SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

エネルギー・環境戦略特別セミナー

No.S18020

新たな電力取引市場の概要と契約、会計実務の留意点

開催日時 2018年 1月31日(水) 午後1時30分~午後5時
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

新たな電力取引市場の概要と契約、会計実務の留意点

森・濱田松本法律事務所 弁護士
電力広域的運営推進機関「容量市場の在り方等に関する検討会」委員
元 経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部電力・ガス改革推進室 課長補佐

市村 拓斗(いちむら たくと) 氏

新日本有限責任監査法人 公認会計士
元 経済産業省資源エネルギー庁 新エネルギー対策課 課長補佐
元 経済産業省 電力・ガス取引監視等委員会 ネットワーク事業監視課 課長補佐

前川 和之(まえかわ かずゆき) 氏

【13:30~17:00】

平成29年2月に電力システム改革貫徹のための政策小委員会がとりまとめた「地域間連系線の利用に関する間接オークションルールの導入」等の制度的措置については、電力・ガス基本政策小委員会制度検討作業部会においてその詳細検討が進められており、先行する「間接オークション」の導入は来年度中にも迫っています。
間接オークションルールを始めとしたベースロード電源市場や容量市場などの制度的措置は、電力市場に参加する事業者の契約実務や会計処理に直接影響を与える点も多く含んでおり、その影響を把握し、早急に対応を検討した上で、必要となる契約見直し等の準備を進めていくことが、新たな事業環境の下において電力ビジネスを行う上で非常に重要となります。
そこで、本セミナーでは、現時点での経済産業省での議論を踏まえ、電力システム改革に深い知見を有する弁護士及び公認会計士が、これらの制度的措置に伴い契約・会計実務において必要となる対応の方向性について解説します。

1.間接オークションルールの概要
2.間接オークションルール導入後の契約・会計実務上の留意点
3.ベースロード電源市場の概要
4.ベースロード電源市場導入後の契約・会計実務上の留意点
5.容量市場の概要
6.容量市場導入後の契約・会計実務上の留意点
7.その他
8.質疑応答

講師プロフィール

市村 拓斗(いちむら たくと) 氏
2011年11月~2013年6月まで資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部新エネルギー対策課へ出向(固定価格買取制度(主として契約拒否事由・モデル契約書)を担当)。2013年8月~2015年7月まで資源エネルギー庁電力ガス事業部政策課電力・ガス改革推進室へ出向。在任中は、小売全面自由化の詳細制度設計、系統増強費用負担に関するガイドラインの立案、法的分離の制度設計などを担当。
現在は、BGやPPAの見直しに関する相談を含め、電力小売自由化に関する相談を多数受任。電力広域的運営推進機関「地域間連系線及び地内送電系統の利用ルール等に関する検討会」「容量市場の在り方等に関する検討会」委員等の各種委員を務める。
前川 和之(まえかわ かずゆき) 氏
2004年 新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)入所
2005年 慶応大学卒
2013年7月~2015年7月 経済産業省 資源エネルギー庁 新エネルギー対策課勤務
・固定価格買取制度の運用(主に、発電設備の系統接続関係)、指定電気事業者に関する接続可能量の検討、出力抑制ルールの見直しなどを担当
2015年8月~2017年7月 経済産業省 電力月取引監視等委員会 ネットワーク事業監視課勤務
・電力、ガスの自由化に向けた託送料金などの許認可に当たっての審査、一般送配電事業者による調整力の公募調達に関する指針の立案や運用状況の監視等を担当
2017年8月より新日本有限責任監査法人に復帰

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850