SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOPセミナーTOP > セミナー詳細ページ

セミナー企画運営代行サービス パートナー企業探索サービス
講師依頼・講師紹介サービス セミナーテキスト 広告掲載募集

医療・介護戦略特別セミナー

No.S17057

【NTTドコモ/FiNC】

医療・介護・ヘルスケアへのICT活用と展望

~臨床現場へのIoTデバイス導入、データの活用とICT・AI導入による可能性~

開催日時 2017年 6月28日(水) 午後1時~午後5時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考
お問合せ電話番号:03-5532-8850
申込みフォーム

重要講義内容

Ⅰ. 実践!IoT遠隔見守り活用
【13:00~14:10】

登壇者調整中

体重計や活動量計など健康データを収集するIoTデバイスが身近になって来ました。このような意識的に記録する健康データの他に、スマートフォンは毎日携帯しているだけで様々なヘルスケアデータを無意識に収集しています。生活習慣病の予防、管理には、診察以外の日常生活の状況を把握し、改善することが重要です。
臨床現場へのIoTデバイス導入経験をもとに、膨大なヘルスケアデータの遠隔見守り活用、さらに今後のウェアラブル機器の発展による医療・ヘルスケアの将来につき考察します。

1.ヘルスケアデータの医療活用
2.IoTを活用した家庭遠隔モニタリング
3.ウェアラブル機器の発展の可能性
4.質疑応答/名刺交換
Ⅱ. ドコモの医療・介護分野でのICT活用と今後の取組み

(株)NTTドコモ メディカルICT推進室長

有田 浩之(ありた ひろゆき) 氏

【14:25~15:35】

我が国では医療・介護制度改革が進められていますが、限られた資源を有効に活用するためには、病院経営の高度化に加え、医療サービスの機能強化とサービス提供の効率性の向上を同時に進めていく必要があります。
携帯電話事業者であるNTTドコモがどのように医療の世界に関わり、医療・介護サービスの向上に貢献していくのか、導入事例を含めた利用シーンと、今後の取組みの方向性についてご紹介します。

1.医療・介護業界を取り巻く環境変化
2.医療・介護分野におけるモバイルICT活用
3.今後の取組みの方向性
4.質疑応答/名刺交換
Ⅲ. AIを活用したモバイルヘルスの実現

(株)FiNC 代表取締役副社長 CAO 兼 CWO

乗松 文夫(のりまつ ふみお) 氏

【15:50~17:00】

FiNCは予防領域に特化したモバイルヘルスケアベンチャーです。我が国では医療費の高騰や急速な少子高齢化が進行し、疾病予防・ヘルスケア・ウェルネスという領域での革新的イノベーションが求められていますが、まだまだ取組みが進んでいるとは言いがたい状況です。
ヘルスケアに関わる幅広いデータ集積と解析に基づき、人工知能を活用したソリューションを提供して新たなる社会インフラを創ることができるのか。これからのヘルスケアICTの活用と具体的事例について紹介します。

1.(株)FiNC について  
2.医療費高騰と健康寿命延伸への取組み
3.ヘルスケアソリューションへのICTの活用 
4.人工知能(AI)の導入による可能性
5.日本の健康を世界へ
6.質疑応答/名刺交換

講師プロフィール

有田 浩之(ありた ひろゆき) 氏
1990年 NTT入社 NTT東京支社 通信機器事業部。1993年 NTT ヒューマンインタフェース研究所。1997年 NTT-ME出向 ネットワークプロダクツ事業部。2004年 NTTドコモ ユビキタスサービス部 主査。2007年 NTTドコモ 法人ビジネス戦略部 担当課長。市場調査・分析、法人企業向け端末企画、サービス企画、新規事業領域開拓(主に医療分野)に従事。2011年より、東京慈恵会医科大学とともに医療分野での共同研究を開始。2012年 東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座(現:先端医療情報技術研究講座) 研究員。2014年 NTTドコモ 法人事業部 メディカルICT推進室 担当部長。2015年 NTTドコモ 法人ビジネス本部 メディカルICT推進室長。
乗松 文夫(のりまつ ふみお) 氏
1949年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1973年 日本興業銀行入社。審査部、ニューヨーク支店、ボンドチーフディーラー、執行役員個人営業推進部長など多くの部門を経験し、みずほフィナンシャルグループの発足とともにみずほ銀行営業部門担当常務。2003年 協和発酵工業に転じ、協和発酵フーズ社長、協和発酵キリン常務を歴任。2009年 中堅総合商社ミヤコ化学社長、2012年 社会システムデザイン副社長に就任し津波後の東北にて、産業振興、医療ICT連携などのプロジェクト従事。金融、メーカー、商社、シンクタンクなど幅広い業界に通じ、豊富な人脈をもつオールラウンドなマネジメントのプロ。

申込みフォーム

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 友泉西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850