SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S20089

中国サイバーセキュリティー法の最新要点

-データ保護等の規制内容の概観と実務対応の重要ポイント-

開催日時 2020年 3月 5日(木) 午後2時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,330円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

中国サイバーセキュリティー法の最新要点

弁護士法人GVA法律事務所・パートナー弁護士

戸田 一成(とだ かずなり) 氏

弁護士法人GVA法律事務所・中国弁護士

李 昱昊(り ゆーはお) 氏

【14:00~17:00】

中国政府は、サイバーセキュリティー戦略を全面推進するために、「中国サイバーセキュリティー法」を制定し、2017年6月に施行されました。同法は、個人データの保護という視点のみならず、国家及び事業者による重要なデータの保護という趣旨も併せ持ち、事業者に対して広い義務を課しており、個人情報及び重要データに対するローカライゼーション規制も設けています。中国に進出している企業のみならず、インターネットを通じて中国国内向けビジネスを行う企業にも対応を求められます。一方、同法のガイドラインの多くは、未だに意見募集稿という形にとどまり、実質的な規制内容の不明確なものが多く残されています。
本セミナーでは、同法の内容を概観するとともに、最新ガイドラインの整備動向を留意しつつ、立法の不明確さの中における実務対応ポイントを交えて解説します。

1.中国サイバーセキュリティー法制定の背景及び立法目的
2.法の全体像及び規制対象事業者
3.日系企業に関係する義務
4.関連ガイドラインにおける最新要点
5.罰則の例
6.事例別・留意すべきポイント
 (1)従業員データ管理にかかる留意点
 (2)ヘルス・テクノロジー企業にかかる留意点
 (3)ECプラットフォーム・インフラ系企業にかかる留意点
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

戸田 一成(とだ かずなり) 氏
2009年 早稲田大学大学院法務研究科修了。2010年 弁護士登録。法律事務所、特許庁、メーカー企業を経て、2016年からGVA法律事務所入所。国内外の数多くの企業の顧問弁護士として法務全般のサポートをしている。
主な業務分野は、IT法務、海外進出、渉外、M&Aなど。
李 昱昊(り ゆーはお) 氏
2009年 中国蘇州大学卒業後、中国で中堅法律事務所に執務。その後、カリフォルニア州立大学デビース校ロースクールで研修、慶應義塾大学法学研究科修士課程修了。2016年 中国での弁護士登録(日本での登録はなし)。2018年 GVA法律事務所入所。
主な業務分野は、日本企業による中華圏進出法務及び対中投資支援、外国企業による日本のビジネス展開への法務支援など。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850