SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス 海外調査受託サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S18330

【新 社 会 シ ス テ ム 総 合 研 究 所 特 別 企 画】
<米国VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明氏が現地コーディネート>

米国シリコンバレーAI調査団

開催日時 2019年 3月 11日(月) ~ 3月17日(日) <5泊7日>
宿泊都市 サンフランシスコ、サンノゼ
旅行代金
598,000円(大人1名様、エコノミークラス利用、ツイン2名1室利用)
723,000円(大人1名様、エコノミークラス利用、1名1室利用)
備考 ビジネスクラス利用をご希望の方は別途代金をご連絡させていただきます。
企業訪問には通訳あり(英語→日本語)

申込締切:2018年12月21日(金) ※定員に達し次第、締め切ります。         
お問合せ電話番号:03-5532-8850

内容

米国 VentureClef社 代表/アナリスト

宮本 和明(みやもと かずあき) 氏

<詳細スケジュール>
siliconvalleymission.pdf

SSKセミナーにて15回以上、シリコンバレーのAI関連ビジネスの最新動向についてのご講演いただいております、VentureClef社代表の宮本和明氏に現地でのコーディネートをいただくシリコンバレー調査団を企画いたしました。
訪問先は宮本氏の選りすぐりスタートアップ企業、大学などです。
シリコンバレーのAI企業の強みは高度な技術を生み出すことだけではなく、それを活用した新たなビジネスモデルを創出することにあります。
今回の調査団では、AI関連のスタートアップ企業などを訪問し、基礎技術のどこにビジネスチャンスを見出しているかを宮本氏の解説とともに考察していきます。
AI分野の第一線で指導的な立場でご活躍される方々、新たな事業創出の機会をご検討されている方々のご参加をお待ちしております。

『本調査団に参加して得られる5つの効果』
<1>シリコンバレーで活躍する宮本 和明氏が同行し、分かりやすく解説します。
<2>スタンフォード大学の教授よりシリコンバレーの近未来AIの講義を受けられます。
<3>ネットでは得られないシリコンバレーの最新トレンドを体感できます。
<4>通常では、訪問を受け入れないスタートアップ企業を訪問し、
   アポが取れないキーマンとの情報交換を通じビジネスチャンスやヒントが得られます。
<5>団員相互の交流は、国内では得がたい異業種の人脈を形成し
   その人的ネットワークは帰国後も新たなビジネスを創造するでしょう。   

<訪問先>
●スタンフォード大学
アジア・米国技術経営研究センター所長/特任教授リチャード・ダッシャー氏の講演
テーマ「Understanding the role of AI in the Forth Industrial Revolution&Silicon Valley」

●Intel 社
IoT Group Director of AI Marketing ゲーリー・ブラウン氏の講演
テーマ「our business in Artificial Intelligence in IoT 」

●Luminar Tech 社
キティホークのプラットフォームは、CNN、トラベラーズ・インシュアランス、さまざまな法執行機関の顧客など、幅広いエンタープライズ・ドロン・プログラムに利用されています。完全なスタック・プラットフォームとして、無人機を制御するだけでなく、チームの運営方法、場所、時期について透明性を提供することで、チームのマネージャーとチーフパイロットが対応するのを助けます。

●Fetch Robotics 社
産業用ロボットのベンチャー企業で、倉庫やロジスティクス市場向けに共同の自律移動ロボットソリューションを開発、製造している。

●Next Future Transportation 社
日常の交通の負担をなくすため、戸別で通勤手段をシームレスに提供することを目指し、道路や高速道路などの既存インフラの最適化を目的としたソリューションを提供。 世界で初めてオンデマンドの大量輸送システムを構築中。 自動運転ポッドは、乗客を拾うことができ、ダイナミックコネクトシステムは、ポッドを高速道路上で結合する「バス列車」にすることが可能。 その後、乗客は個々のポッドに誘導された後ポッドは切断され、それぞれの乗客を必要な目的地に届けることができる。乗客は特別なサービスポッドによって運行中の活動を継続することが可能。

●Rigetti Computing 社 (日程調整中)
フルスタックの量子コンピューティング企業で、超伝導量子集積回路の設計と製造を行っている。これらのチップを低温環境でパッケージ化し、量子論理演算を実行するための制御システムを構築している。当社のシステムを既存のクラウド・インフラストラクチャに直接統合するソフトウェアや、計算化学や機械学習の短期的なアプリケーションに焦点を当てた量子コンピューティングの新しいアルゴリズムを開発。

●Twist Bioscience 社(日程調整中)
ヘルスケア、農業、工業用化学物質、データストレージなどの分野において、合成DNAツールを使用し、顧客がより良い生活をし、地球の持続可能性を向上させる方法を開発している。革新的なシリコンベースのDNA合成プラットフォームは、顧客の想像に勝る規模の精度を提供している。

<訪問先候補>
●AutoX 社
カメラ・ビジョン、センサ、AIソフトウェアのコンビネーションにより自動運転車の敏速な決断と行動を可能にしている。AIソリューションによる完全自動運転車による、食品デリバリ・サービスを提供。

●Nuro 社
日常生活のためにロボット工学の利点を加速することを目指すテクノロジー企業であり、今日のロボット工学や機械学習の進歩が明日の生活様式を劇的に改善すると考えている起業家とエンジニア、デザイナー、科学者のチームで構成されている。

<詳細スケジュール>
siliconvalleymission.pdf

●お申込み:下記JTB社のページより必要事項ご記入のうえお申込みください。
米国シリコンバレーAI 調査団のご案内

講師プロフィール

宮本 和明(みやもと かずあき) 氏

広島県出身。大阪大学基礎工学部卒業。1980年 富士通に入社。1985年 富士通関連会社Amdahl Corp.(カリフォルニア州サニーベール)に出向し、アメリカでスーパーコンピュータ事業の立ち上げに従事。
2003年3月 富士通を退社し、リサーチ会社VentureClef (カリフォルニア州マウンテンビュー) を設立。アナリストとしてコンピュータ技術の最新動向を追う。シリコンバレーのベンチャー企業にフォーカスし、時代を変える技術の発掘と解析を行う。25年に及ぶアメリカでのキャリアを背景に技術トレンドをレポート。
【著書等】『機械学習・人工知能 業務活用の手引き(共著)』(情報機構)2017。『人工知能アプリケーション総覧(共著)』(日経BP社)2015。最新技術をブログ「Emergine Technology Review」で発信。
日経新聞に寄稿「宮本和明のシリコンバレー最先端技術報告」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130326/466162/
日経新聞に寄稿「未来の技術の実験場-シリコンバレー最先端を追う」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140603/561130/

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850