SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナーカテゴリー

  • ICT
  • モバイル
  • 放送・メディア・著作権
  • 医療・介護
  • エネルギー・環境
  • 経営・マーケティング
  • 原財団
  • その他

これからの開催セミナー一覧
−募集中の企画が全てご覧頂けます−

セミナー開催実績 DVD 発売中
テキスト 発売中
メール配信登録 セミナー開催情報を配信する
初めての方へ 受講の流れ
SSK プレミアム会員 募集中 セミナー参加無制限の会員サービス
健康アライアンス勉強会
セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

原財団特別セミナー

No.S18105

航空機産業最新動向と新規参入への挑戦

開催日時 2018年 3月19日(月) 午後1時~午後4時30分
会場 ビジョンセンター永田町
東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル
受講料 1名につき 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. 航空機産業の現状と展望

東京大学 総括プロジェクト機構
(政策ビジョン研究センター・公共政策大学院兼務) 特任教授

渋武 容(しぶたけ ひろし) 氏

【13:00~13:30】

世界の航空輸送需要は今後20年で約2倍に成長し、中でもアジア・太平洋が最大市場になると見込まれている。近年大きく成長した日本の航空機産業は、同時に転換期を迎えている。完成機事業の特殊性と意義を踏まえながら、日本の同事業への参入を機として浮かび上がってきた各種課題やさらなる産業発展のために求められる取り組みを他国の取り組みも踏まえて紹介するとともに、昨今の国際競争と協調の構図についても併せて触れてみたい。

1.航空機産業の特徴と構造
2.完成機事業の意義とインテグレーション能力
3.市場参入への課題と求められる取り組み
4.航空機関連産業の拡大への取り組みの方向性
5.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. 航空技術動向

東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授

鈴木 真二(すずき しんじ) 氏

【13:40~14:30】

民間旅客機は、製造された機体が20年以上使われ続けるので、新規開発には既存機には無い飛躍的な優位性が求められる。また、過酷な環境で長期にわたり運用するための高い信頼性、安全性も必須である。そのため、航空技術は先端的でかつ広い技術波及効果を持つと認識される。開発国が、研究開発に大きな支援を行うのはそのためである。講義では航空技術の特徴と動向、およびその将来を説明する。

1.航空機開発の歴史におけるイノベーション
2.航空機に求められる技術の特徴
3.先端技術動向
4.将来の航空技術
5.質疑応答/名刺交換:
Ⅲ. 製造事業者から見た認証-安全証明

三菱重工業(株) 民間機セグメント企画管理部 マネージング・エキスパート

伊藤 一彦(いとう かずひこ) 氏

【14:40~15:30】

相互認証推進専門委員会の活動を通じて明らかになった「装備品メーカ各社の自社製品を航空機に搭載するために必要なFAAのForm8130-3やEASAのForm1(安全証明)を取得するための様々な取組み」を紹介することで、わが国の航空産業が抱えている安全証明上の問題を明らかにする。また、わが国で製造された部品や装備品を日本の安全証明(JCAB Form18)で全世界に送り出すことができるようになるには、MRJの型式証明をわが国で維持できるか否かが試金石となることを示す。

1.日本航空宇宙工業会、相互認証推進専門委員会の活動
2.わが国装備品メーカのFAA/EASA安全証明
  (Form8130-3,Form1)取得方法
3.JCAB PMA制度
4.MRJと共に築く、装備品適合証(JCAB Form18)の信頼
5.質疑応答/名刺交換
Ⅳ. 航空機クラスターと中小企業の挑戦

(株)武蔵情報開発 代表/産業アナリスト

杉山 勝彦(すぎやま かつひこ) 氏

【15:40~16:30】

近年、航空機産業への新規参入をめざす新たな動きとしてクラスターの組織化が活発化しており、航空機産業の裾野を拡げる動きとして注目されている。しかし、これらクラスターが最終目標とする共同受注・一貫生産体制を確立する試みは、成功しているとは言い難い。ここでは、代表的なクラスターであるエアロスペース飯田とJapan Aero Networkのケーススタディを通して、共同受注・一貫生産型クラスター成功の条件を探る。

1.航空機関連中小企業の特質と事業内容
2.航空機クラスターとはどのような集団か
  -エアロスペース飯田にみるクラスター活動-
3.クラスターによる共同受注・一貫生産確立の条件
4.航空機クラスターの成功事例
  -ジャパン・エアロ・ネットワークのビジネスモデル-
5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

渋武 容(しぶたけ ひろし) 氏
1973年大阪府生まれ。1995年東京大学法学部卒業、同年運輸省鉄道局。四国運輸局企画課長、航空局航空事業課(管理課東京国際空港再拡張事業推進室併任)、関東地方整備局企画部環境調整官など、航空や交通観光地域づくりに携わるほか運輸安全・危機管理も担当。2011年新潟県観光局長、2013年北海道運輸局企画観光部長、2015年同交通政策部長、同年東京大学総括プロジェクト機構航空イノベーション総括寄付講座特任准教授(政策ビジョン研究センター・公共政策大学院兼務)、2017年より現職。米国国務省IVLPアラムナイ、日本航空宇宙学会・日本機械学会・日本観光研究学会等の正会員。
鈴木 真二(すずき しんじ) 氏
1953年岐阜県生まれ。1979年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。(株)豊田中央研究所を経て、1986年 東京大学工学部助教授。1996年より現職。工学博士。日本航空宇宙学会会長(第43期)、日本機械学会副会長、国際航空科学連盟理事、日本UAS産業振興協議会理事長、あいち航空ミュージアム館長(非常勤)、東京大学航空イノベーション総括寄付講座代表(兼務)など。主な著作:『落ちない飛行機への挑戦―航空機事故ゼロの未来へ』(化学同人)、『飛行機物語―航空技術の歴史』(ちくま学芸文庫)、『現代航空論―技術から産業・政策まで』(共編、東京大学出版会)。
伊藤 一彦(いとう かずひこ) 氏
1956年 愛知県生。1980年 東京大学法学部卒。三菱重工業(株)航空宇宙事業本部防衛航空機部長、三菱航空機(株)カスタマーサポート部長等を経て2017年 三菱重工業(株)民間機セグメント企画管理部マネージング・エキスパート。同社の戦闘機、民間航空エンジン、MRJ等の開発や量産に従事。日本航空宇宙工業会相互認証推進専門委員会委員長など。
杉山 勝彦(すぎやま かつひこ) 氏
1943年 東京都杉並区生まれ。企業の信用調査、市場調査を経験した後、証券アナリストに転身、和光経済研究所、メリルリンチなど国内外の証券会社でエレクトロニクス、航空宇宙防衛産業をカバー。同時に、産業調査、中小企業支援を目的に、1996年に(株)武蔵情報開発を設立、長野県テクノ財団主宰の技術研究会座長などを務める。現在は産業アナリストとして主に航空機産業の取材、執筆活動に従事。著書に、『ハイテク神話の崩壊』(講談社 1992年)、『よみがえれ! 国産ジェット 』(洋泉社-2008年)、『日本のものづくりはMRJでよみがえる! 』(SBクリエイティブ-2015年)など。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850