SSK 株式会社 新社会システム総合研究所

TOP調査レポートTOP > レポート詳細ページ

レポートカテゴリー

レポートのお問合せ

レポートについてのお問合せは

E-mail:nbd@ssk21.co.jp

まで、お気軽にご連絡ください。

調査会社一覧

No.R02K0743

2017年版 介護予防コンテンツ市場と企業総覧

出版日 2017年4月
価格
印刷+CD-ROM(PDF)特価タイプ 135,000円(税込)
印刷タイプ 102,600円(税込)
CD-ROM(PDF)タイプ 102,600円(税込)
ページ数 A4判 84ページ
発行<調査・編集> (株)シード・プランニング

申込フォームお問合せ

乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受けできませんのでご了承ください。

レポート内容

■ポイント■
・介護予防(認知症予防+介護予防体操)コンテンツ市場を俯瞰
・介護予防(認知症予防+介護予防体操)コンテンツ市場の企業動向
・認知症予防DVD+介護予防体操DVDの市場規模

■概要■
 高齢者人口は、2016年9月現在、約3,461万人(高齢化率27.3%)で、前年(3,388万人、26.7%)と比較すると、73万人、0.6ポイント増と大きく増加しており、2025年には3,657万人となり、2042年には3,878万人まで増加してピークを迎えると予測されております。
 また、単身高齢者世帯・高齢者夫婦世帯は、2015年の約1,180万世帯から2025年には1,290万世帯に増加すると予測されており、「地域包括ケアシステム」の構築が急がれております。
 介護予防は、「介護を受けるような状態にならないためにできる限り予防する(遅らせる)ことと、要介護状態又は要介護状態等の軽減若しくは悪化をできる限り防ぐこと、さらには軽減を目指すこと」を目的として行うものと定義されております。
 平成27年4月施行された「介護予防・日常生活支援総合事業」は、区市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域で支え合う体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すもので、「介護予防・生活支援サービス事業(サービス事業)」と「一般介護予防事業」とで構成されており、平成29年4月までに全ての地域で事業が開始されました。
 高齢者ができるだけ要介護状態にならないようにするための働きかけとして、自治体が実施している介護予防教室の他に、自宅にて気軽に運動機能の向上を目指した体操や認知症予防関連ゲームなどの介護予防コンテンツを掲載したDVD等が多数販売されております。
 本レポートでは、このような社会背景の中で、介護予防(認知症予防+介護予防体操)コンテンツ市場の構造と企業動向を調査し、今後の介護予防コンテンツサービスに有益な情報を提供することを目的としております。

-CONTENTS-

はじめに

調査概要

<1>調査結果の要約
1.市場の全体像の俯瞰
2.介護予防DVDなどの制作業者の業態区分
3.市場概況
(1)サービス概況
(2)サービスの強み
(3)介護予防コンテンツDVDの市場規模

<2>調査個票
1.介護予防体操
(1)NPO法人 いきいき・のびのび健康づくり協会
(2)(株)エイブリー
(3)公益財団法人 介護労働安定センター
(4)(株)学研ホールディングス
(5)グローバルシステムズ(株)
(6)(株)GOBOU
(7)NPO法人 日本PNFテクニック協会
(8)ひかりのくに(株)
(9)ピース・クリエイト(有)
(10)(株)ゆらリズム
2.認知症予防
(1)(株)オアシスMSC
(2)(株)きらめき介護塾
(3)(株)公文教育研究会
(4)シナプソロジー普及会
(5)(株)シルバーチャンネル
(6)ゼッタテクノロジー(株)
(7)任天堂(株)
(8)(株)日本アイティ技能普及協会
(9)(株)ユーキャン
(10)(株)レデックス
3.その他
(1)(株)医道の日本社
(2)(株)エクシング
(3)(株)サイ
(4)(株)第一興商
(5)(株)YELL

申込フォームお問合せ

株式会社 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋 2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F TEL 03-5532-8850