SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

放送・メディア・著作権戦略特別セミナー

No.S18022

TV・放送メディアビジネスの中期展望

~地上・BS、多ch、動画配信、ケーブル×AI・ICT新技術~

開催日時 2018年 1月26日(金) 午後1時~午後5時
会場 AP新橋虎ノ門
東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. 競争激化するTV・放送メディアの近未来

株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 プリンシパル

山口 毅(やまぐち たけし) 氏

【13:00~14:10】

放送メディア業界は、国内外の多様なプレーヤーが参入することで、すでに撤退するプレーヤーがでてくるなど、競争環境が激化している。コンテンツ調達競争は一層激しくなり、それ以外の差別化に向けた取組みも続く。一方で、サービス(4K・8K実用放送や同時配信・リニア配信など)、インフラ(モバイルの高速化など)、デバイス(超高精細テレビ、ネット対応テレビ、VR端末、スマートスピーカーなど)の普及が、映像サービスの消費スタイルに変化を促す。このような環境変化に、放送業界は積極的に対応して、存在感を示していく必要がある。
本講演では、海外動向も紹介しつつ、消費者変化も踏まえ、業界の見通しを考察する。

1.放送メディア業界の動向(地上・BS、多チャンネル、動画配信サービスなど)
2.環境変化(サービス・技術・制度、インフラ、デバイスなど)
3.生活者のメディア接触変化
4.2020年以降の放送メディア業界の見通し
5.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. エンタメ・放送メディア×ICT利活用の可能性と展開

株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 副主任コンサルタント

山岸 京介(やまぎし けいすけ) 氏

【14:25~15:35】

放送メディア業界は、国内外の多様なプレーヤーが参入することで、すでに撤退するプレーヤーがでてくるなど、競争環境が激化している。コンテンツ調達競争は一層激しくなり、それ以外の差別化に向けた取組みも続く。一方で、サービス(4K・8K実用放送や同時配信・リニア配信など)、インフラ(モバイルの高速化など)、デバイス(超高精細テレビ、ネット対応テレビ、VR端末、スマートスピーカーなど)の普及が、映像近年、アミューズメント施設やライブ・コンサート会場において、VRやAR、ホログラムなど、最新のICT映像技術が活用されるケースが増加しており、これまで多額のコストがかかっていた設備投資費の削減や、演出・表現の多様化などのメリットをもたらしている。活用の流れは加速しており、エンタメ業界で洗練された技術が放送など他業界に転用されるケースも多く見られるようになったことで、使われる技術への注目度が増してきている。
本講演では、最新の導入事例や開発動向から今後のエンタメ業界でのICT映像技術の方向性を探るとともに、他業界への転用可能性およびその要件を探る。

1.最新のICT映像技術動向(VR・AR・ホログラム等)
2.同技術の開発ロードマップ・方向性
3.エンタメ業界における同技術の利活用事例
4.将来的な技術利用動向および今後の導入可能性
5.他業界での利活用可能性 
6.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. AI×放送・メディアの国内外最新動向と今後

株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 主任コンサルタント

中林 優介(なかばやし ゆうすけ) 氏

【15:50~17:00】

放送メディア業界とテクノロジーの関わりは、2000年代前半はICT技術の進展に伴う「放送と通信の融合」「グローバル化」に始まり、2010年代のスマートフォン普及に連なる"マスから個人"へとメディアライフスタイルの大きな変化を迎えている。特に直近ではAIを活用したニュース素材の収集・配信、AIによるビッグデータ分析を活用した番組制作、AIによる視聴者データの分析や新たな映像配信の提供など、メディア業界における本格的なAIの普及・導入が始まりつつあり、今後は金融業における"FinTech"、製造業における"Industry4.0"同様に、伝統的な放送業も大きな変化を迎える状況にある。
本講演では、グローバルメディア市場の変化の潮流を捉えつつ、メディア業界におけるテクノロジーの浸透により台頭する"MediaTech"の発展方向性と、メディア事業者が"今"備えるべきことについて考察を行う。

1.アジア・グローバルメディア市場のトレンド
2.グローバルメディア市場におけるAI活用
3.国内放送・メディア市場におけるAI活用
4.放送・メディア業界における今後のイノベーション潮流と"今から備えるべきこと"
5.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

山口 毅(やまぐち たけし) 氏
放送・メディア業界、通信業界における事業戦略・サービス戦略立案、マーケティング戦略立案などの調査・コンサルティング業務に従事。近年は放送・コンテンツ分野を中心に活動している。CMA。主な共著書に、『これから情報・通信市場で何が起こるのか(2005~2018)』、『2015年のIDビジネス』、『提言!地域産業再構築』等。
山岸 京介(やまぎし けいすけ) 氏
2011年 (株)野村総合研究所入社。同年より現在まで、コンサルティング事業本部ICT・メディア産業コンサルティング部にて、コンサルティング業務に従事。専門はゲーム産業、エンターテイメントxICT、ICTのビジネス利活用など。
中林 優介(なかばやし ゆうすけ) 氏
国内外の企業・政府機関に対して、TMT: Technology, Media and Telecommunication領域におけるグローバル事業展開、M&A・アライアンス、政策立案支援等のコンサルティングを行う。主な講演は『Startup Thailand 2016』タイ国家イノベーション庁、『Inclusive Innovation Conference』フィリピン産業省等。主な共著書は『これから情報・通信市場で何が起こるのか』東洋経済新報社、『クールジャパン×インバウンド』NRI Management Review等

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850