SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18050

【超速報:CES2018直後報告】

AI、IoT時代に変貌遂げる米メディア業界最前線

開催日時 2018年 1月18日(木) 午後6時30分~午後8時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 10,800円(税込)
備考 講演当日の内容は、取材結果と最新動向により更新される可能性があります
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社ワイズ・メディア 代表取締役 メディアストラテジスト
元フジテレビIT戦略担当局長

塚本 幹夫(つかもと みきお) 氏

家電から消費者テクノロジーの展示会に舵を切った米CES。1月に開催されるCES2018は、スマートカー、ウェルネスなど、これまでに増してAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)によるイノベーションを前面に押し出してきた。こうした中、米メディア業界では旧来のコングロマリットから、インターネット界の巨人を巻き込んだ再編の嵐が巻き起こっている。ドローンやeスポーツ。VR・ARなど従来の平面から脱却した新たなテクノロジーは、メディアコンテンツをどのように変えようとしているのか。
本講演では、CES視察10回目となる講師が、最新状況と経年変化を元に解析、報告するとともに、日本のメディア業界が備えるべき"次の一手"を考察する。

1.CES2018概況
2.今回注目の展示
3.メディア業界の注目点:ドローン、eスポーツ、VR・AR
4.TurnerとHuluのキーノートから次を読み解く
5.米メディアに起きている変化とは
6.日本のメディア業界はいかに対応すべきか
7.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

塚本 幹夫(つかもと みきお) 氏

1958年 東京生まれ、筑波大学社会学類卒。
1981年 フジテレビジョン入社。バラエティ番組、報道記者、ニュース番組編集長を経て、2007年 デジタルコンテンツ局デジタルビジネス推進部長。
2008年 同デジタル事業センター長。
2010年 クリエイティブ事業局IT戦略局長。
2014年 総合開発局企画担当局長。
2016年6月 フジテレビを退職し、ワイズ・メディア開業。
筑波大学客員教授、ビーマップ顧問、INTER BEE CONNECTED主査

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850