SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18193

著作権法における「引用」の最前線

~著作権法32条1項の解釈に揺れる判例実務~

開催日時 2018年 6月26日(火) 午後3時~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

虎ノ門総合法律事務所 弁護士

雪丸 真吾(ゆきまる しんご) 氏

「引用」は、あらゆる著作物について無許諾・無償での利用を可能にし得る為に非常に使い勝手の良い著作権制限規定(制限規定の王様)と評価されているが、反面、従来の判例はその成立について厳格な態度を取ってきた。
ところが、平成22年10月13日の美術鑑定書事件知財高裁判決を受けて、「引用」(著作権法32条1項)の従来の要件に対する裁判所の考えが変わると共に引用の成立も従前より緩やかに認められるようになったのではないかと言われている。
本講座では、同判決以降の引用について判断した判例を検討し、同判決の取る総合考慮説が判例実務において定着したと言えるのか、引用の成立は認められ易くなったのかについて論じたい。

1.従来の「引用」の要件の概観(2要件説)
2.美術鑑定書事件知財高裁判決の登場
3.その後の判例実務の動向
 (1)2要件説は消えたか
 (2)総合考慮説は定着したか
 (3)引用は成立し易くなったか
4.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

雪丸 真吾(ゆきまる しんご) 氏

1999年 東京大学法学部卒業/2001年 弁護士登録/虎ノ門総合法律事務所勤務。
慶応義塾大学文学部非常勤講師(芸術関係法規演習)。
株式会社アトラエ監査役
専門は、著作権法全般・労働法・破産法
著書に、「【第4版】Q&A引用・転載の実務と著作権法(中央経済社)」

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850