SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
?募集中の企画が全てご覧頂けます?

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
海外調査 競合調査 (各種)No.1調査
セミナー企画運営代行サービス SSK Incubation Manager
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S19241

健康アライアンス“講演会”

~高血圧対策としての、食塩削減・減塩対策の必要性~

健康アライアンス勉強会

~食塩過剰摂取の削減・減塩対策の具体策を考える~

開催日時 2019年 5月23日(木) 午後6時30分~午後7時00分【講演会】
2019年 5月23日(木) 午後7時00分~午後8時45分【勉強会】
            午後9時00分~       【懇親会】
会場 日比谷コンベンションホール 大ホール
東京都千代田区日比谷公園1番4号 日比谷図書館B1F
受講料 Ⅰ. 健康アライアンス“講演会”
  参加費無料

Ⅱ. 健康アライアンス勉強会
  <1>勉強会+懇親会にご参加の方(7,000円)
  <2>勉強会のみご参加の方(3,000円)
  <3>懇親会のみご参加の方(4,000円)
  ※ご参加費は、受付時にお支払いください(領収書あり)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850

講義内容

Ⅰ. 健康アライアンス“講演会”  【18:30~19:00】
[テーマ]
健康アライアンス講演会
 ~高血圧対策としての、食塩削減・減塩対策の必要性~

[内 容]
「健やかな社会」 のためには、健康づくり・スポーツ・介護予防など、
様々な取り組みが行われています。
健康づくりや病気・介護予防の様々な取り組みは、
国民の活動と関係者の努力により成果を見せ始めていますが、
まだいくつかの課題も残っています。その一つが“高血圧”対策であり、
原因となる食塩の摂取量低減や、減塩対策は、
まだまだこれからの感があります。
本講演会では、産・官・学・医の関係者が集い、
我が国の取り組みについて学びます。
お誘いあわせの上、御参集ください。
(特別協力:公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会)

1.開会挨拶 公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会会長 斎藤 敏一

2.講 演  我が国の食塩摂取対策と課題(仮)
厚生労働省 健康局 健康課 武井貞治課長

3.講師プロフィール
平成16年 健康局生活習慣病対策室(がん・循環器病対策)
平成17年 障害保健福祉部企画課(障害者支援)
平成18年 UNAIDSジュネーブ本部(エイズのモニタリング・評価)
平成21年 大臣官房国際課(国際協力
平成24年 医薬基盤研究所(研究振興)
平成27年 医薬・生活衛生局血液対策課課長
平成30年 健康局健康課課長

[日 時]
2019年5月23日(木)18:30~19:00

[会 場]
日比谷図書文化館・日比谷コンベンションホール 地下1階大ホール
千代田区日比谷公園1-4 地下1階大ホール
地図:https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/access/

[定 員]
100名(定員になり次第締め切ります)

[参加費]
 無料
Ⅱ. 健康アライアンス勉強会  【19:00~20:45】
[テーマ]
健康アライアンス勉強会
 ~食塩過剰摂取の削減・減塩対策の具体策を考える~

[内 容]
健やかな社会づくりを目的とする私たちにとって、
“高血圧”対策は重要な課題です。
高血圧の原因となる食塩の摂取量低減や減塩対策については、
所管省庁・自治体や一部の専門家だけ考えるのではなく、
医療・研究・教育・産業等の領域が連携して具体的な活動を継続して
取り組むことが大切です。今回の勉強会では、医療・産業・研究分野の
専門家が集い、食塩摂取量低減と具体的な減塩・脱塩施策の紹介・共有、
および専攻事例について学びます。
健康づくり・食事指導・生活習慣病予防などの関係者は、
同僚・友人など広くお誘いあわせの上、お越しください。
尚、当勉強会はチャタムハウスルールを適用しておりますので、
最下部のルールを御了承ください。
(特別協力:公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会)

尚、5月23日(木)同日 18:30~19:00 減塩対策に関する
“健康アライアンス講演会”を同じ場所で開催します。
厚労省 健康局 健康課より貴重なお話しを賜ります。
参加費は無料ですので、併せて御参加ください。

