beyond5Gはインターネットの危機を救えるか』、『4K、8K、スマートテレビのゆくえ』、『地デジ化の真実』、『競合か協調か -メディア企業選択の時』、『IPTV革命 -放送・ネット・モバイルのビジネスモデルが変わる』、 『新メディア進化論 -インターネットに押されるテレビ』、『メディアの黙示録』など多数。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850