SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A1141

国内ホワイトボックススイッチ市場予測、2019年~2023年

出版日 2019年11月
価格
PDF/Excel 594,000円(税込)
ページ数 15ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

■概要■

 本調査レポートは、国内ホワイトボックススイッチ市場に関して、2019年~2023年の予測と今後の展望を提供する。ホワイトボックススイッチとは、ネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアを分離して調達して構成するNetwork Disaggregationの形式をとるイーサネットスイッチを指し、国内でもハイパースケーラーと呼ばれるグローバルメガクラウド事業者を中心に導入が始まっている。今後は「イノベーター」であるハイパースケーラーから、「アーリーアダプター」にユーザーが移行し成長期に向かうとIDCでは予測している。
 ホワイトボックススイッチのユーザー層拡大に当たって、「ホワイトボックススイッチベンダーは、ホワイトボックススイッチが、既存のモノリシックなイーサネットスイッチよりも廉価であるという訴求方法は再検討すべきである。多くのネットワーク機器ベンダーがシスコシステムズに対して、価格優位性を武器に戦いを挑んで敗れてきた歴史を考えれば、それだけでは不十分であることは明らかである。IP CLOSのような先端ネットワークアーキテクチャを実現する最適な手段の一つがホワイトボックススイッチであると訴求するのが妥当である」と分析している。

-CONTENTS-

・List of Attachments
 ・IDC Market Forecast Figure
 ・エグゼクティブサマリー
 ・ITサプライヤーへの提言
 ・市場予測
 ・国内ホワイトボックススイッチ市場予測
 ・国内ホワイトボックススイッチ市場 購入者別導入場所別予測
 ・市場の変化
 ・促進要因と阻害要因
  -促進要因
   パブリッククラウドシフト
   データセンター向けイーサネットスイッチ市場におけるハイパースケーラーの影響力拡大
   通信事業者のNetwork Disaggregation志向
  -阻害要因
   コスト削減導入効果の弱さ
   企業での認知度、導入意欲不足
 ・市場動向ハイライト
  -国内Webサービス企業での導入開始
  -道半ばのホワイトボックススイッチベンダーの認知度
 ・前回予測からの変更
 ・市場定義
 ・ホワイトボックススイッチ市場
 ・調査方法
 ・関連調査

<List of Tables>
 ・国内ホワイトボックススイッチ市場 支出額予測、2018年~2023年
 ・国内ホワイトボックススイッチハードウェア市場 配備先ネットワーク別および購入者別 支出額予測、2018年~2023年

<List of Figures>
 ・国内ホワイトボックススイッチ市場 支出額
 ・国内イーサネットスイッチ市場 ホワイトボックス/非ホワイトボックス別 支出額予測、2018年~2023年
 ・国内ホワイトボックススイッチハードウェア市場 配備先ネットワーク別 支出額予測、2018年~2023年
 ・ホワイトボックススイッチ関連ベンダー認知度
 ・ホワイトボックススイッチ市場構成概略

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850