SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S18030

在宅医療、外来診療、訪問看護・介護はどうかわる?

2018年度ダブル改定内容の詳細と対策

-地域包括ケアを担う中小病院・クリニックの経営のあり方-

開催日時 2018年 2月27日(火) 午後1時~午後4時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

株式会社メディヴァ コンサルタント
兼 医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック 在宅医療部 事務長

村上 典由(むらかみ のりよし) 氏

2025年には団塊の世代が75歳以上となり、在宅で療養する患者数は全病床数より多い170万人以上になるとされています。医療・介護の大きな制度改革の実質的に最後の機会となる2018年度診療報酬・介護報酬ダブル改定。
病院の退院促進と在宅医療の早期移行、訪問看護・介護による地域包括ケア、遠隔診療を含めたゲートキーパーとしての外来診療など、ダブル改定の内容に合わせて改定の裏側にある潮流を読み取き、今後の地域包括ケアを担う中小病院・クリニックの経営のあり方について考察していきます。

1.日本をとりまく医療環境の変化
2.これまでの医療政策と厚労省など各省庁の思惑
3.平成30年度診療報酬・介護報酬改定のまとめ
4.在宅医療、外来の改定内容詳細と対策
5.訪問看護・介護はどうかわる?
6.地域包括ケアを担う中小病院・クリニックの経営のあり方
7.質疑応答

講師プロフィール

村上 典由(むらかみ のりよし) 氏

コンサルタント実績:(株)メディヴァ コンサルタント事業部シニアマネージャーと在宅患者400名超の桜新町アーバンクリニックの事務長を兼務。複数の在宅療養支援診療所の運営支援、有床診療所の運営支援、医療機器メーカーの在宅医療市場調査、大手不動産事業者のサービス付き高齢者向け住宅調査・提案、医療機器メーカーの在宅医療教育コンテンツ作成支援など。
2015年度政策研究大学院大学医療政策短期特別研修修了。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850