SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

モバイル戦略特別セミナー

No.S18073

【NICT/NTT】

5Gを見据えたネットワーク技術開発の先端

開催日時 2018年 2月 9日(金) 午後1時~午後4時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. 次世代移動通信システムの高度化に向けたNICTの取り組み

(国研)情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター 
ワイヤレスシステム研究室 研究マネージャ

石津 健太郎(いしづ けんたろう) 氏

【13:00~14:25】

第5世代移動通信システム (5G) は、今後出現する様々な無線通信アプリケーションのインフラとしての利用が期待され、そのためには広いエリアに展開する現在のセルラー通信事業に加え、利用シナリオに応じた性能を持つ通信エリアをきめ細かく柔軟に展開可能な新たな事業(マイクロセル通信事業)の実現が有効である。そのためには、無線ネットワークの管理範囲を超えて協調利用を可能とする技術の確立や規格化が求められる。
本講演では、NICTの5Gに向けたこれらの取り組みと、その背景となる研究開発について示す。

1.第5世代移動通信システムに向けた研究開発の考え方
2.プライベート空間の概念と自営網の統合技術
3.ネットワークシェアリングと3GPP標準化
4.インターフェイス設計と試作機による評価
5.5G総合実証試験に向けた取り組み
6.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. 将来のネットワークに向けたNTT R&Dの取り組み

日本電信電話(株) NTTネットワーク基盤技術研究所 
ネットワーク戦略SE推進プロジェクト ネットワーク戦略SE企画推進グループ グループリーダ

藤原 正勝(ふじわら まさかつ) 氏

【14:35~16:00】

NTT R&Dでは、労働人口の減少など社会環境の変化、及び多種多様化するサービスに対応するための"スマートなNW"、さらにオープン&コミュニティ型のシステム開発、NW機能のソフトウェア化による"フレキシブルなNW"を目指した研究開発を推進している。
本講演では、NTT R&Dの将来のネットワークに向けたこうした取り組みについて紹介する。

1.5G/IoT時代を見据えた将来のネットワークアーキテクチャ
2.AI技術の活用によるNW運用の高度化・スマート化
3.オープン&コミュニティ型ネットワークシステムの開発
4.2030(beyond2020)に向けたチャレンジ
5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

石津 健太郎(いしづ けんたろう) 氏
2005年 大学院博士後期課程修了 博士(情報科学) 独立行政法人情報通信研究機構(現在、国立研究開発法人)専攻研究員、2015年 国立研究開発法人情報通信研究機構 スマートワイヤレス研究室 研究マネージャ、現在 同機構 ワイヤレスシステム研究室において次世代移動通信システムの研究開発を主導、10年以上にわたり、国際規格の標準化活動や国際的な実証試験に従事。
藤原 正勝(ふじわら まさかつ) 氏
1996年 NTT入社。ネットワークサービスシステム研究所(NS研)にて、NGNなどのネットワークオペレーションシステムの研究開発に従事。その後、R&Dビジョンの検討やR&Dマネジメント業務にも従事、また2013年から2017年9月までドイツのR&D欧州代表部に駐在して標準化や欧州キャリア・ベンダとの連携業務に携わる。2017年10月より現職。(ネットワーク基盤技術研究所・NT研)

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850