SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

ICT戦略特別セミナー

No.S18071

AI、IoT関連ビジネスと法律実務

~最新テクノロジー(AI、IoT、自動運転等)に係る知財、法規制、民事責任を踏まえた戦略構築~

開催日時 2018年 2月23日(金) 午前10時~午後0時
会場 AP新橋虎ノ門
東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

潮見坂綜合法律事務所 弁護士

吉羽 真一郎(よしば しんいちろう) 氏

AI、IoT、ドローン、自動運転、ロボットなどの最新テクノロジーが、ここ2、3年で格段の進歩を遂げ、近時、関連ビジネスも活発化している。法律という観点からは、最近になって各分野についての検討・分析が色々と進んでいるが、発展途上の法分野ということもあり、議論が未整理で複雑だったり、あまり実用的な議論ではないものも散見される。また、これらの最新テクノロジーは、ビジネスにおいて相互に有機的に関連することも多々あるが(例えばインダストリー4.0と呼ばれるものは、これら全てを組み合わせた上に成り立つものと言えよう)、法的な検討状況としてはまだそこまで至っていない感がある。
そこで本講演では、これらの最新技術に関連したビジネスに関わっている、あるいはこれから関わろうとする方々を対象として、ビジネス実務上の観点から、「本講演を聴けば、最新テクノロジーに関する法律上の知識はとりあえず十分である」となることを目指して、これらの法律上の諸問題のうち必須のものを、横断的・網羅的に分かりやすく解説する。本講演が、最新テクノロジーを用いたビジネスの端緒となって頂ければ幸いである。

1.はじめに ~最新テクノロジーとビジネス
2.AIと法律
 (1)AIと知的財産
 (2)AIと民事責任
3.ドローンと法律
 (1)ドローンと法規制
 (2)ドローンと民事責任
4.自動運転と法律
 (1)自動運転と法規制
 (2)自動運転と民事責任
5.IoTと法律
 (1)IoTをめぐる日本の法律状況
 (2)IoTと民事責任
6.最新技術関連ビジネスと法律
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

吉羽 真一郎(よしば しんいちろう) 氏

1998年 早大法卒、2000年 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)。潮見坂綜合法律事務所パートナー弁護士。知的財産に関するM&Aやライセンシングなどの取引、及び特許権侵害、商標権侵害、著作権侵害等の知的財産権訴訟等の紛争案件を数多く担当する。また、各種インターネットサービス、システム開発及びこれに関連する紛争といったITビジネス関連の案件についても、紛争案件、取引案件を問わず幅広く手掛けている。
その他、訴訟/紛争、会社法、倒産法、その他企業法務全般を手掛ける。主な著書に「著作権法コンメンタール①~③(第二版)」(共著 勁草書房)、「債権・動産・知財担保利用の実務」(共著 新日本法規出版)、「デジタルコンテンツ法の最前線[初版]」(共著 商事法務)など。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850