SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R05V0014

今年で17冊目となるキャラビズ資料集の決定版

CharaBiz DATA 2018(17)

-キャラビズの実態と今後を読み解く資料集の決定版-

出版日 2018年5月
価格
CD-ROMタイプ 54,000円(税込)
印刷タイプ 41,040円(税込)
ページ数 A4判 340ページ
発行<調査・編集> (株)キャラクター・データバンク
備考 ※CD-ROM版は<2>・<4>・<5>のグラフおよびランキングのエクセルデータが付属します。冊子全体が電子書籍化されたものではございませんのでご注意ください。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■概要■
 毎年発刊しているキャラクタービジネス業界を総括する資料集『CharaBiz DATA 2018(17)』を2018年5月末に発刊いたしました。
 2017年(1-12月)のキャラクター商品小売市場は、1兆5,600億円となり、前年からさらに市場は縮小となりました。また、キャラクターランキングでは「それいけ!アンパンマン」がトップとなりました。
ベスト5は、下記のとおりです。
 第1位 それいけ!アンパンマン
 第2位 ミッキーマウス
 第3位 スヌーピー(ピーナッツ)
 第4位 ハローキティ
 第5位 ポケットモンスター
 本年で17冊目となる『CharaBiz DATA2018』では、2017年のキャラクター業界動向、マーケット状況を総力取材と各種データを駆使し多角的に分析。キャラクター商品の市場規模や、各カテゴリーごとにキャラクターランキングなどを掲載し、今後のキャラビズ市場を考察します。
 また、今年の特集では、「キャラビズの近未来――生活者が求めるキャラクターとは?」と題して、厳しい市場環境におけるヒントを模索すべく、生活者、ライセンサー、ライセンシー、流通等、多角的な視点からキャラビズの近未来を考えます。
 目まぐるしく変化するキャラビズ市場を把握し、今後の事業戦略を立案するうえで、必須の一冊です。ぜひ『CharaBiz DATA2018』で現在のキャラビズを把握していただき、今後の貴社の事業戦略にご活用ください。

-CONTENTS-

【特集 キャラビズの近未来――生活者が求めるキャラクターとは?】
1.データでみる生活者インサイトの変化
2.ライセンサー、ライセンシーは今後のキャラビズをこう見る
3.有識者によるキャラビズへの提言
 ・株式会社カフェレオ 代表取締役 内山田 昇平 氏
 ・一般社団法人オンラインゲーム協会 事務局長
  株式会社コラボ 代表取締役 川口 洋司 氏
 ・ジャーナリスト
  日本経済大学大学院エンターテインメントビジネス研究所特任教授 数土 直志 氏
 ・株式会社主婦と生活社 ね~ね~編集部 編集長 殿塚 郁夫 氏
 ・株式会社KADOKAWA 文芸局 児童図書編集部 キャラぱふぇ編集長 布川 直人 氏
 ・株式会社メディアクリエイト 代表取締役 細川 敦 氏
 ・エンタテインメントビジネス・コンサルタント マーク・シノハラ 氏
 ・日本トイズサービス株式会社 週刊玩具通信 編集長 見塚 憲之 氏

<1>2017年のキャラビズ市場動向
 ・推定市場規模、キャラクターライセンスの動向、2017年人気キャラクターBEST100

<2>キャラクターMD動向2017
 ・玩具、テレビゲーム、文具、家庭用品、アパレル、アクセサリー、出版/映像、菓子/食品、パーソナルケア、パチンコ/パチスロ、アミューズメント、デジタルコンテンツ
 ・商品カテゴリー別ランキングデータ
  (キャラクターランキング、アイテムランキング)

<3>ライセンサー動向2017
   アニプレックス/ウォルト・ディズニー・ジャパン/エイベックス・ピクチャーズ/NHKエンタープライズ/NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン/KADOKAWA/キャラ研/キングレコード/講談社/コスモマーチャンダイズィング/コンテライド/ニトロプラス/サンエックス/サンライズ/サンリオ/CAA-GBG/小学館集英社プロダクション/スタイリングライフ・ホールディングス プラザスタイルカンパニー/スパイラルキュート/ソニー・クリエイティブプロダクツ/タトル・モリエイジェンシー/円谷プロダクション/ディック・ブルーナ・ジャパン/手塚プロダクション/テレビ東京コミュニケーションズ/電通テック/東映/東映アニメーション/東宝/東北新社/トムス・エンタテインメント/日本アドシステムズ/日本アニメーション/ぴえろ/フジテレビジョン/レベルファイブ/ワーナー ブラザース ジャパン(50音順)

<4>コンシューマー動向2017
 ・男女別・男女年齢別キャラクターランキングデータ

<5>販売チャネル動向2017
 ・GMS/スーパーマーケット、通信販売、キャラクターショップ、大型玩具店、大型家庭電器/カメラ店、テーマパーク売店、大型雑貨店/雑貨店、ベビー用品専門店、書店/文具店、百貨店、玩具店、ホームセンター、ディスカウントセンター、アミューズメント施設/ゲームコーナー、ドラッグストア、コンビニエンスストア
 ・販売チャネル別キャラクターランキング

<6>AD&SP動向2017
 ・17年のキャラクターを起用した広告販促動向
 ・17年における主なキャラクター起用広告&販促動向

<巻末付録(データ・資料)>
 ・2017年関連メディア動向

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850