SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R03A1121

2019年 国内カンバセーショナルAIシステム市場動向:ボットシステムと音声AI

出版日 2019年11月
価格
PDF 594,000円(税込)
ページ数 15ページ
発行<調査・編集> IDC Japan
備考 データはメール添付にて、納品致します。

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

■概要■

 本調査レポートでは、カンバセーショナルAIシステム(対話型人工知能システム)の一つであるボットシステムを中心としたAIシステムの国内市場動向の調査結果を述べる。現在、IT市場では、カンバセーショナルAIシステムはFAQ(Frequently Asked Question)の回答速度/精度の向上と自動化、コンタクトセンターシステムでのオペレーター負荷の軽減/業務自動化など、顧客エクスペリエンス(CX)/従業員エクスペリエンス(EX)向上に利用され始めている。
 「カンバセーショナルAIシステムは、働き方改革や労働人口の減少によって、国内IT市場内での重要性が拡大する。ITサプライヤーはカンバセーショナルAI利用の目的と成果をCX側から考えた提案、および感情分析機能の信頼性/活用方法の検証をユーザー企業に提案すべきである」と、分析している。

-CONTENTS-

 ・Executive Snapshot
 ・市場開拓と市場動向
  -カンバセーショナルAIシステムの分類
   ボットシステムの分類
   その他のボットシステムの分類
   第2世代ボットシステムの概要
   カンバセーショナルAIシステムのユースケース
  -カンバセーショナルAIシステムへの音声の適用動向
  -カンバセーショナルAIシステムのベンダー動向
   富士通:CHORDSHIP
   丸紅情報システムズ:MSYS Omnis
   Hmcomm:VConact、FAST-D
   NEC:UNIVERGE CC、テキスト含意認識
   Empath:Web Empath API
 ・ITサプライヤーへの提言
 ・参考資料
 ・市場定義
 ・関連調査
 ・Synopsis

<List of Tables>
 ・ボットシステムの分類例
 ・カンバセーショナルAIシステムのユースケース例

<List of Figures>
 ・2019年 国内カンバセーショナルAIシステム 市場動向
 ・AIソフトウェアテクノロジー

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850