SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

経営・マーケティング戦略特別セミナー

No.S17275

【日経文庫ベストセラー「英文契約書の読み方」「英文契約書の書き方」著者による】

全2回 新・英文契約書基礎講座2017

~30年以上にわたる現場経験、日々の戦いの中から、実践で即使える要点を基礎から徹底習得~

開催日時
【第1回】  2017年 9 月13日(水)  午前11時~午後5時  ※終了しました※
【第2回】 2017年 10月11日(水) 午前11時~午後5時(休憩45分、昼食付き)
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
受講料 1名につき 33,480円(税・昼食代込)
同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 28,080円(税・昼食代込))
備考 ※第1回、第2回の講座は、それぞれ独立した講座となりますので、単独でのご受講も可能
※前年度までに実施の基礎講座(午後1時~5時)より、2時間繰上げ講義時間を拡充
※1回受講者全員に「日経文庫『英文契約書の読み方』を、第2回受講者全員に『英文契約書の書き方・第2版』を配布
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

明治大学 法学部 元専任教授(1999-2014)/元三井物産(株) 法務部門(1966-1999)

山本 孝夫(やまもと たかお) 氏

本講座は、英文契約書の読み方、書き方の入門書として長年にわたり定評があり、毎年版を重ねる基本書2冊(日経文庫「英文契約書の読み方」「英文契約書の書き方・第2版」(いずれも2006年刊、アマゾン英文契約書ジャンルのベストセラー))をテキストとして、実社会で英文契約の知識・技術の修得を必要とする方々のために、丁寧でやさしい講義を行う。講師は、ロンドン、サンフランシスコ、中東等で数々のプロジェクトに携わり、契約の技術は現地で生き抜くための日々の経験、戦いの中から身につけたものである。2014年より実施してきた基礎講座を見直し、受講者の希望を反映、本年度より講義開始時間を従来(午後1時~5時)より、2時間繰上げ講義時間を拡充し、よりパワーアップした基礎講座をご提供する。
第1回の講義では、「英文契約書の読み方」(講座当日配布)をテキストに使い、英文契約独特の用語と表現を懇切丁寧に紹介し、初めての方でも英文契約を怖がらなくなるように説明、学び方を助言する。たとえ語学力は未熟でも、取引について知識があり意欲さえあれば、英文契約は修得できる。英文契約を理解するための必要有益な英米法に関する基礎を講義の中で、随時、ビジネスのポイントとともに伝授する。第2回の講義では、「英文契約書の書き方・第2版」(講座当日配布)をテキストに使い、英文契約書の作り方、基本的な一般条項(各種契約に共通)を丁寧に優しく解説する。さらに、代表的な契約形態別に契約書の構造、基本条項とその書き方を紹介する。第1回、第2回とも、それぞれの第2部(後半)で代表的な契約を取り上げ、ビジネス条件も含め、その読み方、書き方の要点を説明する。
今回、講座で配布する日経文庫には、それぞれ100例文を超える生きた現場で役立つ例文が和訳・解説つきで収録されており、出張先でもあなたを助けるでしょう。また、後述の『(月刊法務雑誌)ビジネスロージャーナルに連載中(2017年8月号で40回)の英文契約応用講座』の最新号の記事から、一部選抜し、サブテキストとして活用する。
【第1回 2017年9月13日(水)】 ※終了しました※
英文契約書の<読み方編>


【第2回 2017年10月11日(水)】
英文契約書の<書き方編>

※講師と名刺交換、質疑応答あり

【第1部】
1.ドラフティングの基本と契約書の共通事項
 (1)フォーマルな契約書の書き方
 (2)インフォーマルな手紙形式の契約書の書き方と注意すべき事項
 (3)メモランダム(覚え書き)
 (4)レター・オブ・インテント

2.一般条項
 (1)英文契約書の一般条項とそのねらい
 (2)定義条項と基本的な用語・表現
 (3)契約期間条項
 (4)不可抗力条項とその基本的な用語・表現
 (5)通知条項
 (6)最終性条項
 (7)契約譲渡制限条項
 (8)契約解除条項
 (9)修正・変更条項
 (10)準拠法条項
 (11)紛争処理条項(仲裁、裁判)
 (12)権利放棄条項
 (13)国家主権放棄条項(相手側が、国家機関の場合)
 (14)一部無効規定がある場合の対処条項

3.売買契約とその特徴
 (1)品質保証とその制限条項
 (2)代金決済条項
 (3)受け渡し・危険負担条項とその特色
 (4)数量、金額記載上の注意事項
 (5)クレームとその対応
 (6)仲裁、裁判条項
 (7)保険条項
 (8)知的財産権に関わる条項
 (9)検査条項
 (10)救済規定
 (11)損害賠償とその制限条項
 (12)契約違反とその対処規定

4.ライセンス契約の特徴と代表的な条項

5.販売店契約の特徴とその代表的な条項

6.サービス提供契約とその代表的な条項

7.秘密保持契約とその重要規定

【第2部】
第1部と共通の「販売店契約ハンドブック」を配布し、販売店契約について、「英文契約書の書き方」のテキストの「販売店契約」の項での説明と連動、参照しつつ、詳しく丁寧に説明する。主な項目は下記の通り。第1回に続き受講される方にとっては、第1回にて、会場で配布されるテキストが第2回の講義の事前予習テキストとして準備できる。2回連続の受講が英文契約書の知識・技術を修得するのに、極めて効果的になる。

 (1)契約書の前文
 (2)定義条項
 (3)秘密情報の定義
 (4)コントロールの有無をどう取り決めるか
 (5)その他一般的な用語の定義
 (6)販売店としての指定とその受諾
 (7)販売店は賄賂など不正、イレギュラーな支払いやその約束をしていないこと
 (8)販売店によるメーカーからの本製品の購入と客先向け販売の条件
 (9)秘密保持条項
 (10)顧客に対する本製品の品質保証とその制限・否認
    (米国UCC関連規定の解説)
 (11)知的財産権の補償(indemnity)
 (12)本製品に関わる知的財産権と第三者との紛争処理条項
 (13)賠償責任の上限
 (14)有効期間とその更新
 (15)一般条項

講師プロフィール

山本 孝夫(やまもと たかお) 氏

京都大学法学部卒業。ミシガン大学大学院修了、LL.M.(Master of Laws)取得。三井物産(株)に入社し、東京・ロンドン・サンフランシスコなどの同社法務部門で30年以上にわたり、国際取引、プロジェクト契約、訴訟、海外店設置・運営法務、知的財産取引、エンターテインメント契約に従事する。同社知的財産法務室長などを歴任ののち、1999年より明治大学 法学部 専任教授(2014年 古稀退官)。
著書に、『知的財産・著作権のライセンス契約入門〈第2版〉』(三省堂)、『英文契約書の書き方〈第2版〉』『英文契約書の読み方』(ともに日経文庫)、『英文ビジネス契約書大辞典増補改訂版』(日本経済新聞出版社、2014)、『山本孝夫の英文契約ゼミナール』(レクシスネクシス・ジャパン社、2016)などがある。
現在、実務法雑誌である『ビジネスロージャーナル』(レクシスネクシス社発行)に2014年5月号(3月発売)より毎月『英文契約書応用講座』を連載中。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850