SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S18218

【将来のプラットフォーム化に向けた課題と今後】

トヨタのロボット戦略最新動向

~医療機器ロボットからヒューマノイドまで~

開催日時 2018年 6月27日(水) 午後2時~午後4時
会場 アーバンネット神田カンファレンス
東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

トヨタ自動車株式会社 Zフロンティア部 部長

菅 敬介(すが けいすけ) 氏

近い将来、ロボットは様々な社会ニーズに対し、人と共生していくパートナーとして、活用を期待されている。
本講演では、ロボットの実用化に向けて課題抽出から実証評価まで、医療現場と一体となってリハビリ用ロボットを開発してきた活動や、ロボットで必要となる様々な要素技術を早期に開発するため、大学や企業など多くの研究者と研究用プラットフォームを使い、コミュニティでソフトウェアを開発する活動について紹介する。また、主要なハードウェア技術を社内で蓄積しつつ、ソフトウェア・ハードウェアの要素技術を結集し、将来のプラットフォームを目指す人型ロボットの開発について紹介する。

 1.トヨタにおけるロボット開発の歴史
 2.トヨタのロボット戦略
   ・ 社会課題
   ・ 開発ビジョンについて
 3.トヨタパートナーロボットの取組み状況
   ・ 歩行練習アシスト
   ・ 生活支援ロボット
 4.その先にむけて
   ・ トルクサーボ技術
   ・ ヒューマノイドロボット
 5.実用化に向けた課題と今後
 6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

菅 敬介(すが けいすけ) 氏

1990年 京都大学工学部卒業。
同年 トヨタ自動車(株)入社。東富士研究所にてエンジン及び車両の振動騒音の先行開発を担当。
2001年 社内公募制度を利用しロボット開発部署に異動。愛知万博、上海万博などに出展したヒューマノイドロボットの歩行制御技術開発などを担当。ROBO-ONEなどのロボット競技会にも参加。
2017年 医療介護ロボット責任者として歩行リハビリロボット「ウェルウォークWW-1000」を発売。
2018年 現職。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850