1.開会挨拶 公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会会長 斎藤 敏一

2.講演① 女子栄養大学 栄養学部      武見ゆかり教授

3.講演② 佐賀大学 医学部 内科学主任教授 野出孝一教授

4.事例紹介・パネルディスカッション
  日本医師会    羽鳥裕常任理事 (モデレーター)
  カゴメ株式会社 自然健康研究部  菅沼大行部長
  キッコーマン総合病院      久保田芳郎院長
  佐賀大学 医学部 内科学主任教授 野出孝一教授
  女子栄養大学 栄養学部      武見ゆかり教授

[日 時]
2019年5月23日(木)19:00~20:45(懇親会21:00~))

[会 場]
日比谷図書文化館・日比谷コンベンションホール 地下1階大ホール
千代田区日比谷公園1-4 地下1階
地図:https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/access/

[定 員]
100名(定員になり次第締め切ります)

[参加費]
 <1>勉強会+懇親会にご参加の方(7,000円)
 <2>勉強会のみご参加の方(3,000円)
 <3>懇親会のみご参加の方(4,000円)
 ※ご参加費は、受付時にお支払いください(領収書あり)

申込要領

●お願い
・本会は、皆様からのご参加費による実費運営をしております。
 キャンセルされる場合は、開催日の3日前までにお申し出ください。
 その後のキャンセルはお申し受けできませんのでご了承ください。

●お申込み方法
 下記の返信用フォームに必要事項をご入力の上、ご返信をお願いします。
 〔講演会申込み〕
 〔勉強会申込み〕
  <1>勉強会+懇親会 <2>勉強会のみ <3>懇親会のみ
  ※必ず、懇親会の参加の有無をお知らせください
  ※当日は、受付にてお名刺のご提出をお願いします

●申込〆切 2019年5月20日(月)

=========返信用フォーム<ここから>=========

◆〔 〕内に印を付け、必要事項にご入力の上、info@ssk21.co.jp まで
 ご返信ください。
 ※ご記入いただいたメールアドレスに申込完了メールと当日のご参加団体
  リストを5月21日(火)に送信致します。 

〔 〕健康アライアンス講演会お申し込み
   開催日 :5月23日(木)
  テーマ :~高血圧対策としての、食塩削減・減塩対策の必要性~

〔 〕健康アライアンス勉強会お申し込み(下記、ご希望の番号を選択下さい。)
   開催日 :5月23日(木)
  テーマ :~食塩過剰摂取の削減・減塩対策の具体策を考える~
  〔 〕<1>勉強会+懇親会(7,000円)
  〔 〕<2>勉強会のみ  (3,000円)
  〔 〕<3>懇親会のみ  (4,000円)
  
-----------------------------

[貴社名]
 [郵便番号]
 [所在地]
 [ビル名]

 [TEL]
 [FAX]
 [E-mail]
 [受 講 者]
 [所属部署]
 [役職]


=========返信用フォーム<ここまで>=========

◎ご不明な点がございましたら、info@ssk21.co.jp  までご返信ください。

=============================

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
       健康アライアンス勉強会事務局
        新社会システム総合研究所
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
105-0003 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4階
Tel : 03-5532-8850 Fax : 03-5532-8851
E-mail :info@ssk21.co.jp
URL http://www.ssk21.co.jp

*****************************************

チャタムハウスルールとは?:Wikipediaより
チャタムハウスルール (Chatham House Rule) とは、
英国王立国際問題研究所に源を発する、会議参加者の行為規範である。
チャタムハウスルールを適用する旨の宣言の下に運営される会議においては、
当該会議で得られた情報を利用できるが、その情報の発言者や
その他の参加者の身元および所属に関して秘匿する
(明示的にも黙示的にも明かにしない)義務を負うというルール。

 このルールの適用により、参加者はその所属する組織への配慮や、
発言が自らのものとして公表された際の影響を度外視しやすくなるため、
進行中の問題や政治的な話題を取り扱う場であっても闊達な議論をもたらすとともに、
情報の共有が促進されることが期待される。
また、会議全体ではなく、その一部のみへの適用も可能である。

 このルールは、王立国際問題研究所において1927年に考案され、
1992年および2002年に改正されたものであるが、
その適用は同研究所主催の会議等に限定されるものではなく、
英語圏を中心に広く一般に用いられている。

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850