SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

原財団特別セミナー

No.S18259

【内閣官房/内閣府/警察庁/総務省/日産/ホンダ】

ITS・自動運転・コネクテッドカー最前線

開催日時 2018年 8月 7日(火) 午前10時~午後4時50分
会場 アイビーホール青学会館
東京都渋谷区渋谷4-4-25
受講料 1名につき 37,800円(税・昼食代込)
備考 昼食 【12:00~12:40】
※都合により第3講師が変更になりました。
二宮 健 氏 → 上原 雄二郎 氏
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重点講義内容

Ⅰ. 官民ITS構想・ロードマップ2018

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 参事官補佐

大澤 良樹(おおざわ よしき) 氏

【10:00~10:55】

 「官民ITS構想・ロードマップ」は、我が国のITS・自動運転に係る戦略を記載したものとして平成26年6月に策定し、以降毎年改定を行っている。最新版となる2018年版は、本年6月にIT総合戦略本部にて決定されたところである。本講演では、この「官民ITS構想・ロードマップ2018」に関する経緯と主なポイントについて説明する。

1.はじめに
2.これまでの経緯
3.官民ITS構想・ロードマップ2018の主なポイント
4.質疑対応/名刺交換
Ⅱ. SIP自動走行システムにおける取組み

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 参事官(社会システム基盤担当)付 
政策調査員 SIP自動走行システム担当

杉江 薫(すぎえ かおる) 氏

【11:05~12:00】

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」では、自動走行システムの実現と普及に向けて、協調領域に係る研究開発を府省庁の枠を超えて推進している。本講演では重点的に取り組んでいる重要5課題(ダイナミックマップ、Human Machine Interface、情報セキュリティ、歩行者事故低減、次世代都市交通)の取組みの概要を紹介するとともに、関係する実証実験の状況について説明する。

1.戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)について
2.SIP自動走行システムにおける取組み内容
3.SIPで取り組む実証実験の状況
4.質疑対応/名刺交換
Ⅲ. 自動運転をめぐる最近の動向と警察の取組について

警察庁 交通局 交通企画課 課長補佐

上原 雄二郎(うえはら ゆうじろう) 氏

【12:40~13:35】

自動運転技術については、将来における交通事故の削減や渋滞の緩和等を図る上で不可欠な技術になると考えられており、警察としても、その進展を支援する観点から積極的に取組を進めている。本講演では、交通事故情勢や自動運転をめぐる最近の動向を踏まえつつ、自動運転に関する警察の取組について述べる。

1.我が国における交通事故の発生状況
2.自動運転の概要と政府の方針
3.自動運転の実現に向けた警察の取組
4.質疑対応/名刺交換
Ⅳ. Connected Carと自動運転実現に向けた通信技術

総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課 新世代移動通信システム推進室 室長

中里 学(なかざと がく) 氏

【13:45~14:40】

Connected Car(つながるクルマ)、自動運転実現に向けた期待が高まるとともに、自動車業界だけでなく情報通信など周辺業界を巻き込んだ取組が加速しています。本講演では、情報通信技術が支えるつながるクルマと自動運転を展望します。

1.つながるクルマ、自動運転(AV)の動向
2.次世代通信(5G)への期待
3.CV/AV実現に向けた総務省の取組
4.今後の展望
5.質疑応答/名刺交換
Ⅴ. 自動運転時代のコネクティドカー&サービス

日産自動車(株) コネクティドカー&サービス開発部 テレマティクス開発グループ
兼 AD&ADAS先行技術開発部 HDマップ開発グループ
兼 コネクティドカー&自動運転事業本部 モノづくりグループ 主管

村松 寿郎(むらまつ としろう) 氏

【14:50~15:45】

コネクティドカーとそのサービスが市場に出て20年経ち、当時の2Gから5Gへと無線通信インフラが劇的に変わってきている。コネクティドの環境変化と同時にクルマに自動運転技術が搭載され、クルマ自体も変わってきている。これまでのコネクティドカー&サービスを俯瞰し、自動運転時代のコネクティドカー&サービスの展望と課題を紹介する。

1.コネクティドカー&サービス概要
2.コネクティドカーを取り巻く環境の変化
3.自動運転時代のコネクティドカー&サービス
4.質疑応答/名刺交換
Ⅵ. 高度運転支援および自動運転システムの現状と今後の展望

株式会社本田技術研究所 四輪R&Dセンター 統合制御開発室 上席研究員
(一社)日本自動車工業会 自動運転検討会 主査

横山 利夫(よこやま としお) 氏

【15:55~16:50】

最初に自動車産業の現状および今後の展望について概観する。次にホンダの自動運転ビジョンを紹介し、ビジョン実現に向けた高度運転支援システムの概要と、自律型自動運転システム開発の概要を紹介する。続けてAIおよびV2Xを活用した次世代の協調型自動運転システム研究の現状を紹介し、最後に今後の展望についてまとめる。

1.クルマ産業を取り巻く環境
2.自動運転Vision
3.自動運転システムの現状
4.将来の自動運転システムへの取り組み
5.まとめ
6.質疑対応/名刺交換

講師プロフィール

大澤 良樹(おおざわ よしき) 氏
1997年4月 株式会社デンソー 入社。2017年10月 内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 入省。現在に至る。
杉江 薫(すぎえ かおる) 氏
2006年4月 (株)ブリヂストン入社。2017年2月 内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付参事官(戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)担当)付入省。2017年2月より現職。
上原 雄二郎(うえはら ゆうじろう) 氏
2008年 警察庁入庁。2009年9月から警察庁交通局交通企画課で勤務し、警察庁警備局公安課等を経て、2018年7月から現職。
中里 学(なかざと がく) 氏
1995年 郵政省(現 総務省)に入省し、以降主に研究開発や周波数割当に関する業務に従事。2011年7月 電波政策課統括補佐、2015年8月 (国研)情報通信研究機構経営企画部統括を経て、2017年7月より現職。
村松 寿郎(むらまつ としろう) 氏
東北大学大学院電気及び通信工学専攻修了後、1991年 日産自動車に入社。車載レーダー、車載マルチメディア・無線インタフェース、EVの価値創造、コネクティドカーの研究等に従事。2011年にコネクティドカー&サービスのビジネスユニットにて企画・デザインを行う。2016年4月から現職。これまでの間に3回合計7年間の米国駐在を経験。
横山 利夫(よこやま としお) 氏
1979年 株式会社本田技研工業入社/2000年 Honda R&D Americas Vice president。2003年 Honda Research Institute USA President/2005年 株式会社本田技術研究所 上席研究員としてICT/ITS領域の研究開発を担当/2008年 未来交通システム研究室 室長。2012年から、4輪R&Dセンター上席研究員としてITS/自動運転の研究開発を担当。2014年から日本自動車工業会 自動運転検討会 主査。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850